私の感覚 2007年09月
私の感覚
33歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は1歳と小1の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

初挑戦☆
白刀豆(ナタマメ)茶というのを、今日、初めて買ってみた。
理由はナタマメは「腫れや炎症を鎮める効果がある健康商品」らしいからである。
12パック入って1000円ちょっと。
近所のドラッグストアで買い求めた。
早速、家に帰って、箱に書いてあるとおりに、5分間とろ火で煮出して作ってみた。
味は癖がなくて、マイルドな感じ。
これなら香ばしくて、美味しく飲めるかも、と思った。
熱は平熱に戻ったが、のどの痛みはまだ続いている。
うがいに加えて、ナタマメ茶で少し様子をみてみようと思う。
12日後には良くなっているといいな♪

ご紹介が遅くなりましてすみません。
リンク先に、らいとさん、さとうさんのブログを追加させていただきました。
どちらもブログを創めて、間もないようですが、しっかりと自分の色を持った文章を書かれています。
皆さんもぜひ覗きに行かれてみてはいかがでしょうか?
ミケの奴!!!
昨日、夜に気付いた。
旦那の布団からの異臭。
明らかにおしっこ臭い!
よく見たら、湿ったタオルと、おしっこで輪染みが出来た敷布団を発見><
旦那に部分洗いをお願いして、酸素漂白につけておいてもらい、今朝一番で洗濯しました。
本当ならば、今日は昼過ぎまでゆっくり寝ているつもりだったのに~
朝から二槽式洗濯機をガラガラ回して、頑張っちゃいました!
いい天気のかいがあって、15時にはカラッと乾いてくれて、本当に良かったです。
敷布団の中身はファブリーズして、日光浴させただけですが、臭い取れたかな?
怖くてかげません(笑)
ま、旦那の布団だから、いっかな^^
私の布団だったら、許さん!ミケ!!って感じですが☆
病院に行って来ました!
昨日はあれから39度を超える熱が出て、のどの痛みがひどく、全く眠れませんでした。
今日は仕方なく仕事を休み、病院へGO!
医師は私ののどを見るなり、「溶連菌にやられましたね」と。
首のリンパ節も腫れていて、すぐに処方は決まりました。
抗生物質と、のどの痛み止めと、熱さまし。
至ってシンプルな処方です。
でも、あの医者、溶連菌キットで調べもしないのに、「溶連菌です」とは、随分と自信に満ちているなぁ。
それだけプロだってことなんでしょうね。
家に帰って、薬を飲んで、少し休んだら、熱も37度台に下がってきて、いい感じです。
明日は休みなので、この2日日間でしっかり養生して、明後日の遅番勤務に備えたいと思います。
風邪?!
昨日はママさんバレーの練習に参加してきました。
1週間ぶりです。なので今日は案の定、筋肉痛が出ました。
…と思っていたら、だんだんひどくなってきて、体中が痛くなってきました。
生理痛だけならお腹でしょうが、頭も関節も全身がとにかく痛いのです。
だるくて仕方ありません。
今日は風邪薬を飲んで、早めに寝たいと思います。
体温は現在37.3度。微熱かな~
養生します。
腹が痛い・・・
女性なら誰もが月に一度来る日。
はあー憂鬱。
鎮痛薬飲んでも、効きやしない。
いや、効いているのかもしれないけど、効果が薄いのかもしれない。
午前中は布団でゴロゴロ。
午後からはさすがに起きて、活動します。
休日を一日寝てるのはもったいない!

今日はこれから車のタイヤ交換に行って来ます。
旦那の車のライトを、バックした時にぶつけて壊し、そのガラス片で前輪がパンク。
自業自得と言えば、それまでなのですが…。
今はスペアタイヤなので、ちゃんとしたタイヤを買いに、出かけてきます。
お金いくらかかるんだろう。
タイヤ交換初なので、ドキドキです><
ちなみに私の車は軽なので、そんなに高くはないと、修理していた人が言っていましたが。でも心配!
精神医療の中で
私は中3の冬、精神病院に入院した。病名は精神分裂病、今から10年前のことである。原因はおそらく受験へのストレスや、家庭内の不和、運動部を引退してから、夜遅くまで勉強していたことが関係していると思う。不思議と発病する直前のことは、鮮明に覚えている。

学校で授業中、他愛もない場面で感動したり、悲しくなって泣いたり、感情の波が激しくなった。夜もほとんど寝ずに、思い出の品の整理をしていた。中学校を卒業してしまうことが淋しくて、時が止まってしまえばいいのに…なんて思っていた。

寝不足が続き、とうとう学校でふらふらになり、保健室に行った。担任、養護の先生、母に付き添われ、総合病院へ行った。そして全身の検査をし、身体の方に異常がないことを確認できたので、精神病院を紹介された。

入院時、制服を脱ぎ、病院から借りた紐のないジャージ(自殺予防に紐は外してある)に着替えた。そして個室に案内された。その個室は、一側面は鉄格子がはまっていて、通路の天井からは、監視カメラがついていた。トイレは扉もカーテンもなくて丸見え。私は職員さんに「カメラがあるから、恥ずかしくてトイレ出来ません」と言った。そしたら「こうすればいいだろう」とカメラに紙コップをかぶせてくれた。

個室は横並びに続いていて、他の患者さんのわめき声がすごかった。はじめ、私はとんでもない所に入院してしまったと思った。でも私が隣で泣いている人に、「どうして泣いているの?」と聞いたら、「子供の卒園式に出られないのが悲しくって…」と話す。遠くでわめいている人に「何でそんなに叫んでいるの?」と尋ねると、「生理になっちゃったのに、ナプキンをもらえないから」と答える。誰だって行動の裏にはちゃんと意味がある、そう感じた体験であった。

私は2週間程で個室を出ることができ、大部屋に移った。大部屋の患者たちは大ホールで一緒に食事をとる。偶然、私の隣には足の悪いお年寄りの患者さんが座っていた。その人は、「杖があれば何とか歩けるんだけれど、危ないからと言って、杖を取り上げられてしまって…」と言う。私は気の毒に思い、「それでは茶碗の片付けは私がやりますよ」と手伝ってあげた。それを見ていた職員さんは、「あなたは優しいから、医療に携わる仕事に就いたらいいわよ」と言ってくれた。

私は入院中、薬の副作用なのか、便秘がちになった。それに寝てばかりでは、体力が落ちてしまうと考え、運動不足解消にウォーキングをすることにした。日中、大ホール内をぐるっと周りながら歩く。腕を振って、堂々と何周も歩いていた。そしたら他の患者さんも「俺も歩こうかな」なんて次々と加わり、大行進が始まった。毎日30分くらいの室内ウォーキング、それを私は「歩く会」と命名した。「今日も歩く会、そろそろやりますか?」と声をかけ、一人二人と参加者が増えて、ぞろぞろ歩く。そして各自の体力に合わせて、勝手に抜けていく。気楽な会であった。

そんな入院生活のなかでも、私にも衝撃的な出会いがあった。かわいらしいピンクのパジャマを着たSちゃんは、結婚していて2人の子供がいると言う。彼女は小中高とずっといじめられ続けてきたので、周りの人が怖いと言う。それに交通事故で両親をいっぺんに失ってしまってから辛くて悲しくて、気持ちのやり場がないと言う。Sちゃんは心理的なものからか、おしっこが全く出せなくて、お腹がパンパンに膨れてしまった。それを職員がSちゃんのことを無理やり押さえつけて、おしっこの出口に管を突っ込んで、お腹をギュウギュウ押しておしっこを出したと言う。だから職員さんたちが怖いの、とSちゃんは言った。おしっこをとる時、Sちゃんにどんな説明をしてから、職員はやったのだろうか…もっと安心させてケアをしてやることはできなかったのか、と、悲しくなった。

私は常に鍵がかかっている、閉鎖病棟という所に入院していた。初めのうちは「何で何も悪いことをしていないのに、閉じ込められなくちゃいけないんだろう」と思っていた。でもある時、ふっと気付いた。「閉じ込められている」んじゃなくて、「守られているんだ」と。それを職員さんに話したら、「そうだよ、よく気付いたね」と言ってくれた。その発想の転換で、私はだいぶ楽になれた。

統合失調症(当時は精神分裂病という呼称)とは、考えすぎて頭の中がオーバーヒートして、人を信じられなくなる病だと思う。私は病院という場で、対人関係を学べた。そして薬によって、オーバーヒートした頭は、徐々に落ち着きを取り戻していった。

私が体験した精神医療の中には、色々と教えられたことがある。いつか職員さんが言っていた、「あなたは優しいから…」という言葉を真に受けて、私はナースになった。今、場所は違うが、精神病院で働いている。これからも誰よりも患者さんの心に寄り添えるナースであり続けたい。

(これは原稿用紙約5枚分。心に残る医療という作文コンクールに出品しようと思い、書いてみた。でも、もし賞に入ってしまい、新聞に名前が公表されたら、今働いている病院のスタッフに知れ渡ってしまうと思い、念のために出品を断念した。したがって、記念にブログに載せてみた次第である。過去の話だけれど、今の私に通じるものが解ってもらえると思うので載せました。原稿用紙5枚までという縛りがあったので、最後の方が手短にまとまってしまったのが、残念に思うが、ま、これはこれでヨシとしよう^^ 長い文章にお付き合いいただき、ありがとうございました♪)
水出し紅茶
今、冷たい紅茶にはまっています。
リプトンのセイロンって紅茶。
三角のティーバックの奴です。
それを水道水(500mlくらい)の中にポン。
半日くらい経つと、いい塩梅に、色がついてきます。
そしたらそのまま冷蔵庫へ。
毎日毎日、冷たい紅茶。
はと麦茶も美味しいけど、水出し紅茶もけっこうイケる!
さっぱりしていて、香りも良くて、お湯で出す時のような苦味もなくて…いいですね~
みなさんもティーバックがあったら、一度お試しあれ♪
一休みのつもりが・・・
今日は待ちに待ったバレーの練習日。
19時半からだから、それまで少し昼寝(夕寝?!)しようと思って、布団にごろんと横になった。
ケータイのタイマーをかけて寝たのだが、思ったよりも睡眠の深さが深く、タイマーに気付かず、22時過ぎまで爆睡でした。
起きてから、しまった!と思いましたが、すでに遅し。
練習は終わっていました><
仕事で、日勤リーダーをやったから、知らず知らずのうちに疲れていたのかな。
一休みのつもりが、長い休みになっちゃった。。
はぁ。明日は夜勤だから、少し夜更かしして、寝よう!
恐怖><
今日は2つぞっとすることがあった。
一つ目。
勤務室で記録をしていたら、黒い大きな物体が飛んできた。
思わず、ハチだ!危ない!!と声を出したら、他の人が「大丈夫、ゴキブリだよ」と。
ある意味、私にとってはハチより怖い、ゴキブリって。
私はキャーと声を出して、勤務室の一番隅っこに逃げた。
そしたら、ゴキブリへっちゃらナースが、やっつけてくれました☆

二つ目。
うちはケチなので、食料も安いものをなるべく買っている。
でもなるべく、外国産より国産のものを買うようにしている。
昨日はチーズソースのグラタンを作った。
具に何を入れるか、店先で考えていて、シーフードにしようと思ったが、大袋しかなくて、やめた。
次に鶏肉にしようと思い、精肉コーナーをうろうろ。
鶏ももコマ肉が一番適しているのだが、100gあたり198円。
うーん…高い。
一番安いのは軟骨、でもそれじゃちょっとなぁ…
って考えた先に行き着いたのは、鶏皮。
100gあたり50円、安いじゃん。
昨日は半分使って、今日は残りの半分をスープにしました。
グラタンでは気付かなかった新たな発見が。
それは皮に毛が生えていたのです。
ツピツピツピと3本少し硬い鳥の羽が刺さっていました。
他の皮も産毛みたいのが生えていたり、羽そのものがスープに浮いていたり…とにかく、ぞっとしました。
美味しかった鶏皮スープが、一瞬にして冷めてしまいました。
でももったいなかったので最後まで食べましたが…
もう安くても鶏皮は買うまい、と心に誓った日でした☆
寝すぎで腰が痛い><
昨日は夜勤明け。フルに活動すつもりが、ちょっと横になったら、そのまま夢の世界へ…夜まで爆睡でした☆
畳に毛布一枚で寝ていたせいか、腰が痛い。
悲しくも、旦那に腰に湿布を貼ってもらい、腹巻でガードして寝ました。
今朝もまだ痛みを引きずっています><
寝すぎは良くないですね…実感しました。
昼間、あれだけ寝ても、夜ぐっすり眠れるのです。
睡眠薬、恐るべし…
週に2回しかないママさんバレーの練習、休んじゃった。
あ~あ~。もったいないことしたなぁ。

小さな仕事
職場の敷地には、ところどころに花が植えてある。
今はケイトウと、朝顔が見ごろである。
黄花コスモスはあと少しでつぼみをつけるところだ。
朝顔の花を長く楽しむには、花がらを摘んでやることが大切なんですね。(種ができると、株が弱ってしまうので。)
だから私は毎日仕事帰りに、花がらを摘んでやっています。
ブルーのきれいな朝顔なので、種ができたら、もらっていこうかなぁなんて思っています。
あとは鉢植えのアロエと金のなる木があるので、それにも夕方に水をやっています。
アロエは新芽がいっぱい出ているので、少し折って、もらってしまいました。
家で食卓の上に置いて、飾っています!
何気ない小さな仕事で、直接患者様には関係ないけれど、好きでいつもやっています^^
緑のある職場って、いいですよね♪
交換日記
交換日記を始めて、1週間がたちました。
一日交替で書いています。
ウィークリー式の、少し大きめのノート型の冊子が100円ショップであったので、思いついて始めました。
一日に書くスペースは、3行から(文字を小さく書けば)5行ぐらい。
お互いにあまり負担になりません。

って、誰とやっているかって?
旦那とです(爆笑)
毎日顔を突き合わせているのに、何でまた交換日記?!って思う人もいるかもしれませんね。
目的は二つあって、一つは私が25歳になった記念に、何か始めてみたかったから。
もう一つは、旦那の文章構成能力は、とてもレベル低いんです。
だから旦那が文章を書く練習の場として、交換日記形式でやってみようかなと思い、私が旦那に提案しました。
お互い色々と思い思いに書いているので、おもしろいです。
それに相手が書いたのを読むのも、ちょっとした楽しみになっています。
交換日記のノートはページが一年分あるので、来年私が26歳になった時、自分がどれだけ成長できたかが分かるので、楽しみです^^
皆さんも家族や恋人と交換日記、やってみませんか?
患者様との話の中で。
今日は休日勤務でした。
夕方、ゆっくりできる時間があったので、1人の患者様とじっくり話しました。 
話の内容のあらましを、下記に記したいと思います。

「Aさんは何か夢とかありますか?」
「うーん…」
「5年後でも10年後でもいいから、自分はどうなっていたいかというイメージをしてみた方がいいと思いますよ。」
「そうかなぁ…」
「例えば、料理を覚えて夕飯を作れるようになるとか、本当に大したことじゃなくていんですよ。」
「ふーん」
「何か夢があると、人間って頑張れる気がしませんか?」
「そうですね。」
「私、Aさんはずっとここにいるべき人じゃないと思いますよ。もし80、90歳くらいで、高齢だったら、ここで一生を閉じるのもアリかも知れませんけど、Aさんは社会に戻るべきだと思います。」
「あと10年くらいはここにいるのかなぁ…」
「目標を自分で考えてみて、一緒に夢を叶えるために、頑張っていきましょうよ!」
「ハイ…」

と、まあ、こんな感じです。他にも色々と話をしました。
看護学校では看護問題と言うのを勉強します。
問題点リストを見ながら、どれが当てはまるか考える病院もありますが、うちの病院はそういった問題リストはないので、オリジナルで知恵を出し合って、みんなで考えていきます。
看護問題が上がったら、次は長期目標と短期目標を立てます。
たとえばAさんだったら、問題点:症状に波があり、不穏になることが多い。長期目標:退院し、服薬と規則正しい生活により、安定した生活が送れる。短期目標:調子が悪くなった時の対処の仕方を身につけることができる。…なんて具合です。
そしたら、あとは援助計画を立てます。つまり具体的にどんな看護をしていくかを、箇条書きにしてまとめていくのです。
難しいけど、やりがいがありますね。
私がやりたいと思っていたことが、今、やっと出来始めている感じです。
毎日の仕事が楽しいです。
正直、眠くて、体調が優れず、辛い時もあるけれど、患者様の喜んだり笑った顔が見れるのが、本当に嬉しいです。

今日は看護師として、私がどんな仕事をしているのかを紹介したくて、こんな記事にしてみました。
それと私自身もそうですが、将来のことを長い目で見て、目標を立てて、夢に向かって進んでいくことって、大事だと思います。
私は短期目標:日々の仕事を、なるべく休まずに、心を込めて行うことができる。長期目標:来春から通信制大学で精神保健福祉を学び、将来的には精神保健福祉士の資格を取得し、看護の質を上げることができる。って感じかな。
問題点は「持病があり、服薬しながらの勤務なので、疲れやすい」ってところでしょうか。

皆さんも自分の問題点を意識して、長期・短期目標を考えてみたらいかがでしょうか?新たな発見があるかもデス^^
新しい視点で。
うちの病院の待合室に、「快適な睡眠のすすめ」という濃い緑色のパンフレットがあります。
その中から、気を楽に保つヒントがあったので、ご紹介したいと思います。
「眠たくなってから床に就く、就床時刻にこだわりすぎない」
「睡眠時間は人それぞれ、日中の眠気で困らなければ十分」
いいかがですか?これを読んで、あ、そうか☆と単純に考えられる人は、頭の柔らかい人です。

私自身の生活を振り返ると、眠くなくてもとりあえず時間が遅くなれば床について、電気を消していました。でも床に就くのは、眠気を感じてからでいいのだと思えたのは、新しい発見でした。
あと、睡眠時間は人それぞれなのは知っていましたが、やはり8時間くらいは眠りたいと思ってしまいます。でもどのくらい眠れたかではなく、日中の眠気がないことが大切なのだと知り、ハッとさせられました。
今日はパンフレットから学んだ新しい視点でした☆
便利さを得て、失ったもの
社会人になって、車を購入してから、車ばかり乗っている。
買い物も車、通勤も車、ママさんバレーをしに行くのも車…何でもかんでも車だ。
学生時代は車がなくて、自転車か歩きが主だった。
自転車で5km先のデパートへ、よく買い物に行ったなァ。 
寄り道して、色んな庭を見て歩いたり、新しい細い道を発見して、嬉しくなったりしていたなァ。
季節のうつろいも、歩いていると、色んな植物が目に入って、新鮮な気分になれた。
でも今は違う。
車で通り過ぎるだけ。
意識して、ふと車を停めて、降りてみないと、何も気付かずに過ぎてしまう。
便利さを得たけれど、何だか寂しいものだなぁと思った。
時々は散歩しよう。
天気のいい休日は、自転車で出かけよう。
便利さの裏にある、スローな生活に戻りたいけど、戻れない…でも少しはスローライフに近づけたらなと思う。
100%元気
常に100%元気でいられたら…と思うが、現実は難しい。
人は皆、75%くらいの元気でいつもいて、残り25%くらいは、ため息をつきながら、だましだまし乗り越えているんだと思う。
100%元気なんて、年に数回あるかないか。
だから少しくらい体調が悪くても、その25%だから仕方ないか…くらいに思ってやり過ごしましょう。
そして75%元気でいられることに感謝しつつ、毎日過ごしましょう!

一昨日の夜勤の時、1人の患者様が、私の所にやってきた。
その患者様は、私が夜勤だと、いつもそばに来て、「耳が聞こえづらいんです」とか、「周りの人に悪口を言われているような感じがするんです」なんて訴えてくる。
新人の私は、簡単に患者様をあしらうことは出来ず、いつも真剣に話を聞いてしまって、相方の先輩にどうしたら良いか、判断を仰いでいる。
でも一昨日は相方がちょうど別の所にいて、相談できなかったので、私が今日のブログに書いたような話をしてあげた。
そしたら頷いて、部屋に戻っていった。
精神科は難しい。
ちょっとしたコミュニケーションによって、相手の心の持ちようが変わる。
だから、どう対応したら、今の相手を安心させてあげられるか、考えるのが大変だ。
でも上手く心が通じ合った時が、一番嬉しい。

精神科病院で働き始めて、もうすぐ半年。
あっという間のようで、中身の濃かった半年。
これからも頑張っていこうと、気合の入った夜勤でした。
塩昆布
私が密かに好きで、よく使うもの、その名は「塩昆布」。
細切りで半生の昆布に味付けがしてあります。
味がけっこう濃いので、ご飯によく合います。
それもご飯だけじゃなくて、料理にも使えるんですよ!
今日は乱切りにしたキュウリに、軽く塩を振って、しんなりさせて、水を切ってから、塩昆布と和えるだけ。
とっても簡単で、さっぱりしていて、ポリポリ止まりません!
美味しかったです☆

今日は夜勤明けでした。
ここ1~2ヶ月、左の足の甲が痛かったので、一応念のために整形外科を受診してきました。
そしたら疲労骨折も、捻挫もなくて安心しました。
病名は一応、腱鞘炎みたいなものだって言っていました。
痛みと言っても、我慢できる範囲なので、薬は処方してもらいませんでした。
市販の湿布薬が残っているので、それで様子見ようと思います。
あと、スポーツの前後は十分に足のストレッチを行ってくださいと言われました。
ストレッチね~しっかりやるようにしようと思います^^

週間IN
ブログランキングのページに飛んでみた。
そしたら一週間に私のページに来てくれる人が、144人もいるらしい。
なんだかそれを見たら、一人ほくそ笑んでしまった^^
すごいんだな~ネットの力って!
と、そう思った。

コメントを残してくれる人も、ただブログを読んでくれる人も、みんなありがとう。
そして私のブログから、病気に正面から向き合う事、働く大変さと喜び、そして目標を持ち続けることなど、色々と考えるきっかけをつかんでもらえたら幸いです。
これからもちょくちょく更新しますので、訪問をお待ちしております☆
憎き奴!
今日は昼ごはんに、パスタをゆでた。
キューピーのアサリのコンソメ味のパスタソースの買い置きがあったので、それで味付けることに。
いざ開封!
出てきたのは、大粒のたまねぎの破片が…しかも超にんにく臭い。
がっかりして、一気に食べる気がうせました。
でもパスタソースはそれしかない><
旦那にそのパスタソースは全てあげて、私は冷蔵庫の中を物色し始めた。
そうだ!味付けめかぶがあった~
それにマーガリン。
思い切って、めかぶマーガリン*スパゲティにしました。
案外、めかぶのいい味が、パスタに移って、美味しかったです。
今度からはたまねぎの入っていないパスタソースを買おう、そう注意深くなった私でした☆
聴いてもらいたかった…
昨日は夜勤だった。
患者様の看護計画(案)を立てたり、夜勤業務をしたりしつつ、ペアになったAナースと雑談を楽しんでいた。
ふとAさんに言われた。
「ようこちゃんは入院も大きな病気もしたことないんだよね?だから患者様の気持ちを分かるのって難しいことだよね…」と。その後も看護観や今後の課題など、いろんなことを話した。
私はAさんに聴いてもらいたかった。
病気の事、今まで苦労してきた事、患者様に対する想い…でも入職時の院長との約束により、病気の事は話せなかった。
のどまで出かかった言葉をグッとしまい込み、その場を乗り切った。

私はいつも不安だ。
ちゃんと人並みに仕事が出来ているかどうか、気にしてしまう。
昨日は思い切って、Aさんに尋ねてみた。
「私は自分がちゃんと仕事が出来ているか心配なんです。前の病院も仕事が出来なくて、辞めさせられてしまったので…」と打ち明けた。
そしたら、「チームが違う(私はⅠで、AさんはⅡチーム)から詳しくは何とも言えないけど、悪いうわさは聞かないよ。」と言われ、ホッとした。
来月、再来月と、人事異動があり、Aさんも違う病棟に異動してしまう。
親しくなれた人と別々になってしまうのは淋しいけど、気持ち入れ替えて頑張っていこうと思う。
手紙
ネット社会である現代において、手紙というものがどのくらい書かれているのだろうか。
私は大の手紙好きである。
小学校時代は転校した友人と手紙を交わしていた。
その後、中学3年の夏、日本郵便友の会(現在は青少年ぺンフレンドクラブという名称)に入会し、国際文通と国内文通に目覚めてしまった。
中学校には、心の底から本音を言い合える、友人というものがいなかった。
いつも仮面をかぶって、友人と接しているようで、自分ももどかしかったし、相手もつまらなく感じていたと思う。
そんな私でも、自分を表現できる場、それが手紙だった。
初めは日本語の手紙でさえ、どういう流れで書いてよいのか分からなくて、年齢差を気にしたりしてしまい、上手く書けなかった。
でも相手を少しずつ知り、多くの出会いを重ね(もちろん別れもありました)、スムーズに書けるようになった。
今では日本語の手紙は、言葉をしゃべるように、すらすらと書いてしまう。
ただ、英文手紙となると、辞書を片手に頑張ってしまう。
今日は旦那が当直でいないので、のんびり辞書を片手に、溜め込んでいた海外からの手紙に、返事を書いた。
3通書くのに、2時間ほど要したと思う。
海外の友人が、手紙を開けたときに、嬉しく思ってくれるように、写真を入れたり、シールを同封したり、イラストを添えたり、気を遣う。
中学3年に出会った韓国のペンフレンドは、現在日本に留学し、早稲田大学で学んでいる。
彼女との出会いにより、国際文通への興味・関心がとても増したように思える。
彼女は日本語学校に通っている時に、私の家に泊まりに来た。
手紙を日本語で書いてくれていたから、相当日本語が上手だと思っていたら、やはりその通りだった。
彼女も高校時代に、本当の友人が中々見つからず、手紙によって自分探しの旅をしたと言う。
似た者同士だと感じた。
手紙はスローでいい。
自分の都合のいいときに開封して、読んで、しまう。
そして都合のいいときに読み直して、返事を書く。
つまり、マイペースにできるのだ。
と、言っても私のメール(携帯やPCの)もマイペースだが^^
手紙によって得た友人は、こちらから連絡を絶やさない限り、別れることはない。
一生涯付き合っていける、大切な相手である。
手紙生活、みなさんも楽しんでみてはいかが?!
放尿
またやられてしまった。
カーテンにおしっこされた!
多分ミケの仕業だ…超臭いし><
朝から洗濯機、ガラガラ回してます。
普通の洗濯物は洗いとすすぎの2回やれば十分だけど、おしっこはさすがに2回じゃ落ちないし…
はァー面倒くさい。。
先日も旦那のバッグの上で、おしっこされたし、洗濯物の上でもやられた。
何だろう、ミケは分かっていて、イジワルするのかな?
だったら知能犯だ!!許せん><
昼寝のし過ぎで…
昨日は夜勤明け。
何だか妙に疲れてしまい、ごろんと横になった。
そのうちに睡魔に襲われて、夕方まで爆睡!
夕飯作りもサボってしまい、ママさんバレーもお休みしてしまい、ぐでんぐでんに寝てしまった。
それが災いして、今夜は眠れない。
昼寝のし過ぎも、考え物だ。
こんな時間にネットやってるのも、不健康だよなァと思いつつも、眠れないので、暇つぶししている。
皆さんも昼寝のし過ぎには、気をつけましょう!
ブログランキング
プロフィールの下にひっそりと書かれている、FC2のブログランキング、ご存知でしょうか?
久しぶりに覗きに行きましたら、メンタルヘルスの部で15位になっていました。
こんなにもクリックしてくれる方がいたとは、驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。
これからもちょこちょこ記事を更新しますので、見に来ていただけたらと思います。

今日は日勤でした。
休日勤務なので、普段は15人ほどいるところを、6人で力を合わせて頑張ります。
朝は慌しくて、やるべきことを一つやり忘れてしまい、午後になってから気付きました。
はァーやっちゃった><って感じです。
ま、仕方ないか。次は気をつけましょう!

病院では3カ月おきに、定期採血というのがあります。
夜勤者が、朝食前に患者様の採血をしなくてはならないので、ちょっとしたプレッシャーです。
採血や点滴はめったにあるものじゃないので、やるとなるとドキドキします。
明日は夜勤です。採血を失敗せずに出来ますように☆
精神科デイケアの思い出
朝晩がだいぶ涼しくなってきました。
今日は朝早くに、あまりの寒さに起きてしまい、家中の窓を閉めて歩いていました。
もう夏も終わりなんだなぁ~今日から9月なんだと実感しました。
今日はデイケアに行っていた時のことを書こうと思います。

私の通院していた病院は、当時、デイケアはありませんでした。
しかし幸いなことに、自宅から歩いていける距離の所にデイケアがあったので、紹介状を書いていただき、そちらに通うことに決まりました。私は中3の2月の終わりに発病したので、半年ほど経った8月からデイケアに通うことにしました。
デイケアに通う前は、朝と昼ごはんは食べるものの、あとは一日中日向ぼっこをしながら一日中寝ている生活でした。
夜、ドラマとかを見て、夕飯を食べて、また寝る。
とにかく寝てばかりだったので、このままじゃまずいと思って、デイケアに行くことにしました。
デイケアに通う前には、看護師の方と面接をして、体調のこととか詳しくお話しました。
通い始めてからも、時々個人面接してくれて、フォローしてもらえていた気がします。
気になるデイケア内容ですが、本当に大したことやっていませんでした。
音楽療法は、メンバーのリクエストした曲をみんなで歌ったり、トーンチャイムというハンドベルのような楽器で演奏したり…って感じでした。
スポーツでは、卓球と、外でテニスを少しやりましたね。
ビリヤードの時間もありました。
手芸で皮工芸を作る時間もありましたが、私は興味がなかったので行きませんでした。
あとは調理実習です。みんなで作って、それを昼食に食べていました。
院内の祭りに出展するクッキーを作ったこともあったかな。
畑作業もあって、少しずつ色んな野菜を作っていました。
とりあえず、そんな感じでした。
特別面白いということもなく、日々淡々と、暇つぶしのように通っていました。
8~11月までデイケアに通っていました。
月火木金のなかで、気に入ったプログラムだけ参加していました。
そこは自由気ままなデイケアだったので、就職目指している人には向かないようなデイケアでしたね。
友人作りができるかなと、淡い期待を抱いていましたが、当時私は15歳。最年少だったし、コミュニケーションが苦手なこともあり、結局親しくできる人は出来ませんでした。
でも入院中に出合った、素敵な女性と、デイケアで再会できて、嬉しかった覚えはありますね。
私は一年遅れでしたが、高校受験を控えていたので、12月からは毎日勉強していました。
中学時代の問題集を総復習して、県立高校の受験に備えました。
公文式の塾にも通っていたので、数学とか英語は得意で、学年を先取りして頑張っていました。
そして見事に高校合格☆
デイケアともすっかりおさらばして、新しい高校生活を始めました。

デイケアは生活リズムをつけるという面では、効果的だったのかなと思います。
でも私のブログのリンク先にある、鮎さんの通われていたデイケアほど、しっかりと段階を踏んだ就職を視野に入れたデイケアではなく、なあなあで終わってしまいました。
当時の私は、就職目的ではなく、生活リズムの立て直しが目的だったので、デイケアはそこそこ良かったのかなと思っています。
これからデイケアに通われる方は、そこのデイケアの趣旨をしっかり理解して、自分に合ったデイケアに行けるといいですね。
今日は、昔の思い出話でした☆