私の感覚 2006年03月
私の感覚
33歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は1歳と小1の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

睡眠タイム
昨夜は旦那と同じ時間に布団に入ったのに、私は中々寝つけなかった。
いつも大体そうだ。
私よりも旦那のほうが早く寝付く。
昔から私は布団に入っても中々寝付けない人だった。
寝れないまでの間、布団の中で様々なことを思い巡らす。
子供時代のこと、学生時代の思い出、就職先の先輩の事…色々思い返して、幸せな気分に浸る。
若しくは今後の事について考えたり、何かテーマを決めて一人で思考を深めていく。
私は眠れない時間を普通にそうして潰している。
だけど旦那は中々寝付けないと、すぐアルコールに頼る。
旦那は眠れない時は隣にいる私の裸を想像したりして、ますます眠れなくなりダメだから…と言っていつも酒を飲む。
男って本当に情けない奴だなぁ~って思う。
ま、ほとんど相手をしてやらない私も悪いんだけどね。。

明日から3日間、仕事を頑張ります。
そしたらめでたく退職になります。
それにしても4ヶ月、よく頑張ったなぁ、自分…。
食事会
今日は専門学校時代の友人たち5人と食事会をしました。
中には1年ぶりに会った友人もいて、話に花が咲きました。
くじ引きを作っていって、私が結婚式で使った姉の手作りのティアラを景品にしたら、大変喜ばれました^^
偶然にも同じ店に、以前働いていた病院の看護師長さんがいてビックリでした。
もう会うこともないと思っていた方だったので、今日会うことが出来て、元気に・幸せにしていることを報告できて本当に良かったと思います。
私は病院勤務を辞めるしかなくて、すごく悔しかったけれど、でも辞めたおかげで結婚する気にもなれたのだし、まぁ、それが自然な流れだったのかなと今は思います。
今の職場(有料老人ホーム)を辞めることも、良いことなのか、それとももっと頑張るべきなのか色々と悩みどころですが、私には根性というものが少し人よりも足りないのかもしれません。
結局大学進学を口実に辞めることに決めてしまいました。

今日再会した友人の一人も、病院勤務を辞めるつもりだと話していました。
たった2ヶ月しか働けなかった私にはアドバイスらしいものは言えませんでしたが、「看護の仕事は場所を選ばなければいつでも再開出来るから、1年頑張ったんだから、辛いなら辞めて1年くらいゆっくりしたら?」と言いました。
やはり大学病院は誰にとっても忙しいもので、辞めたい気持ちをこらえつつ皆頑張っているんだと分かりました。
私も大学生になれたら、気合い入れて頑張んなくっちゃな~と友人たちを見て思いました。

今日はいい一日になりました。

結婚式
無事に終わりました!
とりあえずホッとしています。
細かい所を考えれば、打ち合わせ不足による失敗もかなりあったけれど、全体としてはいい式になったと思います。
長崎から両親や親戚が来てくれて、式が終わった夜はホテルで一緒に夕食を取りました。
両親からは「離れているけれど家族だと思って、何でも話してください」と言われ、本当に嬉しかったデス。
挙式は人前式で、母への感謝の気持を込めて、みんなでキロロの「未来へ」を合唱しました。
披露宴は姉夫婦と一緒に、3家合同で行い、2倍嬉しい日になりました^^
結婚して一緒に暮らし始めて4ヶ月が過ぎました。
これからもずっと仲の良い夫婦でいたいと思います。
ぐったり
今日は朝から仕事に行きたくなくて、休んでしまおうか…という気持ちがかなり芽生えていたけれど、なんとか重い体を動かし出勤した。
仕事が始まっても、眠くてだるくてボーっとすることが昼過ぎまで続いていた。
私は仕事は8時間のフルタイムで、1~2日間働き、そして1日休みって感じで働いている。
普通の社員に比べたらすごく楽なはずなのに、それでも疲れてしまう。
困ったものだ。
昨日は帰ってきて、だるくて何もする気になれず、夕飯は天ぷらうどんで簡単に済ませてしまった。
私は生理前は特に疲れるような気がする。
目が回りそうだ。
結婚式まであと1週間をきりました。
準備をしっかりして、万全の体調で臨みたいと思います。


趣味
昨日は結婚式に向けて、他己紹介の原稿を考えていました。
披露宴で私は旦那の紹介をすることになっているからです。
旦那が「音楽について」をメインに話して欲しいというので、旦那がやっているバンド活動のことと、好きなバンドについて紹介文を考えました。
旦那は音楽無しでは生きられない…ってほどに、音楽を愛しています。
旦那の趣味はバンド活動と、音楽鑑賞。
それに引き換え、私は…これだ!という趣味がありません。
好きなことは「読書」と「猫と戯れること」であるが、趣味と呼べるほどのモノではないでしょう。
今年の春から、めでたく大学生になれれば、きっと勉強が趣味になってしまうことと思います。。
明日、大学の入学願書を出してきます。結果は1ヶ月くらい先に分かるそうです。それまでドキドキの日々です。
勝つことへの執着
私は昔から勝つことへの執着心があまりなかった。
例えばテストでクラスメイトが自分よりもいい点をとっていても、「あ~頑張っているんだな。私はうっかりミスしちゃったから仕方ないかぁ。」なんて思い、勉強で競い合うという感覚があまりなかった。
スポーツでも「絶対勝つぞ!」みたいな勢いはなくて、「一生懸命やればそれでいい、勝てたらラッキー」という感じで部活のバレーもやってきた。
だから勝つことへの執着心がない私が部長をやっていたため、当然結果も散々で、滅多に勝つことのない弱いチームだった。
でも私にとっては勝ち負けよりも、一生懸命楽しくやれたのでいい思い出になっている。
この病気を患ってから、特に勝つことへの執着がなくなってきた。
人生色々、勝ち負けでは言い尽くせないほどの色んなことがある、と思う。