私の感覚 2005年01月
私の感覚
35歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ルピナス
今日は黄色のルピナスの苗を買って来ました。
ルピナスは前から育ててみたかった花です。
一昨年の夏、長野県の高原で初めてルピナスを見ました。
道端に自然な感じで生えていて、誰かが植えたのではなく、恐らくこぼれ種で年々増えていっているのだと思います。
とってもきれいな紫色の花のルピナスでした。
そこで種を持ち帰り、自宅で蒔いたのですが、いつの間にかにどこかへいってしまい見つからなくなってしまいました><
根気がないと中々種から育てるのは難しいデス!
だから今回は種ではなく苗を買いました。
店先で選んでいて、黄・紫・赤・ピンク・白色があり、どれにしようかかなり迷いましたが、黄色に決めました。
春から夏にかけて、うまくいけば咲くみたいです。
こういった小さな楽しみが、私の生活に元気を与えてくれます^^
早起き
今日は学校が休みのわりには早起きをした。
7時半に起きた。
学校があるときは6時から7時の間に起きる。
早起きすると、気分がいい。
今日は朝から部屋を掃除機かけて、のんびりお茶を飲みながらネットをしている。
学校が休みだからって、寝坊は良くない…って実感している。

日本人の睡眠時間、どのくらいが適切なのだろう?
私は毎日6時間くらいはゆっくり眠りたい…と思う人であるが、現実は日によって違う。
4,5時間しか眠る時間のない日もあれば、8時間くらい眠る日もある。
そしてごくまれに12時間くらいドロドロに眠りふける日もある。
規則正しい生活が一番なのはわかっているが、実際には規則正しく生活するのは難しいな。

病院に就職したら、夜勤・準夜勤・日勤・早番・遅番があるから、きっと生活リズムがバラバラになって、スゴク疲れるんだろうな。
はぁ~、疲れそう。
そんなんでやっていけるのかな?
スゴク不安。
でも、ダメだったらその時また対処法を考えればいいかな…って思っている。
先のことを心配しすぎても始まらないからサ♪
ぬかみそ
今日は「ぬか漬け」を作るための、丸いタッパーを買ってきました。
最近のマイブームは漬物なんです!
3月になったら一人暮らしをする予定なので、家族用とは別にマイ・タッパーでぬかみそを育てようと思い、わざわざ購入しました。
今時の若者は「つけもの」を食べるのだろうか?
そして「つけもの」を自分で作る人なんているのだろうか?

私の家族はみんな(特に父と私が)漬物好きなので、大量に作って大量に毎日消費されています。
私は白菜漬けのような手間のかかるものは面倒なので作りませんが、浅漬けやぬかみそ漬けは毎日のように作っています。
ぬかみその何が魅力的かというと、発酵してきた時のぬかみそらしい香り・微妙な旨みが凝縮された味・かき混ぜる時のふっくらした感触・微生物がたくさんいるんだろうな…と感じさせる様々な顔です。
ぜひ、みんなも「ぬか漬け」を作ってみて下さい。
愛着が湧いて、毎日かき混ぜるのが楽しくなると思いますョ^^
あっ!でも夏(暑い時期)にかき混ぜるのを数日サボると、すぐにカビが生えて大変なことになってしまいますが~

農を学ぶことの大切さ
 1月28日、NHK番組の「しゃべり場」で『米は一粒残さず食べるべき』というテーマで多くの意見が交わされていた。その中で私が一番共感した意見は、「私たちは多くの生き物の命をいただいている。だから食べ物を残すということは命を捨てることであり、それはとても残酷なことだ。」といった内容である。
 私は農業高校の出身で、高校ではペーパーテストのための勉強はほとんどしなかった。しかし生きていくためには何が大切か、何を学べば良いのかということを深く追求することができた。農業高校で学んだことにより、私は更に生命と真剣に向き合うことが出来るようになった気がする。
 「農」を学ぶというのは難しいことではない。自分次第でいくらでも学べる。今は私は看護学生をやっていて、農業とは関係のない道に進んでしまったけれど、農業高校で学んだ3年間は楽しくて自分のためになった貴重な時間である。農を学んだことで、自然がより身近に感じられるようになった。私たちは自然に囲まれて生きているわけだから、私たちの周りにある自然を理解し、上手く付き合っていくことは、とても大切なことだと思う。
ネット接続時間
久しぶりにネットにつないだ。
…と言っても数日ぶりであるが~
実は歯が痛かったのだ。
木曜日がピークで、我慢しきれず、歯医者に行こうとしたがちょうど定休日で、仕方なく内科の病院に行った。
で、ロキソニンとフロモックスを出してもらった。
ロキソニンはとってもよく効く痛み止め☆
それを飲んだらあっという間に痛みから開放されて、その日はなんと12時間も眠ってしまった。
すごくないか?12時間って…
ああ、これでも一応受験生なのに、こんなに眠っていいのか?!って感じがして、若干良心が痛みますが。
まあ、いいや。
そんなことも、たまにはあるって~!!

歯痛と頭痛に悩まされていた間は、とてもじゃないけれどネット接続する気が起きなくて、日記帳に綴っていました。
私はパソコンで気持ちを綴った方が楽な気がするけれど、日記帳に綴った方がすぐにいつでも読み返せるので自分にとってはその方がいいと思っている。
あと、私はネットを始めると、1時間くらいはあっという間に過ぎてしまい、平気で2、3時間やってしまうのだ。
そういう人って結構いるのではないかと思うが、実際はどうなのだろう?
たしかにネットは便利で、色んな情報がすぐに得られるし、多くの人と知り合えて意見を交わせるから、すばらしい道具だと思う。
でもあくまでもネットは道具・手段の一つであって、それに依存してはいけないと思う。

IT化の進んだこんな時代であるが、私の趣味の一つに「文通」がある。
日本国内にも国外にも多くのペンフレンドがいる。
文通の何が魅力的かと言うと、届くまで時間があり、ゆっくりと続けられることが、まずはすばらしい。
次に文通で届く手紙や葉書は、現実に私の手の中に存在するものだからすばらしい。
相手の文字が見えるし、考え方も伝わるし、その時の気分や状況もよく伝わってくる。
それに続けることで、お互いの時間を共有していける。
だから私は文通が好きだ。
他の人は「ずいぶん古風な趣味だナア」と思うかもしれないが、私は好きなのだ。
インターネットのe-mailよりも、携帯のメールよりも、何よりも文通が好き。
今時、こんな人って中々いないですね^^
今日のひとり言でした☆

私は猫が大好きです。
犬よりもウサギよりも猫が好きなんです。
しかも猫の中では、しっぽの長い猫が好きなんです。
猫の後姿で、あのしっぽの微妙な動きがなんとも言えない><
すご~くかわいいです^^
でも猫って、しっぽを触ると怒るんです。
どうしてだろう。
人間はしっぽを持っていないのでよく分からないけれど、しっぽを触られるのは人間だと尻を触られているのと同じ感覚なのでしょうか?
中にはしっぽを触られても怒らない猫っているのでしょうか??
疲れたけど、充実!
今日は授業が3コマあって、それから自主的に残って勉強をしました。
どんなに勉強しても、あまりにも範囲が広すぎて、中々「完璧」って思える域にまで到達できません!
だけど問題を見て、「コレは国家試験に出そうか出なそうか」って判断がだいぶつくようになってきたので、変な問題に出くわしても「へぇ~そうなんだ」って納得して、それはそれで割り切るようにしています。
あまりにも細かく調べて深みにはまってしまったら大変ですから!!
受験勉強って嫌だなぁ…って昔は思っていましたが、今はこういった勉強がこれからの仕事に役立っていくのだと思うと、スゴク真剣に取り組めます。
学校の仲間も先生もみんなステキで、自分はここで学べることを本当に嬉しく思います。
そして就職してからも学校のすぐそばで、同じクラスのみんなと頑張れることが楽しみです^^
今は勉強だけしていればよい、とても幸せな時期です。
だから自分に出来る範囲で、しっかりやるべきことはやっていこうと思います。
歯医者
夕方歯医者に行ってきました。
めちゃくちゃ痛くて、全身汗でびっしょりになりました。
麻酔の注射を打つときも痛かったし、削っている時も痛かった。
ああ、どうしようもないくらい痛かった!
今は麻酔が切れてきて、やっと感覚が戻ってきた。
仮の詰め物が微妙に大きくて、周りがささくれ立っていて、イライラする。
頭に近い部分の痛みって本当に嫌だ。
気がおかしくなりそう><
明日は美味しいものが食べられるかな?
はじめました
日記なんて人に公開するものではない…って思っていた私ですが、多くの人がやっていて、楽しそうに思えたので、ついに始めてしまいました!
毎日書けるか分かりませんが、気ままにやっていきたいと思います。