私の感覚 2005年08月
私の感覚
33歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は1歳と小1の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

これから
今日はこれからの事について彼と話し合ってきた。
彼は話し合いたいことをノートにに箇条書きして持ってきていた。
それを見て思わず私は笑ってしまった。
で、結局そのノートに沿って順番に話を進めていった。
結婚式をやるかやらないか。
結婚指輪はどうするか。
いつ婚姻届を出すか。
式をやらないのならば代わりに食事会をやろうか。
その食事会には誰を呼ぼうか。
新婚旅行はいつにするか、そしてどこに行こうか。
両親同士の顔合わせはいつ頃がイイか。
苗字はどちらが変わる事にするか。
一緒に住むのはいつ頃からにするか。
仕事はお互いどうするか。
等‥様々なことについて話し合ってきた。
これからの事、全てが楽しみだ。
辛い事は仕事がハードなことだけ。
これって私は恵まれているのかな?
いつ何が起こるか分からない
今日は私のミスが間接的な原因となって、利用者が亡くなってしまった。
発見した時にはもう既に遅し。
死の前兆は無かったのか?と考えると、若干あった。
だけどそれを見逃してしまっていた…
「仕事に不慣れだったから」で許される問題かどうかは分からない。
この事は深刻に受け止めている。

人が亡くなると、体は冷たくなって動かなくなる。
冷たくなった体にアンビューマスクで人工呼吸している時に、「もうだめなんじゃないか」と感じた。
だけど先輩と共に心配蘇生法をやり続けた。
救急車が到着して、あとはお任せし、私は自分の仕事に戻った。

一連の事が終った後も、動揺が治まらず、点滴を刺すにもかなりの時間を要してしまった。
病院にいた時は仕事がキツイと思った。
だけど病院には看護師が沢山いて、一人が受け持つ人数は4~5人で済んだ。
施設は30人程の入所者を日勤は3人でみるしかない。
夜勤は一人で30人をみることになる。
リーダー、早番、遅番の人は自分の業務で手一杯で、中々余裕が持てない。
そんな中で起きた急変だった。

今日のことは忘れられない。
今でも私には亡くなった利用者の冷たい肌の感覚が残っている。
いつ何が起こるか分からないのが高齢者の特性だとつくづく思った。
イライラ
今日は身体がだるくて、仕事に行くのがすごく嫌だたった。
遅番勤務、10時には家を出て、帰りは19時過ぎ。
仕事内容は大したことしていないんだけど、利用者と接しているとイライラして、相手を虐待してしまいそうで自分が嫌で仕方なかった。
仕事辞めたい病に今日一日罹っていました。
夜勤の先輩看護師が出勤してきて、一緒に働くうちにイライラ感が少しずつ治まっていき、何とかこれからも頑張ってみるか…という気になれました。
本当に疲れる、この仕事。
でも来年、また病院で働くとしたら、もっともっと疲れるはず。
このくらいで我慢できなければ、新しい仕事も勤まらない…そう思って何とか辞めたい気持ちを抑えました。

仕事しているみんなは、仕事辞めたい病をどうやって乗り越えているのでしょう?
☆納涼祭☆
明日は働いている施設で納涼祭があります☆
施設で働き始めて最初の行事なので少し楽しみデス。
今日は明日の祭りに向けて、うちわに夏らしい絵を描いてきました。
その他にも色々やっていたら、4時間ぐらいも残業してしまいました。
はぁ~、今日も疲れた一日でした。
これからの事
これからの事を考えていた。
私はこのまま今の施設でいつまで働くのか。
結婚したらどんな生活を送るのか…等。

とりあえず私はまだ一度もボーナスというものを貰ったことが無い。
だから冬のボーナスが(多分ほんの少しだろうけど)出るまでは、今の施設の仕事を頑張ろうと思う。
日々業務について色々と疑問が多いけれど、そこは一つ目をつぶってやろうじゃないか。
そしてボーナスを頂いた後、2月頃には仕事を一度辞めて、結婚準備に備えたいと思う。
古い家のリフォームや引越しが終ったら、また新しい病院に就職しようかと考えている。
一年後の方々と一緒に、また4月から新たな気持ちでスタートが切れたらと思っている。

これからの生活について、一つの目安ができた。
とりあえずは今は冬が過ぎるまで、日々淡々と働いていくことを目標としたい。
空腹
仕事を終えて家に帰ると、空腹のあまり何かを食べずにはいられなくなる。
特に甘いものと冷たい飲み物が欲しくなる。
それから夕飯をガッツリ食べる。
朝は普通に食べるし、昼もお弁当を持っていって普通に食べるので、最近ちょっと肥えてきてしまった。
運動をしていないし、やせるきっかけがないのだ。
何か仕事以外で身体を動かす機会を作らねば…

空腹のままでいることは、全てにおいてやる気をなくしてしまう。
つまりエネルギー切れの状態だ。
一度空腹になると「ちょっとだけ食べる」ということが出来ずに、ついついドカ食いしてしまう。
それが太る原因だと分かっているのだが、中々辞められない。
いつの日か、やせられる時が来るのだろうか…
辛子明太子
昨日は彼が長崎土産に辛子明太子を届けてくれた。
今日は姉にその明太子でスパゲティを作ってもらった。
明太子が漬かっていた汁も利用して作った明太子スパゲティ…とても辛くて美味しくて、後をひく味だった^^
料理が上手な人が傍にいると本当にありがたい☆
今私は彼に「料理が3食作れるようになったら結婚しよう」といってある(笑)
結婚しても私は料理しなくてもいいわけだ。
減薬
今日は夜勤明けだったのだが、調子が良かったので受診してきました。
ボッーっとしたり、日中の眠気がひどいこと、夜疲れ果ててあっという間に眠りに落ちていくこと等を話したら、減薬して様子を見ましょう…ということになりました。
てっきり減薬という事はジプレキサ2、5㎎錠だと思ったら、3㎎の細粒になりました。
粉薬って飲みにくいイメージがあったのですが、早速飲んでみたらそんなに苦味もなく飲みやすかったです。

初めての夜勤は18時間くらい働きました。
沢山働いたから、朝は爽やかな気持ちで帰れました。
2交替の夜勤って、一回の勤務で2日分働くことになるんですね。
だから夜勤明けの日はまるまるゆっくり出来るので、ちょっと得した気分です。
3交替は自分の体に合わなくてダメダメでしたが、2交替なら何とかやっていけるかもしれないです。

ぼーっとする事
最近ジプレキサを毎日欠かさず飲んでいるせいか分からないが、ボーっとする事が多い。
それは頭でよく考えずに行動してしまう事につながるので非常に危険だ。
今日も仕事で大きなミスをしてしまった。
すぐに命に直結する事でなかったので、「次は気をつけます」で済まされたけれど、本当に危なかった。
このボーっとしてしまう感じがどうにかならないだろうか?
まあ、いつも気が張っている状態になっても疲れてしまうだろうけど、まあまあ気が張って仕事が出来ると良いのだがなあ…
捨て猫
今日は公園を散歩した。
そしたら目がまだ開いたばかりの子猫が捨てられていた。
全部で5匹、ミーミー泣いていてすごくかわいかった。
だけどウチでは飼えないので諦めて帰ってきた。
猫を捨てた人は無責任だ。
まだ母猫のお乳を飲んでいるような小ささの猫を捨てるということは、その子猫に対して「死ね」と言っているようなものだと思う。
だってその猫はまだキャットフードを食べられないのだから。
あの子猫はきっと死んでしまうのだろう。
もしかして運が良ければ拾ってもらって生き延びられるかもしれないが。
人間の赤ちゃんが捨てられると大騒ぎするのに、猫の赤ちゃんが捨てられていても何とも思わない社会は病んでいると思う。
動物も人間も家族計画を行う事は大切だとつくづく思った。
ダリア
ベランダで鉢植えにしていたダリアの花が咲いた。
薄い黄色の花だった。
ダリアは摘芯しなかったので、ひょろひょろに伸びて花を咲かせた。
時には水切れでしんなりして、もうダメかと思った時もあったけど、何とか花を咲かせてくれた。
来年は鉢植えじゃなくて地植えにしてあげよう…と思った。
他にはオジギソウも株が大きくなってきた。
まだ花は咲いていないのだが、そのうちピンク色のかわいい花を見せてくれる事だろう。

1ヶ月☆達成
仕事をはじめて1ヶ月が過ぎました。
途中、何度も転職を考えましたが、何とか続けてこれました。
やっと職場の雰囲気にも慣れてきた感じです。
次に目指すは、2ヶ月達成すること。
前の職場はちょうど2ヶ月で挫折してしまったからな。
今月から夜勤を練習し始めるので、ドキドキします。
何とか今月も上手く仕事を乗り越えていけますように☆
病気の人もそうでない人も、働くことは楽ではないと思います。
今のところは再発の兆しも全くなく、日々順調に過ごせています。
ただ毎日睡眠時間を8~9時間くらい取れるようにしているので、余暇の時間が全く充実していません。
だけど体が健康に過ごせているんだから、贅沢は言わずに毎日淡々と過ごしていこう。
点滴・減
点滴をやっている人が5人から1人に減りました。
たったそれだけの事。
仕事終了時間が定時であがれました☆
すばらしいです…普段溜め込んでいた仕事も片付ける事が出来ましたし!
毎日このくらいゆとりをもって働ければすばらしいと思いました。
明日は入所者の受診に行く予定。
病院ってすごく待たされるんだよな。
初診だから尚更…
ま、ゆっくり座って病院の雰囲気を味わってきましょ☆

今日はこれから歯医者に行ってきます。
3カ月おきの定期健診です。
歯石を取ってもらうのって、意外と気持ちいいんだよな~♪

サービス残業
サービス残業が私の職場では当然のことのように日々行われている。
介護士は30分程度の残業をやるかやらないかの量だ。
しかし看護師は1~2時間の残業はざらで、ひどい時は4~5時間も残業が出てしまう。
私が経験したもので一番ひどかったのは、朝の7時から働いて、帰ったのが夜の8時過ぎ…いくら何でも12時間以上も仕事場にいたくないですね、夜勤でもない限りは。
その事を親に話したら、「そんなのはおかしいんじゃないか。ちゃんと働いた分の給料を出してもらえるように、職場の先輩と話して上の人に言った方がいいんじゃないか?」と言われた。
まぁ、そう出来るならば私もそうしたい。
だけど、「サービス残業は嫌なので、ちゃんと働いた分の給料を出してもらいたい」と言えるだけの度胸がない。
それにまだ入ったばかりで、私の仕事が遅いせいもあるからかもしれないので、まずは3ヶ月ぐらいは少しでも早く仕事が終るように努力してみるしかないのかもしれない。
早くも私は残業の多さにうんざりして、転職を考え始めてしまった。
だけど理由は何であれ、次々と仕事を変えることは私の履歴が汚れてしまう。
友人にも「転職ばかりしていると癖になるよ」と釘をさされたので、しばらく頑張るしかないのかなぁと思う今日この頃である。
仕事事情
看護師は介護士と違って、中々帰れない。
一日の業務の中で看護師だけがやらなければならないもの
(1)点滴
(2)処置;胃ろう部、褥創部、バルーン交換、他
(3)受診付き添い
たったこれだけの事。
大したことじゃない…だけど終らないんだ。
老人の血管は脆くて、すぐに点滴が漏れやすい。
処置は一人でやるとなると、身動き一つ取れない利用者を支えながら行うしかないので、かなり手間がかかる。
受診付き添いも病院の混み具合によって時間が決まるので、基本的にはかなり時間がかかる。
看護師だけがやらなければならない業務の他に、介護士と同様にやらなければならない業務もある。
(1)おむつ交換・トイレ介助(摘便も)
(2)口腔ケア
(3)髭剃り
(4)入浴介助
(5)洗濯
(6)掃除
何だかんだ言って、施設で働く看護師って忙しい。
本当に大したことしていないんだけど…。
だるい…
今日は仕事休みでした。
しかし昨日の疲れが抜けず、一日中寝ていました。
だるい・・・
昨夜は薬を飲んだから、そのためもあるのか夜の7時まで寝ていました^^
眠り姫のような私。
休みの度にこんな感じじゃ、楽しいこともできないなー。
ちょっと仕事がキツイかも。
働けることは幸せなことなんだけどね。
眠気
昨日も今日も眠気がひどかった。
利用者の病院受診の付き添いで、待合室で座っていたら、意識がとぶほどすごく眠気がひどかった。
何でだろう…9時間は睡眠時間をとっているのに><
これ以上眠るとなると、日中何も出来なくなってしまう…
と、いう事で、今日はジプレキサちゃんを飲まずに布団に入ります☆
明日は眠気が少ないといいけれどな♪