私の感覚 意見
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

デイケアにて
今日は二週間に一度の癒しのデイケアに参加しました。
本当は体調もあまり良くなく、眠くてだるかったのですが、一人でいるとネガティブになって泣いてしまいそうだったので、頑張って歩いて出かけてきました。
私の中でスタッフの保健師さんの笑顔が癒しです^^
あとはメンバーさんと雑談したり。
今日は健康を保つために大切なことについて、意見を交わしました。
その中で、「夢や希望、目標をもつこと」が大切、とありました。
(コンボが出している、あせらず、のんびり、ゆっくりとという冊子より。)
そのことで、「私は旅行に行きたいなという希望があるけれど、中々床が変わると眠れなくなるから不安で、日帰り旅行しか行く勇気がなくなってしまった」、と話しました。
そしたら「同じく眠れないのが心配で、旅行に行きたいと思わない」という人もいましたね。
あとは夢についてですが、「自分がこうなりたいという夢がないんです」とメンバーさんの一人が言いました。
そしたらスタッフが、「家族を大切にされていて、家族のために頑張っていることが、素晴らしいと思います。だから、そういう家族の健康を願うことが、夢としてあってもいいのでは?」と返されていました。
私は夢や目標というと、自分がいつごろまでに、こうなっていたい、という明確な目標を結構打ち出してしまう人間です。
だから自分が精神科看護をしていた時も、患者さんによく「どうなりたいですか?どんな生活を送りたいですか?」と積極的に聞いていました。
でも人によっては自分がこうなりたい、というよりも、周りが元気でいてほしい、など、周りに関する希望や夢を持つ人もいるんですよね。それって、すごく大切な視点だなと、ハッとしました。
周りの人がが元気に過ごすために、自分ができること、それをこなしていくこと。
それが自分の中の目標になるんじゃないか、って裏を返せば思いました。
私の場合は子供と夫の健康を願って、料理をきちんと作って出すこと。
それが当面の目標かな?
あとは子供を叩かない、モノに当たらない、大声で怒鳴って叱らない、その辺がクリアできればパーフェクト!
でもちょっと難しいから、少しずつクリアできるように目指したいなと思いました。

今日のデイケアでは、気を抜くとふわーっとして眠ってしまいそうになり、逆に気合を入れれば起きていられるのですが頭が縛られるように痛くて、その中間をとるのが難しかったです。
倒れることはなかったけれども、少し立ちくらみがしてしゃがみこんだりはありました。
ジプレキサの飲み始めだからかな?それともエビリファイが増えたせい?
明日の受診で相談してみようと思います。

クワイエットルームへようこそ、を見て。
2007年映画、クワイエットルームへようこそをタブレット端末で鑑賞した。
(Amazonプライム会員の人、無料でみれますよ~)

私は10年前、映画館でこれを見たのだが、改めて鑑賞して少し思ったことを書きたいと思う。
・人は理由なしに病気にはならないという事。
・大切な人の支えが病気の回復には有効だという事
・療養先でも仲間ができると、気持ちも落ち着くという事

主演の内田有紀さん(さくらさん)は退院の時に、みんなから連絡先を教えてもらい、寄せ書きと似顔絵を頂く。
だけど結局病院の外のゴミ箱にその連絡先などを捨てて、帰っていく。
帰る先はどこなのか?実家とは縁を切っているし、彼氏さん(内縁の夫のような感じだった)とは最後の最後で別れてしまうし、彼女をこれから実際サポートする機関はどこなのか?
彼女が悩み苦しんだりした時、再び支えてくれる人は存在するのか?
見ていて考えさせられました。
たぶんこの映画の作り手は、退院=社会に戻ること=入院していた時の仲間とは縁を切ること=もう病院にはもどらないこと そんな主人公の決意を表すような形で、連絡先と入院中の思い出をゴミ箱に捨てるシーンを作ったのだと思います。
でも私はそれを見て、少し悲しいな~と思いました。
というのも、私にとって入院生活も大切な思い出で、今につながる生活の一部であり、入院中の仲間と連絡を取り合うことを大切にしていきたいと考えているからです。
たしかに妄想が酷い人と関わると、私も少し困惑気味になることもありますが、適度な距離をとっていれば、巻き込まれることもなく、お互い普通にかかわっていけますし、何よりも同じ病気を経験した者同志、大変さを共有しあったり、頑張りを認め合ったり、大切なことを相談出来たりとプラスに働くこともあると思うのです。
ピアカウンセリングとはいかなくても、病気について病者の視点でより良い方向性を模索して行けるのが、病者同士の付き合いではできるのです。
だからもっと社会復帰する人には、実際のリアルな交流のほか、ブログなどのネット社会も含め、どんどん仲間との交流を活用していってほしいと思いました。

ちなみにわたしの通院先は、入院していた時の仲間は閉鎖病棟なので、再び入院する以外は会う方法はありません。
あとは相手が退院するのを待つしかない感じです。
でも、以前入院していた病院は、準開放病棟だったので、外来に出掛けて行って、退院した仲間とロビーでお話したり、逆に外来に来た子が病棟のガラス越しに手を振りに来てくれたりしていました。
そういう仲間意識って、すごく大切なんじゃないかなって私は思います。
別に一人が好き!って人もいるかもしれないけれど、私はおしゃべりしたりが好きなので、懐かしい仲間に会えるとテンション上がります!!
それに一人じゃない、ガンバローって思えますしね。

話は全く変わりますが、先ほど暑中見舞いのはがき、かもめーるを買いに行ったのですが、一枚62円に値上がりしていました。
はがきが62円なのだったら、ミニレター(郵便書簡)も62円なので、そちらの方が沢山書けてお得じゃない?って個人的には思ってしまいます。でも夏はやっぱり暑中見舞いですね。
可愛い金魚のはがきと花火のはがきがありました。
ここのところペンを握っていなかったので、懐かしの友人、恩師に近況を書きたいと思っています。

[READ MORE...]
普通の感覚
学校のテスト。
当然学校で習ったことをテストする。
だから100点、とまではいかなくても、90点前後が望ましい気がする。
自分は子供の頃、割とテストの点は良かった。
計算ドリルや漢字ドリル、3~4回は繰り返しやっていた。
図書館で本を借りて読んだりも沢山していた。

でも長男は本を読まないし、国語のテストも半分くらいしかできていない。
そのことを夫に話したら、「自分を基準に考えない方がいい、半分もできているんだから十分じゃないか。担任の先生に何か言われたら、勉強のことは考えればいい」との考え。
ううーん。どうなんだろう。
普通60点以下は「赤点」と言って、やばい点数のような気がしているのだが。
テストだけがすべてじゃないのは知っている。
でも学校で勉強ができないと、授業も面白くなくなるのでは?と少し心配。

塾に通う、という選択肢もある。
しかし下の子も小さいのに、私にそんな余裕はあるのだろうか。
でもこのままでは少し危機感があるし、子供も希望しているので、塾の無料体験教室に参加してきます!!
懐かしい自分が子供時代に教わっていた教室の先生の下を訪れ、相談してこようと思います。
中華鍋
子どもがベイブレードというコマにはまっている。
パーツが3つからなるコマは、組み合わせ次第で長く回ったり、激しい動きで相手を吹き飛ばしたりします。
そのベイブレード専用のスタジアムというプラスチック製のドーム型のものが売られています。
しかしすごく安っぽいつくりのドームなのに2000円近くします。
もったいない気がして、子供にせがまれていますが買ってあげていません。
子どもが中華鍋が欲しいというので、どうするのかと聞くと、スタジアムの代わりに使うと言います。
まだ使っていない新品の中華鍋が眠っていたので、貸してあげました。
少々サイズは小さいようですが、中華鍋独特のカーブがいいらしく、気に入って遊んでいます。
その他には、プラスチックの衣装ケースを使ったりもしています。
子どもの発想力はすごい。
遊ぶことになると、なんでも考え出してしまうのですね。

回復可能であると信じたい
統合失調症は再発を繰り返し、徐々に機能低下していくという記述が古いテキストなどにはあり、ひどいものでは人格が荒廃していく等と表現されているものもあった。
実際、自分が再発を繰り返してみて感じることは、脳神経系が摩耗しやすくなり、少しのストレスでものすごい疲労を感じるようにセットされてしまい、無理が利かなくなったな、ということである。
これは機能低下といわれても致し方ないものかと思う。
そうであるから、私は疲れやすさなどを障害と認め、障害者手帳を取得した。
でもこのまま機能低下し続けるのは嫌だと思う。
少しでも維持したい、向上したい、と願い続けるのは、自然なことではないか。
でも何もしなければ、低空飛行して、いつか墜落するだろう。
私は今、向上するためにしていることは・・・
文章を書くこと。せっせと思いつくたびに文章をまとめ、投稿しています。最近では、女性のひろばと赤旗新聞日曜版に投書が載って、図書カードをゲットしました。あとは新聞のコラムの書き写しを時間のある時にやっています。小筆でちょっとした文章を
つづる練習もしています。上手く書けたときは嬉しいものです。
料理で新しいものを取り入れる努力をしています。今までやったことのない味付けを試してみたり、魚をさばくのに挑戦したり・・・
体力向上のためには、外出時になるべく遠くの場所に駐車するのを心がけて歩くようにしています。
あとは家で子供を抱っこして、その場で足踏み運動したり。足踏みしながら歌を歌うと息がすぐに上がって、運動している感じがします。もう少し余裕ができたら、ジョギング等していけたらいいなと思っています。

年末に向けて少しずつ大掃除もしていかないとな。私に発病前の体力が戻るとは思えないけれど、それに近いくらいの努力をすれば、結果も伴うのではないかなと思っている。
やれる範囲のことをやって、悔いのない人生を送りたいものです。


回復を導く「開かれた対話」について
2015年8月24日付の読売新聞朝刊、くらし面「医療ルネサンス」のテーマはオープンダイアログ(開かれた対話)についてだった。

オープンダイアログとは治療法の一つで、例えば被害妄想や強い不安感などに襲われた人の家へ、看護師、心理士、医師ら2,3人の専門家が行く。そして患者、家族、友人、医療者が同じ部屋に集い、全く対等な立場で話し合う。全員で一時間ほど話し合い、症状の意味を探っていくのである。これを毎日10日前後続けるうちに、患者は落ち着き回復していくのだ。

私自身、発病直前、不眠不休で頑張りすぎ、孤独で先の見通しというか、希望が全く持てない状況に陥っていた。
宗教的マインドコントロールにより、世界が終わってしまう感じがして、ものすごい焦りが生じていた。
とにかく動き回って、休むことができない状態だった。
そんな時、私が受けた治療は、向精神薬の投与だけであった。
一面鉄格子で、プライバシーのない衝立のないトイレ、カギを外からかけられ、布団とペットボトル一本分の水しか存在しない個室。
用事や伝えたいことがあっても、スタッフを呼ぶことのできない造りは、自分の事をさらけ出せる環境とは到底言えなかった。
あらゆることへの忍耐を強いられ、自分自身に殻をかぶせなくては生き抜くことができないと自覚させられる空間であったのだ。

当時15歳。私はまだまだ子供で、大人と対等に話をするなんて難しいことはしたことがなかった。
私は心の傷口にとりあえず蓋をして、取り繕って生きることにした。
新聞記事には次のように記されてあった。
「心が混乱状態の人にとって、一番の薬は孤立を防ぐ人間的なつながり」だと。
その通りだと思った。
精神を病んだ結果、神経が傷つき、その自然治癒力を高めるために薬を使う。
あくまでも薬は脇役で、心の傷には温かな手当てが必要かなと思う。
開かれた対話は裏表のない率直な意見を知ることにもつながり、混乱を生じにくくさせる効果があると私も思う。
人気の度合い。
茨城県に住んでいて思うことがある。
今までに精神科に8か所足を踏み入れてきたが、病院によってカラーがある。
人気があって、予約制で、それでも混み合っている病院。
逆に人気があまりなくて、たまーに待つ程度で、いつも空いている病院、クリニック。
どちらがいいとは一概には言えない。
混むことで受診そのものにエネルギーが必要で、疲れてしまうのであれば、大変だし、通院までにものすごい時間や距離がかかるのも大変だ。
今回筑波大学付属病院から、逆紹介で地元の病院で診てもらおうと電話したら、予約がいっぱいで混んでいることと、以前そこのスタッフだったこともあり、病院側としてやり辛いから他に行ってくださいとエライ人から言われてしまった。
正直断られるとは思っていなくて、ショックだった。
ま、でも混んでいてわさわさしている病院に長く通うのも、長期的に見たら大変だから、断られてよかったとも思う。
替りに、15歳の発病した時に入院した隣の市の病院にかかることにしようかなと思っている。
そこはちなみに予約制ではなく、やっている時間帯に行けば、いつでも診てもらえるというお手軽さ。
裏を返せば、それだけ人気がなくて人が来ないとも取れるのだが。
でもドクターはいい人だった気がする!6年くらい前の記憶では、ちゃんと診察してもらえていたし。
また同じドクターになるか、新しいドクターに出会うかは未知ですが、楽しみにしたいと思います。
3週間後に筑波大を再診して、それで最後になります。

今日は外の草むしりを少ししましたが、暑くてすぐにばててしまいました。
でもやらないとすごいことになっていて、大変なので、少しずつでも頑張らねばと思っています。

なぜ怠薬するのか。
① その薬を飲んでいることで、「効いている」という実感に乏しい。
② 薬を飲む事で、不快な副作用がある。
③ 飲まなかったらどうなるか、を少し試してみたい気がする。

①はつまり、服薬による改善の実感がないために、飲んだのか飲んでいないのか体感で分からず、抜け(飲み忘れ)が生じやすいということです。

②は、私の場合だと、リスパダールなどのセレネース系の薬による、眼球上転発作がとても不快で、それを回避するために薬を辞めたくなってしまうということです。

③は、冒険心の現れでしょうか^^でも思うだけで、止めておいた方が無難ですね。

私は第一子の妊娠後期に転院して、あるクリニックに通うようになりました。
良くも悪くも先生は適当な感じで、深い話はあまりしません。
適当に薬は処方されるものだから、私も薬を適当に飲んでしまう生活が続き、自分で薬を希望したり、量を調節したり、マメな報告を怠る生活が続きました。
今、妊娠出産のフォローで、大学病院で診てもらっていますが、真面目に処方通りの薬を飲み、状態を正確に伝える努力をしています。
大学病院での診察は、あと数カ月もしないで終わり、逆紹介になってしまう予定です。
その際、元のクリニックに戻る方法もありますが、私の中で、ちゃんと気持ちを伝えて新たな患者医師関係を築いて治療を受けたいという想いが強くあります。
だからデイケアでお世話になっていた病院のドクターを希望してみようかと思っています。
怠薬のない生活、頓服の乱用のない生活、処方通りに内服する生活を心がけるにあたって、少しずつ気持ちを入れ替えていきたいです。

今週の処方 エビリファイ(9)、アーテン(2) 朝
         コントミン(12.5)、リスパダール(1)、ハルシオン(0.125)1.5錠  眠前
贈られた言葉(マイフレンドより)
お金を大切にする人は お金に恵まれる。

人を大切にする人は 人に恵まれる。

暴飲暴食などをせず 健康を大切にする人は 健康に恵まれる。
 
仕事を大切にすれば 仕事に恵まれる。


以上、70過ぎのペンフレンドから私に、贈られた言葉である。
私は仕事を大切にしているから、仕事に恵まれているのだな、とつくづく思います。
健康はそこそこ、お金もそこそこで、恵まれているとは言い難い生活です。
しかし人との出会いは多く、人間関係にはとても恵まれている方だなと自分で思っています。

皆さんはこの4つの文章は、心に沁みましたか?
恵まれた生活になるよう、すべての存在を大切にして、今も過去も未来も大切にして生きて行きたいものです。
カレーライスはやっぱり・・・
前回、たまねぎをすりおろして、炒めたものを使用したカレーライスを作成したが、たまねぎ臭くて、美味しくなかったです。(ま、旦那には好評でしたが。)
そこで、今回はたまねぎは抜きで、さつまいも、人参、とりムネ肉、りんごのみで、カレーを作成。
もちろんルウは甘口ですが、出来栄えはさつまいもの甘みとりんごのコクで、さらに超甘い最高のカレーが出来上がりました。
私はカレーにさつまいもやかぼちゃを入れるのが、かなり好きです。
旦那は「カレーはやっぱりジャガイモでしょ!」って人ですが、まあ、これは作る人の特権ですね。
私好みのカレーが、今日の夕飯です。

今日は作業所でベビーリーフの除草と収穫をしました。
昨年はほうれん草を今頃やっていた気がします。
でもなぜか今年はベビーリーフ、その理由を聞いたら、ベビーリーフの方が収穫に手間がかからない上、高く買ってもらえる、とのこと。
ほうれん草は多くの農家さんが作っているから、袋詰めして、店に並べても、ごきげんファームのほうれん草がダントツに売れる、ってことは多分ない。
でもベビーリーフならば…対抗農家が少ないのかな?
しかし私自身、ベビーリーフを店で買うことはないです。
理由は何となく軽い量しか入っていないのに、割高な感じがするからです。
たとえば、キャベツや白菜を買ったほうが、重さ的にどっしりとして、煮ても炒めても、浅漬けにしても、とにかく沢山食べれる感じがするからです。
ケチな主婦根性ですかね^^
ま、なにはともあれ、私自身、ベビーリーフの収穫の技術〈ナイフさばき〉を上げて、ファームの売り上げに貢献できるようになりたいものです。
週3回の通所を、今のところクリアしています。
今後もこの調子で、自分に課したノルマを達成できるよう、体調管理に気をつけて行きたいと思います。