私の感覚 2006年04月
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

子猫
子猫ちゃんたち、順調に成長しております。
5匹いたうち2匹は貰われていきました。
あと2匹も予約が入っています。
残るは1匹…旦那と相談した結果、母猫と子猫1匹は家で飼おうかということになりました。
子猫が貰われていくのは喜ばしいことだけれども、やはり少々淋しいです。
子猫がいなくなると、母猫ミケはおろおろしていました。
かわいそうな気もしましたが、これもお互いにとって試練です。
あと2匹との残された期間、精一杯かわいがってあげようと思います。

今日は畑を耕してきました。
枯葉や枯草を取り除いて、土を掘り起こし、サツマイモの苗を植える準備をしてきました。
春は暖かくて、これから色んな希望がもてて幸せいっぱいの季節です。
私は大学編入の希望は叶いませんでしたが、その代わり引越したら正職員として精一杯働きたいと思っています。

春の味
今日は実家にお泊り☆
母が春の味を天ぷらにしてくれた。
ヨモギ、柿の葉、ウド、タラの芽、セリ…
さっくりとあげられた天ぷらを、天つゆにつけていただく。
ほろ苦い春の味がした。

昨日は友人宅にお泊りした。
朝食においしいご飯とタケノコの味噌汁と煮物をいただいた。
あまりにも美味しいので誉めたら、「タケノコ持っていくかい?」と2本いただいた。
おまけに自家製のお米もいただいてしまった。
さっそく家に帰って母に米のとぎ汁でタケノコを水煮にしてもらった。
タケノコの味噌汁はもちろんの事、土佐煮やタケノコご飯もいける!
しばらくはタケノコ三昧で楽しめそうだ^^

実家の庭にはこごみがたくさん生えてきている。
こごみって店で買うと結構値段がするらしい。
庭のあちこちからこごみがポコポコ芽を出している。
摘み取ってやると次から次へと芽が出てくるので、それだけ長く収穫できるわけだ。
味は癖のないあっさりした感じで、さっと茹でて醤油と鰹節で和えれば美味しくいただける。
あとは煮びたしにしても旨い。

春の味を堪能でき、幸せを感じた日でした。

痒い
掌が痒い、指先も痒い、腕の内側も痒い…あ~嫌になってしまう。
何でこんなに痒いんだ!
皮膚科に行くべきか悩ましい所である。
痒い部分は引っ掻いたたため、赤くなって皮がむけて、水泡がポツポツとできている。
もっと酷い部分は亀裂が入って血がにじみ始めている。
何なんだろう、精神的ストレスでもあるのだろうか?
そういえば口の中に口内炎ができ始めているし、口角が切れて痛くなっている。
仕事は辞めてストレスは減ったはずなのに、この状態でもまだストレスがあると言うのだろうか…
人間の体って複雑だ!
製造業
3月いっぱいで有料老人ホームの仕事は辞め、4月から暇人となった。
でも元気なのに一日中アパートでゴロゴロしているのはもったいない…と思い、派遣会社のG社に登録して、さっそく働き始めた。
その派遣会社は1日毎の雇用契約で、都合のいい日だけ働くようになっている。
1日目は食品工場で、焼きそばやお好み焼きをパック詰する仕事をやった。
よくコンビニで売られている、焼きそば・広島風お好み焼き・焼きうどんなどを流れ作業で作っていく仕事だ。
紅生姜を載のせたり、透明フィルムを置いたり、シールを貼ったり、卵焼きにソースを塗ったり、規定の重さのめんを量って盛り付けたり…様々な場所で働いた。
作業自体は難しいことではないが、ラインにのって次々に商品が流れてくるので、そのスピードにあわせて作業するのが大変で、まさに息つく暇もない…といった感じだ。
自分が作業につまずくと、ライン全体の流れを止めてしまうことになるので、かなりのプレッシャーを感じた。
1日だけだから耐えられたが、私にはこの仕事はきつすぎると思った。
2日目は倉庫内作業で、飲料水におまけとしてついてくる缶バッジの検品作業をした。
袋からバッジを出して、裏のクリップの縁がなめらかになっているかどうかを確かめて、良品と不良品に分ける仕事だ。
すごい単純作業のため時間が経つのが遅く感じられた。
立ちっぱなしの作業なので足腰冷えるし、肩は凝るし…
幸いなことに昼休みの60分休憩のほかに、午前に1回、午後に2回の5分ほどのトイレ休憩が貰えるので助かったが、とにかく大変だった。
なにしろ検品しなければいけない製品が23万個あると聞くから、ビックリしてしまう。
その仕事は8時間働いて7000円の賃金をもらえる。
そんなに大変じゃないので、まあまあおいしい仕事だったと思う。
だけど何日もやりたい仕事ではなかった。
こんな仕事を毎日やるのは、私には耐えられない。
時々だからやっていられるのだと思った。

たった2日間だけだが、派遣会社で働いてみて感想は、「私には看護が向いていないんじゃないかと思って、他の仕事をやってみたが、私には製造業は無理だと思った。想像以上に辛い。こういう仕事よりはまだ看護をやる方が、私には合っているのではないか。」

私は夏ごろには実家の近くの一軒家に引越すつもりでいる。
だから普通に働き始めても、またすぐに辞めることになるので、定職には就かないつもりだ。
それに大学の編入試験の結果が分かるまでは、派遣のバイトでつなごうと思っている。
余談だが、アパートに出入りしている野良猫のミケがとうとう出産した。
今は我が家に5匹の可愛い子猫とミケ母さんが生活している。
ミケはとうとう野良から我が家の猫に昇格した(笑)
ちゃんと猫用トイレと猫砂も買って、家の中で用を足せるように環境も整えた。
後は子猫達が離乳する頃までに、貰ってくれる人を見つけなければ…
このブログを見ている人で、ぜひ猫を飼いたい…って人は個人的に連絡下さい。
子猫予約、只今受付中です^^