私の感覚 2005年07月
私の感覚
33歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は1歳と小1の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

片手がもげたカブトムシ
さっき近所の猫が飛んできた黒い虫をを空中キャッチして捕まえた。
それを母が猫から取り返したら、なんとカブトムシのメスだった。
よくみたら前の手がもぎれて短くなっている。
そのカブトムシを虫かごに入れた。
明日、母が近所の子供に持っていってあげるらしい。
以前にもオスのカブトムシを捕まえたのであげたら、とても喜んでいたからだ。
猫からカブトムシを取り上げて、一つ命助けをできた日だった。
暑さ知らず
私はわりと暑さに強い。
むしろ冷房が苦手だ。
冷房は嫌いじゃないけど、けちな私は自宅では滅多につけません。
今日も夜は窓全開で寝ます。
アパートは1階だけど、別に気にしない。
むしろ窓を開けると虫の声が良く聞こえて、「夏だぁ~☆」って感じがしてすばらしい。
あー今日もよく働きました。
ぐっすり眠れそうです♪
同級生
職場に新しい職員が増えた。
彼女は栄養士さんで、なんと私と小・中学校が一緒だった子だ。
今日は時間があったので、帰りがけに少し話をした。
お互い中学時代から外見があまり変わっていなかったので、すぐに会った時に気付いた。
中学時代に仲良かった友人とも、あまり頻繁には遊べなくなっている事、中学時代には「22歳」というと、すごく大人って感じがしたけど、いざ自分が22歳になってみて、あまり中学時代と考えていることが変わっていないねーと、お互い話した。
中学時代の友人と話すと、色々と懐かしさを感じる。
15歳、悩み多き年頃だったけど、それはそれで素晴らしき日々だったと今思う。
カラオケ
カラオケに久しぶりに行ってきた。
聞いたことがあっても、いざ歌おうとなると意外と歌えないことに気付いた。
でも久しぶりに歌うと気分がいい。
私は谷村新司の「昴」が好きで、カラオケに行くと大体いつも歌う。
その他はドリカムや中島みゆき、森山良子、スッピツ、元ちとせなど歌った。
私は歌は詩の内容を考えながら歌う。
今日は聞いていると恥ずかしくなるような恋の歌を、彼は歌っていた。
しかし私はあまり恋の歌を歌わないことにしている。
理由は私は歌詞にあるような恋愛をしたことがないので、あまり気分がのらないからだ。
彼は堂々と恋の歌を歌っていてすごいと思った。
給料日
やっぱり貰うと嬉しいお給料。
今月は中途採用だったからちょっぴりだったけど、来月はもっと楽しみだ。
私はこれと言って今のところ欲しいものはない。
だからお金はどんどん貯金しておく。
そのうち結婚・出産したらかわいい子供と生活を楽しむために、お金は沢山必要になるだろう。
なんて気が早い私…だけど計画性のある私☆
ふふふ。
仕事をこれからも張り切っていくぞ。
焦がすと旨いもの
私はとうもろこしが好きだ。
とうもろこしをゆでる時、水を少し鍋に入れて、蒸すような感じで火を通す。
鍋を火にかけてしばらくすると、段々甘い香りがしてくる。
水が無くなって、少し焦げ臭い匂いがしてくるまで火にかける。
そうすると鍋の中のとうもろこしは、まるで焼きとうもろこしのような香ばしい香りがつく。
ウチの母にとうもろこしをゆでてもらうと、いつも火を止めるのを忘れて焦がしてしまう。
とうもろこしに限っては、香ばしくなるので焦がすのを私は歓迎している^^
(鍋は真っ黒になってしまうけどね)
しかし煮物やフライ、焼き魚の焦がしたモノは嫌だ。
他に焦がすと旨いものって何かあったかな。
受診日
今日は受診に行ってきた。
まだ薬は残っているのだが、不規則な仕事の為、次にいつ平日が休みになるか分からないので早目に薬を貰いに行くことにしている。
私は医師にあまり相談することがあまりない。
なぜならば目立った症状は特にないし、心配事もないからだ。
自分の体の事は、たとえ主治医でも100%分かってもらえるとは思っていない。
自分で自分の体調は大体分かっているつもりだ。
私の主治医は親切心で2週間に1回は診察して、何かあったらすぐに対処したり、相談にのったりしたいと言っているが、私としては1ヶ月に1回で通院は十分な気がする。
でも自分から1ヶ月に1回で十分ですと言うと角が立つから、「不規則な勤務の為、次は平日がいつ休みになるか分からないので、念のために1か月分の薬を出してもらえませんか?」と頼んだ。
そしたら「心配だからあまり間隔を開けたくないんだけど、そう言うならば…だけど1ヶ月に1回は顔みせて下さいね。」と応じてくれた。
患者は多少なりとも診察時に気をつかう。
私の診察はいつも簡単に終るので、主治医もきっと楽だろうなぁ^^
塀の上の猫
ウチの猫はかわいい。
今日は残業をしていたので、いつもより3時間くらい遅くに実家に戻った。
そしたら猫が隣の家の塀の上で丸くなっていた。
なぜ「隣の」塀の上にいるのか?
それはウチには塀がないからである。
ウチは緑で覆われている。
隣の家との境目には塀を建てずに、クレマチスを棒に這わせていたり、椿の垣根やキウイフルーツが植わっている。
道路と面している所には、低木やハーブが植わっていて、部分的にブロックを積んで、その上にプランターを置いている。
狭い中に植物達が溢れているのだ。
猫はなぜか塀の上や車の上などの高い所が好きだ。
夜、真暗い中に白猫の姿がくっきりと浮かび上がっている…
まるでウチへ帰ってくる私を「おかえり!」と見守ってくれているかのようだった。
性格
私は気が長い方である。
何かあってもあまり動じず、黙々と仕事をやり遂げる人である。

今日は職場の同僚の一人が退職願を書いていた。
どうやら、そろそろ今の仕事を辞めるらしい。
理由を尋ねたら、頭にくることが最近特に多く、婦長(施設長の次にエライ)に当たられるのが嫌だから…との事。
その人にとって介護の仕事は本当にやりたい仕事ではないらしい。
利用者の方があまりにも思い通りに動いてくれないと、ぶちキレルこともあると言っていた。

私はどうだろうか…
思い通りに動いてくれないと、少しくらいはイライラするかもしれないけど、キレル事はまずないし、婦長にはとてもお世話になっているから、対応に不満は何もない。
けっこうのんびりと気長に利用者と向き合い仕事が出来るので、今の職場は気に入っている。
病院で働いていた時の仕事を120%の力でこなしていたとするならば、今の仕事は70%くらいの力でこなせている。
それだけ内容が楽な仕事なので、給料もそれに見合ったモノになっている。
だけどそれが今の私にはちょうど良い仕事のようだ。
この私ののんびりした性格に合った職場が見つかって、本当に良かったと思う今日この頃。
夏風邪
夏風邪をひいた。
久しぶりに38℃台の熱を出し、全身が痛かった。
ちょうど仕事が2連休の時だったので、休まずに何とかすんだ。
しかし明日からはまた仕事だ。
一応熱は下がったけれど、まだ喉や頭が痛いのと、鼻水がすごいのでちょっと心配…
風邪薬を飲んで出勤するしかないかなぁ~

☆みなさんも夏風邪にはお気を付け下さい☆
気合
職場まで気合を入れて自転車をこごう。
仕事も気合をいれて取り組もう。
帰ったら気合を入れて家事をしよう。
寝る前には気合を入れて筋トレしよう。
とにかく最近太ってきた。
服が窮屈になってしかたない。
困った困った、こりゃあ運動するしかない。
しっかり働き、しっかりエネルギーを消費していこう!
2日目
今日は入浴中介助をした。
ずっと立ちっぱなしだったのがかなり足に堪えたけど、仕事自体はそんなに難しい事はなく、大丈夫だった。
私はふと思ったことがある。
昼休憩が1時間あるのだが、私は大体10分もあれば昼食を食べ終わってしまうのだ。
歯磨きして、トイレに行っても30分くらいで十分なのだ。
さて、その後の時間を何に使おう…と考えてしまった。
今日は棚にあった雑誌を読んでいたのだが、そのうち眠くなってしまった^^
天気が良ければ外でストレッチしたり、散歩もいいけど…
まぁ、そのうち配属先が決まって、みんなで食事をするようになればそんな悩みもなくなるのだろうけど、今週中はずっと一人で研修なので暇だ~!!

今日は療養棟で仕事を経験したのだが、時間の流れがゆっくりで、午後に15分くらいの休憩をみんなとっていた。
前の病院とは労働環境が大きく違うもんだなぁ…と思った。
確かにお給料が5万円くらい安いだけあるわ~と一人で妙に納得してしまった。
♪初出勤♪
今日は初出勤でした。
すごく暑い中、自転車を20分くらい走らせて通勤しました。
初仕事は各部署をちょこっとずつ回って、色んな仕事を見学する事でした。
訪問看護で行った先のお宅では、シャムネコっぽいにゃんこがいて、秘かになでなでしていました。
あぁ、猫のいる生活ってやっぱりイイナァ~としみじみ思いました^^
その他、グループホームを見学したり、薬の分封作業をやらせていただいたりしました。
今日は初出勤とだけあって、ほぼ定時に帰らせていただきました。
これからは定時にあがれない事もかなりあるみたいです(汗)
帰る頃には体中が汗でベトベトしていたので、帰宅後は即効でシャワーを浴びました。
今日は程よく疲れたので、ぐっすり眠れそうです。
いい一日でした。
さわやかな緑
ジャックと豆の木(観葉植物)がだいぶ大きくなった。
春に買って来た時の3倍近い大きさになった。
葉っぱがツヤツヤで、生き生きとしている。
今日も米のとぎ汁をかけてやった。
栄養分満点だろうな、きっと。
その他にはオジギソウ、ユーカリ、サントリナ、ダリア、エニシダがある。
でもエニシダは花の時期が終わっているので、少々いじけ気味。
オジギソウとダリアはこれから花が咲くので、毎日かわいがっています^^

いよいよ明日から出勤です。
仕事内容を覚えるので、初めのうちはいっぱいいっぱいになりそうだけど、こんどこそ長く仕事を続けたいと思っています。
明日は晴れますように☆(自転車通勤なので)
びっくり
金曜日は受診日だった。
しかし私はちょうど離職中のため保険が使えない…
受付の人に「自費診療になってしまいますが」と言われ、仕方なくそれで払った。
何と診察で5千円弱、薬代(14日分:ジプレキサ5mgが14錠)が1万1千円位。
特に薬代にはビックリして目玉が飛び出るかと思った程だ。
いっそうの事、「薬要らないです」って答えちゃおうかと思った…けど我慢して払ったさ。
はあ~痛い出費だった。
そのせいでしばらく落ち込んでいた私でした。
再出発
新しい職場が決まった。
とてもいい雰囲気の職場だ。
面接の時、自分の病気に関しては何も言わずに誤魔化してしまった。
どうしてもこの職場で働きたい…という気持ちが強くあったからだ。
自分のことを完全に出し切れなかったので、少し後ろめたい気持ちはある。
だけど働く前からチャンスを狭めるのは、すごくもったいないと思い、少し欲が出てしまった。
今はこの病気の症状はほとんど出ていないし、服薬のみでほぼ自己管理できているから問題ないと考えている。
…という訳で、今度こそ来週から働けます。

やったぁ♪
心訓 ~福沢諭吉翁~
一、世の中で一番楽しく立派な事は一生涯を貫く仕事を持つと云う事です
一、世の中で一番みじめな事は人間として教養のない事です
一、世の中で一番さびしい事はする仕事のない事です
一、世の中で一番みにくい事は他人の生活をうらやむ事です
一、世の中で一番尊い事は他人の為に奉仕し決して恩にきせない事です
一、世の中で一番美しい事はすべての物に愛情を持つ事です
一、世の中で一番悲しい事はうそをつく事です

これは私が高校生の時、副担任の先生が全員に印刷して配ってくれた内容だ。
私はとても気に入り、自分の部屋に貼ってある。
特に3つ目の内容は今の自分に最も当てはまっているので、特に心に沁みてくる。
仕事とは仕える事。
仕事をするには必ず相手が存在していることが必要だ。
つまり、仕事とは自分一人では出来ない事なのだ。

この病気になる前、私は一人で生きようとしていた。
何か困った事があっても、誰にも相談せずに自分一人で抱え込んでいた。
自分で決めた事を自分一人でやり遂げられるようになるのが大人になる事=自立する事なのだ…と思っていた。
だから自分が苦しくても誰にも弱音を吐かずに、日々淡々と生きていた。
だけどそれが積み重なって、日常生活に無理が生じてきてしまった。
そうなると、もう誰かに頼るしかない状態になってしまった。

誰かに頼るしかない状態…それがこの病気の発病である。
自分一人では成り立たない生活を突きつけられて、(あ~、私は一人では生きられないんだ。皆のおかげで生きていられるんだ)と感じる。
そうして初めて他人のやさしさを肌で感じる事が出来るようになり、人並みの感覚を取り戻せるようになる。

私の考察によると、この病気は頑張りすぎた人が、孤立しないように創られた病だと言える。

みなさんのこの病気に対する考察はどのようなものでしょうか^^


周囲への気配り
私は職を失ってしまった。
しかしまた新たに職を探している。
ボラバイトもいいと思ったが、やはり普通に働く事をしたいので、月曜日には職場見学へ行ってこようと思う。
新しい職場で面接をして働き始めるとする。
しかし私は自分の病気のことを、正確には言わないつもりだ。
やってみなけりゃ分からないけど、多分病名を出したら採用して貰えないだろう。
だったら隠して就職したほうが得だ。
仕方ないけどそういう世の中なんだ。
今日診察してくれた医師も言った。
「病名を言う言わないはあなたが決める事だけど、言ってしまうと雇用されない可能性が高いですね。言わなくてもあなた自身が辛くないならば、病名を言わずに就職する…というのも一つの手ですね。」と。
私は病名を他人に簡単には言わないようにしよう。
病気だ…ということを前面に出せば、少なからず周囲の者に気を遣わせてしまうし、また偏見を受ける恐れもある。
何も言わなくても私が普通にやっていけるのならば、そうしていこうではないか。
それが私なりの周囲への気配りの方法なのだ。