私の感覚 2010年04月
私の感覚
35歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ホッとする。
今朝は歯が痛~い!と憂鬱な気持ちで一日のスタートを切りました。
しかし少しして経営の責任者が私を呼び、「試用期間が今日で終わりです。正職員としての採用に戻したいのですがいかがですか?」と聞かれ、「お願いします」と即答しました。
ドキドキしていましたが、とりあえずいい方向に進み、ホッとしました。
閉鎖病棟の鍵も5月から渡してもらえることになり、仕事がしやすくなります。
一時はどうなることかと思いましたが、ねばったかいがありました。

アレルギー性鼻炎がここの所ひどいです。
部屋の掃除もほぼ毎日やっているし、アレルギーの薬「タリオン」も一日2回飲んでいます。
条件は変えていないのに、ひどくなったり、軽くなったりを繰り返しています。
どうしてだろう…精神状態やストレスなども影響しているのだろうか?
不思議です。
今日はあまりにも鼻水がひどくて、涙目になって、ついに泣いてしまいました。
他のスタッフに心配されたー。。
頭もガンガンしたし…恐るべしアレルギー性鼻炎。
かけもち失敗
歯医者の予約日だったので行ってきた。
そしたらそこの医師が、「ほかにかかったのならば、ウチではもう診ません」とすて台詞。
事務の人に聞いたら、「レセプト上の問題で、2箇所にはかかれないんですよ」、との事。
かけもちで早く治せると思ったけれども、ダメでした。
残念~☆
かけもち
ここの所、歯が痛くて、更に頭が痛くなってきて、口内炎も多発し、最悪の体調なので、歯医者さんに予約外でかかろうと思って電話しました。
そしたら昨日診てくれると言うので、夜行ってきました。
しかし受付の人は「診れます」と言ったものの、先生的には診たくなかったみたいで「今日はダメだ」と言って、治療されずに追い返されました。
ズキズキ痛むと言っても、「知覚過敏だから仕方ない」と言われ、写真も撮らずに帰されました。
今日、また診てもらえないか再度電話したら、予約外では無理ですと言われ、仕方なく他の歯科を探すことにしました。
午後、息子を親に預けて、他の歯科に行ったら、すぐに診てくれて、写真を撮ったら「確実に虫歯ですね…」と言われ神経を抜いてもらいました。
結局右上はもとの歯科で診てもらい、左上は新しい歯科で診てもらうというかけもち状態に。
でも一箇所でちまちま治療するよりも、平行して治療が進められれば時間短縮になるからいいのかな?
あーでもそれにしても歯が痛い。
歯が痛いと、頭までガンガンギューギューしばられるように痛くなるので、精神衛生上よろしくない。
早く治してしまいたいです。
とほほ、自業自得と知りつつもやはりしんどいものはしんどいわー
責任を持つ
今日は仕事をしていく中で、思うことを書こうと思う。

精神科病院の看護師として働くということは、患者さんの一生について責任を持つということだと、私は思う。
精神科病院に一度入院すると、家族が熱心に働きかけるか、本人の自立に対する能力が高く周りのサポートが十分でないと、退院することはとてもムズカシイのだ。
入るのは簡単、出るのはムズカシイ…という不思議な現実。
私たち看護師は常に患者さんの希望に耳を傾け、「どう生きたいか」というニーズを把握していかなければならないと思う。
患者さんの希望に対してスタッフが否定的見方をしてしまうと、患者さんは一生病院にいなくてはいけないような人生になってしまう恐れさえある。
だから精神科看護師はそういう意味でも、患者さんの一生について責任を持つ、というプレッシャーを感じつつ仕事をしていかなければならないと思っている。

働いている病院にAさんがいる。
彼は40歳くらいの独身男性。
ごく軽い知的障害がある統合失調症の患者さんだ。
彼は1年半くらい前より状態が悪化し、保護室という個室にずっと入りっぱなしである。
問題は「状態が悪化し…」という部分を、誰がどのような視点で判断し、誰がどのように評価し、誰がどのように継続看護していっているか、ということである。
多くのスタッフが「彼は時々問題行動を起こすから、保護室からは出せない」と言う。
じゃあ、その問題行動って何だ?と私が記録を読んで調べると、それは主に失禁であった。
本人にそのことを聞いてみると、「昼間は起きているからトイレでできるのですが、夜は薬が効きすぎてトイレに起きれずに深く眠ってしまうのです。」との事。
それじゃあ、夜間だけリハビリパンツを着用するとか、決まった時間にトイレ誘導に起こしてもらうとか、方法はいくらでもあるだろうに…と思った。
しかしスッタッフの多くは「彼はわざと失禁する汚い問題行為をする患者だ」と捉えていて、看護が成り立たない。
私がもし夜勤に入るようになって、彼の担当になったのならば、ちゃんと対策を立ててあげたいと思うが、今は担当が違うのでどうにもできない。
Aさんに「~さん(私のことです)がケアワーカーさんだったらいいのに。」と言われた。
「どうしてですか?」と聞くと、「病院に一人いるケアワーカさんは話をしたいと思っても話を聞きに来てくれない。
今後のことを考えたいと思っても、相談できる人がいないんだ。」との事。
うーん、たしかにケアワーカーさんは1人で100人以上の入院患者様を受け持ち、その他にも外来の患者様の相談にも乗っている。体がいくつあっても足りないくらい、仕事が多いのは事実だろう。
でも必要としている患者さんに対して支援が行き届かないのは問題だと私は思った。

まだ職場復帰したばかりで、あれこれ言える立場じゃないけれど、少しずつ守備範囲を広げて看護にあたって行きたいと思う。


仕事2日目
今日は仕事の日でした。
朝は6時半に起きたのですが、正直眠くて、もう少し寝ていたい…と思ってしまいました。
でもちゃんと起きて、洗濯して、風呂掃除して、息子にご飯食べさせて、ミルクあげて、部屋の掃除して、8時には出勤。
子供がいると朝はやること多くて、あっという間に時間が過ぎます。
子供がいないときには、7時50分に起きて、8時に出勤~みたいなテキトーな生活していましした。
でも今は掃除も洗濯もごはんもしっかりやらんと!大変だぁ☆

仕事の方は今日も楽しかったです。
パソコンで書類作ったり、患者さんに直接ケアをして、リフレッシュできました。
体調も相変わらず歯が痛くて痛み止め飲んでいたけれど、精神科の頓服は必要なかったです。
明日はやっと歯医者の日です。
なんで歯医者さんで次の予約を取るとき、いつも1週間以上間を開けなくてはならないのだろう。
私は痛いから、チャッチャと治してしまいたいのですが…
そういうわけにはいかないのかな?
明日、早く治してしまいたい希望を伝えてみよう。

少し前にまいたききょう咲き朝顔の種がゾクゾクと発芽している。
ウチは土地がないので、公園のフェンス沿いに植えようかなぁ~と考えています。
そのためにも、公園の草むしりもしなくっちゃ!
草ぼうぼうになると、近所のおじさんが除草剤をいつもまきます。
今回は除草剤をまかれる前に手を打たねば!
猫もトイレするから、あまり除草剤は使ってほしくないんだけれどもね^^
復職一日目
一日目の仕事を終えました。
感想は「楽しかった」の一言に尽きます。
長い間、家にこもりきりだった私にとって、職場の風を吸い込むというのは、実に気持ちいいものです。
先日体験したクリニックの仕事よりも、精神科病院での病棟看護の仕事の方が、自分に合っているとしみじみ感じました。
約1年ぶりに病棟に戻ったわけですが、患者さんの多くは私のことを覚えていてくれて、みんな声をかけてくれます。
ありがたいことですね。

気になるスタッフとの関係ですが、思っていたよりも普通に大丈夫でした。
心の中では「うーん」と思っているスタッフもいるのかもしれないけれども、表面上は皆さん普通に接してくれるので、業務上特に支障が出ることはありませんでした。
病棟内で勤務異動があったので、私が一緒に働いたことのない人もかなりいますが、少しずつ慣れていければいいなと思っています。
私は閉鎖病棟に勤務なのですが、今月中はカギをもたせてもらえないので、新人さんみたいに他のスタッフに頼んで開けてもらったり、金魚の糞みたいにくっついて歩かないと仕事できないので、何かと不便です。
でも仕方ない、今月中は真面目に頑張って、そこそこやれるんだと認めてもらうしかないですね!
まぁ、リーダー業務をつけられないだけ、楽なのでヨシとするか^^

体調の方は歯が痛いだけで、心配していた頭痛もソワソワ感もボーっとした感じも生じなかったので、頓服も必要ありませんでした。
今月中は一日おきの勤務なので気が楽です。
来週も体調整えて頑張りたいと思います。
尽力
職場との話し合いの結果、働かせてもらえることになりました。
しかし、いきなりだと不安なので(病院側も私も)、今月いっぱいは非常勤で週3日勤務ということになりました。
また、何か問題があったときは病院側の指示に従います、という文章に一筆サインさせられました。
事務の方(院長の次に経営に責任のある人)が私の熱意をかって、院長と交渉してくれたようです。
ありがたいことですね。
しっかりと働けるように体調管理を気をつけて行きたいと思います。

…なんて言っている矢先、虫歯が悪化し、一昨日は眠れない夜を過ごしました。
そして諦めて歯医者に通うことに。
昨日はきっと痛いんだろうな…なんて考えているうちにビビッて気分悪くなり、ヒルナミン10mgを久しぶりに飲みました。
ボーっとしている中、治療してもらったのですが、診察室を出る時に意識が途切れて倒れました。。
(あーヒルナミンじゃなくて、PZCにしておけば良かったと後悔!)
なぜか気がついたときには、酸素マスクと血圧計がつけれられて~あれ…そんなに大事じゃないんだけど、と思ったのですが、うまく説明することもできずそのまま横になっていました。
久々にヒルナミン飲んだら効く効く~効きすぎてボーっとして、車の運転が怪しいくらい意識が朦朧として…
たった10mgだぞ?!と思いつつもどうすることもできず、横になっていて、結局、親に迎えに来てもらって帰りました。
その後、職場で働いてもらって大丈夫なので日にちを決めましょうということを話してきたのですが、眠い眠い、まぶたが下がってきてどうしようもなかったです。
事務の担当者が、「いつもと違ってボーっとしているみたいですけれど…大丈夫ですか?」と聞いてきたので、まさか頓服のチョイスを失敗したとは言えず、「昨日虫歯が痛くて眠れなかったのですが、今日治療して痛み止めをもらって、先程飲んだら急に眠くなってしまって…」と言い訳をしました。
う、ううー、苦しい言い訳ですね。。
かぶせてあった所の虫歯が進行しすぎていて、神経が炎症を起こしていたみたいです。
神経を抜いて、根の治療をしましょうと言うことになったのですが、何度か通わなくてはいけないみたいです。
私は歯医者のあの音とニオイが苦手。
そして更に詰め物をして、違和感があると、どうも脳ミソが引っ掻き回されたような不快な感覚に陥り、もの凄く調子が悪くなります。
早くかぶせてもらって落ち着きたい…ですが、しばらくは通って、根の治療のたびにかぶせてあるものをとって消毒(?)するしかないみたいで、気が重いです。

お買い得!
今日、行きつけのスーパーに買い物に行ったら、めかじきのハンパものが100円で売っていました。
まぐろとかかつおのハンパものはけっこう見かけるけれど、めかじきは滅多にありません。
今日はラッキーだと思い、買いました。
一口大に切って、しょう油とお酒で煮ました。
猫たちも「くれくれ~」と言うのであげて、旦那も酒を飲みながらうまいうまいと食べていました。
今日は本当にいい買い物をしました。
めかじきの煮汁で切り昆布を煮たら、それもおいしくできました。
今日はささやかな贅沢な夕飯になりました☆
保育所4日目。
今日からお昼ご飯が保育所で出ました。
離乳食をひとりひとりに合った形態で調理して出してくれるので、ありがたいなーと思います。
息子は食欲旺盛で、出されたご飯をぺろりと平らげ、その上フォローアップミルクを130cc飲みました。
「食べっぷりいいから心配ないですねーミルクもこれだけ食べれていれば、フォローアップミルクに変えても問題ないですよ」と言われました。
家で離乳食をあげていても、これで本当に十分な量なのか心配になっていました。
でも保育所のスタッフが心配ないと言ってくれたのでホッとしました。
今の在庫が切れたら、うちでもフォローアップミルクにしてみようと思います。
普通の育児用ミルクよりもフォローアップミルクの方が400円くらい安いので助かります!
息子は慣らし保育を終えて、家に帰ると、片時も私のそばを離れようとしません。
すごく甘えん坊になった気がします。。
またそれもかわいいんですけれどもねー^^

一度決まったクリニックから、「もっと条件のいい人が見つかったので、お断りします」と言われたー
ちょっと凹んだよ。
言われたことが、「2人目子供ができたらどうしますか?」「恵まれれば産みます」「そうですか、休まれるとこちらも困るんですよね。」「・・・」それは産休育児休暇は認めない、ってことか?!
そう思って条件はあまり良くないのかもしれないと思って、仕方なく諦めました。
看護師が二人とか三人の職場(クリニックや特養)は休みが実質取れないのだろうな。
せめて病院か、老健じゃないと看護師たくさんいないからなぁ…
諦めずに次探すぞー☆
土曜日にまた面接があります!ドキドキ。
保育所スタート
いよいよ始まりました。
送りに行って別れる時にやはり泣かれる…
でも迎えに行くと満面の笑み。
かわゆい☆
頑張って慣れてくれ、息子よ!
薬の効果
あまりも吐き気ひどいので、薬もらってきました。
ナウゼリンとガスモチン。
一般的な薬ですねー
今のところ効いてくれて、吐き気治まっています。
よかったよかった!