私の感覚 詩
私の感覚
35歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

みんなねっと2016年8月号より
       風の詩
             新潟県、 真理子さん

向かい風はきみの心を強くするため

追い風は思い切れないきみの背中を押してあげるため

だからもううつむかないで

しっかり前を見て歩いて

花の種を遠くまで送り届けてあげるように

どんな時もきみを見守ってあげるから

(読者のページ、「みんなのわ」から転記)
生きる
私はひとり。
歩き続けた、悩みながら。

進もう進もう、前へ前へと。
立ち止まり、悩みを話す。

伝えたいんだ、この気持ち。
誰ならわかってくれる?

考え続けた、ずっとずっと。
でもわからない。

本当にわからないんだ、
さっぱりだ。

涙がこぼれる、
消えちゃいたい、と。

あなたは 働いている。
でも私は 働いていない。

何もしていないんだ。
本当に。

「いいんだよ、自分にできることをする、
 それだけでいいの。」

私は救われた。
ありがとう、先生^^
いのちの重み
抱っこする。
ずっしりと腕が受け止める重み。
いのちの重みは幸せの重み。

いのちは真っ白で生まれてくる。
それに周囲の愛情を加えることで、
色んなカラーが出てくる。
いのちの不思議。

生きたいと願ういのち、
生きて欲しいと願う周りの存在。
どちらもないと、生き続けることはできない。

いのちの重みは誰もが知っている。
忘れずに感謝して、生きられる喜びを感じよう。
雲ひとつない
青空、雲ひとつない
澄み渡る空気
深呼吸。

青空、鳥が羽ばたく
外を見るうずら
嬉しそう。

青空、洗濯をする
ピンとしわ伸ばししたタオル
風にそよいでいる。

青空、私の心も晴天で
今日も一日
さあ頑張ろう。

道はあった
私は通らなかった
道は知らない
私のことを
私もその道を知らない

でもある人から
その道のことを聞いた
私はその道を知った
でもまだ通っていない

道は待っていた
私が来るのを
私は歩き出した
一歩ずつ 
多くの人に支えられ
進み始めたのだ

私は感謝する
周りのすべての存在に
私は生きているのではなく
生かされている存在なのである
私の知らないところでは
私の知らない人たちが
ひとりひとり頑張って
この世界を良くしようとしているのだ

道はきっと開ける
すてきな世界へ