私の感覚 2011年07月
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

起きれない。
昨日は20時には布団に入った。
でも寝苦しくて、何度も夜中目が覚め、その度に間食をしていた。
空腹で満たされなくて、寝心地も悪くて…
何だかなぁーって感じ。
今日は朝、体がだるくて全く起きれない感じだった。
何もできずに流れに逆らわず、眠っていた。
お昼にかろうじて目が覚めて、昼食をとり、また眠ってしまって、起きたのが16時ごろ。
何もしないで今日も一日終わってしまう…
ダメダメダメ、こんな生活、誰も望んじゃいない。
どうしたら力が出てくるかな…

眠りふける
今日は朝から晩まで本当によく眠った。
クーラーもつけないで、むしむしした家の中で転がっていたせいか、起きたら頭がガンガン痛かった。
夕飯も作る気力がなくて、ご飯だけ炊いた。
のどが痛い…風邪引いたかな?
一日中眠りふけって、体力は回復してもいいはず…でもなぜかだるいです。
旦那は動きすぎて調子悪くなるよりは、おとなしく寝ていてくれたほうが安心だと言ってくれますが、何もしない非生産的な一日を送ると、さすがに自分の心が虚しく感じます。
明日は職場に挨拶に行って来ないと!
最期の勤務を果たせぬまま入院してしまったので、荷物とか取りに行かないと行けません。
何となく行きづらいけど、勇気を振り絞って行ってきたいと思います!
ああ、私はホント何やってるんだろう…
二度寝
今日は朝6時には目が覚めるが、体が重く、頭も覚醒しなかった。
パンをかじった後、再び床へ入っしまう。
二度寝はものすごく気持ちよかった。
何だかいい夢を見ていた気がする。
午前中いっぱい眠っていた。
暑くて暑くて目が覚めたのがお昼過ぎ。
シャワーを浴びた後、着替えて自転車で買い物へ行った。
小女子が食べたくて買った。
夕飯に小女子を皿にもって出したら、好評!
私はもちろんのこと、キティやかずくんがパクパク。
あっという間に皿は空になりました。
今日はきんぴらごぼうにサラダ、小女子、キャベツの味噌汁とヘルシーな食卓になりました。
明日はクリニックに通院する予定。
久しぶりだな・・・
別れと出発
今日、私はこの病棟に別れを告げる。
思い起こせば10日前、私は仕事から逃げるようにして、この病院に入院した。
あの前日の落ち着かなさは、私の心が発したSOSだったのかもしれない。
「苦しいよ、しんどいよ、助けて」と。

私にとって特養での仕事は、貴重な体験だったと思う。
利用者さんの名前を覚えて、少しずつお話ができるようになって、日々の生活をサポートする。
私にとって大きな喜びだった。
でも私は何で手放してしまったのだろう。
結果としては病状の悪化ではあったけれども、やはり自分の目の前で消えゆく命の淋しさに耐えられなかったのだと思う。
誰にでも最期はある。
その最期に向き合うことは、私には重荷だった。
その人がどうしてあげたら幸せになるか、どういう生き方がその人らしく生きるということなのか、私は考え続けた。
私には答えは出せなかった。
少なくとも家に帰りたいという想いを抱いている利用者さんの声を、聞こえなかったかのように家族とスタッフとでその人の人生を決めていくのが、とても悲しかったのだ。
ここでは利用者さんが大切に扱われている、という事実だけが仕事を続ける原動力となっていた。
でもそんな私もエネルギー切れ。
ダメだった、もう私にはゆとりがなくなってしまった。

私にはカラダをちゃんと看れるだけのベースがない。
だからリーダーをやった日には、いつも本当にこんな私で大丈夫なのだろうかと、不安が付きまとった。
こんな私が、人生の最期に関わっていいのだろうか、といつも自問自答していた。
いつも不安で、自信がなくて、皆に聞いてばかりで。
精神科で働いていた時も自信なんてなかった、けれども患者さんと関わって、記録して、プラン立てて、評価して…というのがとてもおもしろかった。
どうしたら患者さんが社会とつながり、希望を持って、日々楽しく過ごせるか、一緒に考えていくことにやりがいを感じていた。

私には何が向いているのだろう。
いくつも仕事は変わった、そのたびに苦労した。
でも私は成長した、ほんの少しずつだけれども。
私は仕事がしたい。
でも看護師としてやっていく自信は、今はない。
少し離れて、農業をしてみることにした。
次に私がやる仕事は、ごきげんファームでの農作業。
就労移行支援というのを利用する。
学びと訓練の場。
学生に戻ったつもりで、一からがんばってみようと思う。
私のとってこれからの2年間、かけがえのないものになると期待して。
感謝
私は助けられた。
眠れなくて辛い時に、ふらふらで歩けない時に、めまいでしゃがみこんでいる時に。
温かかった、心も身体も。

私は嬉しかった。
旦那がいつも息子を連れて会いに来てくれたこと。
留守中、家をきちんと掃除したり、花に水をやっておいてくれたこと。
育児日誌もちゃんとつけてあったね。
とても頼もしいよ。

私はゆっくり休めた。
この落ち着ける環境、気さくにおしゃべりができる仲間、温かなスタッフの気遣い。
休むことは一人では難しい。
でもここにいると心が安らぎ、いくらでもゆっくり休めるんだ。

どうもありがとう、Mホスピタルのみんな!
忘れることは、良くないこと?!
最近、アルツハイマー型認知症の薬で、貼るタイプのものが発売された。
飲み薬だとうまく飲めない人や、飲むのを拒否する人なんかにも使えるという。
これを貼ると、物忘れの進行がゆっくりになるのだ、とか。

私は「忘れる」という機能は、頭をパンクさせないための処方薬みたいなものだと思う。
人間は多くのことを記憶するが、限界がある。
忘れるということは、それが自然なのであり、忘れることで、過去や未来のことで思い悩むことがなくなる。
つまり将来のためではない、今一瞬を大切に生きていくようになるのである。
人は高齢になると、病気が出始めたりして、いつ死ぬのか分からない状況となってくる。
その死を恐れるのではなく、今ある環境をそのまま受け入れて今を生きること、それがアルツハイマー型認知症の人の人生なのだと思う。

ただ私は忘れっぽくなったことがある。
統合失調症が悪化したときのことだ。
生活に支障が出たし大変だった。
私は幸い治ったが、もしあの時、忘れっぽくならなければ、子供に対して申し訳ない思いで、自殺していたかもしれない。
辛く苦しい心を、忘れっぽく深く考えない頭が救ってくれたのだと思う。

忘れることは悪いことですか?
「忘れる」って機能は、頭でっかちになり過ぎないように設計された、神様からのプレゼントなのではありませんか?
体の調子がなんか変!
落ち着かない夜だった。
久しぶりにベゲA2錠飲んだ。
何とか眠れたけれど、やっぱり変。
入院するかも、です。
消耗性疾患
つくづくこの病気は消耗性疾患だなと思う。
だって、何もしていないのに、そこに存在しているというだけで疲れてしまうのだから。
今朝は目が覚めて、何もまだしていないのに、どっと疲れていて、起きれなかった。
仕方がないから、仕事は休んで、眠っていた。
午前中いっぱい寝たら、ようやく動けるようになって、買い物に行けた。
こんな状況だもの、看護師として働くなんて無理だよね。
自分の状態をちゃんと把握しなくちゃ。
どのくらいまでなら働けるのか、動けるのか、やれるのか。
その辺を知っておかなきゃ、また無理を重ねて入院!なんてことになりかねない。
今年の目標は何だったっけ?
そう、入院しないで乗り切る!だよね…でも自信ないな、正直。
疲れて疲れて、何もかもが嫌になってしまうことがあるんだもん。
ダメねぇ~でも消耗しきっている私には、なす術がない。
どうしたらエネルギーがみなぎる感じになるのかしら?

ポティロンの森
今日は家族とポティロンの森に行ってきました。
稲敷市(旧、江戸崎町)にある農業公園ですが、駐車場は広いし、公園内も広大な敷地です。
息子はおとなしく私たちの後をついてくることはなく、一人でじゃんじゃん進んでいきます。
だから目が離せませんでした。
ブルーベリーソフトクリームを一つ買い、3人で分けっこ。
息子は喜んで食べていました。
甘酸っぱくて美味しい味でしたね。
あとは水遊びができる、水深45センチ程度のプールがあって、そこでジャブジャブ遊びました。
私は入らないつもりだったのですが、息子が目をきらきらさせていたので、負けて一緒に入りました。
今度来るときは水鉄砲とか、プリンカップとか持ってこようかな。
子供にとっては楽しい場所みたいでした。
帰りに年間パスポートを大人2枚買いました。
子供は4歳以下は無料なので。
2枚で3000円でした。
入場料は障害者割引で1000円だったので、あと3回来れば元は取れそう。
きっとまた水遊びに来ることでしょう。
今度来たときは、奥のほうにある動物がいるエリアにも行ってみたいな♪
今日は暑くて、奥までは行かずじまいでした。
楽しく一日が過ごせてよかったです!
卓球
今日は1年ぶりぐらいに卓球をしてきた。
スポーツクラブに出かけたら、顔なじみの方がいて少しホッとした。
3人で相手を交換しながら1時間ほど汗を流した。
子供が待っているので途中で帰ったが、爽快感が後に残った。
やっぱりスポーツはいいものだなぁー
来週は仕事で行けないけれど、再来週からはまた卓球を始めたいと思う。
レッツ・プレイ・テーブルテニス!!
誘惑
私は誘惑に弱い。
美味しそうなお菓子があると、明日にしようと我慢できず、ついつい食べてしまう。
だからお菓子はなるべく買わないようにしている。
しかし昨日は違った。
ツルハドラッグで、商品入れ替えのため、お菓子が半額セールをしていたのだ。
これはお買い得!とスナック菓子を4つも買ってしまった。
結果起こったことは、2つをその日のうちに食べ、1つを夜中に食べ、最後の1つを朝に食べてしまったのだった。
カロリーオーバーもいいところだよ…せっかくダイエットに励んでいるのが、パーになってしまう。
今日の夕飯は控えなくてはね。
そうそう、こころの元気という雑誌でやっていたけれど、「噛み噛みダイエット」というやつ。
何でも食事はよく噛んで、どろどろになってから飲み込むことをするというもの。
時間をかけて食べることとよく噛むことが、満腹中枢にいいらしい。
スナック菓子というのは、よく噛まなくても、スーと溶けるようになくなっていってしまう。
だから満腹中枢が満腹を感じにくいのよね。
おやつとして食べるならばりんごとか梨のほうがいいのかもしれないね。
私は現在65㌔、目標値は60㌔なのです。
どうやってやせるか、やはりおやつを控えること、に尽きるでしょう。
あとはなるべく活動することかな。
がんばろうっと。
夢を抱く
仕事が、ただ誰かのために仕える事になってしまい、夢や希望がなかったら、面白くないと思う。
あれがしたい、これもしたい…と、やりたいことが沢山あって、尚且つ達成時期や具体的内容が決まっているって、すごくやりがいがあって楽しいと思う。
私は後者を仕事に選んだ。
これから私はお金のためではなく、本当にやりたかったことを、仕事として選んでやっていく。
いつから働くかはまだ未定だけど、スタートを切れる日を心待ちにしている現在なのだ。
私が働く場として選んだのは「ごきげんファーム」。
興味のある方は、ぜひ一緒に働けたらいいいですね。
遠方で応援してくださる方は、ぜひサポーターになってくださいね☆
乗り切った。
今日は仕事だった。
だるいしお腹は痛いし吐き気はするし…で微妙な体調だったけど、何とか一日を乗り切れた。
仕事をするのは、あと3日。
そう思うと、がんばれそうな感じがする。
仕事の最後が見えないと、重くなってつぶれてしまうけれど、あと少しだと思えば何とかkやれそう。
大変だった一日、何とか薬を飲みつつやれて、本当によかった。

明日は就職するかもしれない所に、見学に行ってくる予定。
どんなところかわくわくドキドキです!

筋肉痛
昨日の朝、久しぶりにラジオ体操をやった。
6時半からラジオNHK第二放送でやっているものだ。
真面目にやったせいか、今朝は筋肉痛が現れた。
肩から胸にかけて、ギシギシいっている。
いかに日ごろ運動していなかったかが分かる。
今日も6時過ぎに起きれたので、ラジオ体操をやった。
ギシギシしているところを、意識的に伸ばすようにした。
ラジオ体操を終えたら、すっきりした気分になった。
明日もラジオ体操をやろうかな。
朝、体を動かすと、気分爽快になるんだよな。

動き出す。
今日はハローワークに行ってきた。
障害者枠での求職活動をしたいと伝えたら、書類を2枚書くことになり、そのあとに親切な職員さんと面談をした。
私の希望は町内でなるべく近い所。
職種は製造業以外で、できれば看護師か清掃業か農作業。
検索をかける。
ざざっと一覧表が出てくる。
うーん、これだ!っていうのがない。
そりゃ、狭い町内限定にしているからさー
今度は少し範囲を広げてみるしかないかな。
けっこう検索したのを見ていくのは地道な作業。
疲れたからまたの機会にしよう、と終了!

リフレッシュに一人カラオケしました。
たっぷり2時間歌って、540円。
クーラー効いたところで、一人で熱唱できて大満足です。
明日は仕事。
あと少しだけど頑張ろう。
肩の荷が下りた。
今日は寝不足の体を奮い立たせて仕事をした。
だるかった。
上司と話し合いをして、「やはり勤務に穴を空けられるのは困る」、と言われ、「すべての勤務を不調なくこなすのはおそらく難しいだろうから、迷惑がかかるので辞めさせてください」、と伝えた。
今月でお仕事は終わりになる。
肩の荷がすっと下りた思いだ。
「3人勤務のときは休んでも何とかなるけれど、2人勤務のときは絶対出てきてね」と言われた時のプレッシャー。
その日体調が悪くなることは許されない…そう思うと大変なプレッシャーだ。
胃が痛くなる、とまではいかないけど、気持ちはブルーで食欲がうせる。
ああ、早く終わってほしい。

次は障害者雇用か福祉的就労でもしようかな。
稼げないだろうけど、仕方ない。
体力づくりだと思って、何事も前向きに進んでゆきたい。
お気に入り
息子のお気に入りのおもちゃがある。
100円均一でばぁばが買ってきてくれたものなのだが…
ねじ式で、ねじを巻いて床に置くと、じじじじーと音を鳴らし、前に進んで行きます。
趣味の悪い青虫のねじまきおもちゃなのです。
黄緑色のボディに、黒と黄色の斑点。
とてもとてもかわいいと言える代物ではないです。
それなのにそれなのに、息子は…
ニコニコして「ハイ!」と私に渡して、ねじを巻いてあげるとまた床に置いたり、ひっくり返したり、向きを変えたりして飽きもせず遊んでいるのです。
どうせならもっとかわいいおもちゃで遊んでほしい…と思う母なのでした☆
心づかい
今日は夕立がすごかったですね。
雷もごろごろ、すこしだけ停電も。
雨の中迎えに行き、少し保育所で雨が弱まるのを待ってから帰りました。
帰り道、傘を差した女性が一人、私が車で通り過ぎようとしたとき、傘を横に倒していました。
あれ?何やっているんだろう…とふと思いましたが、すぐに車の水しぶき避けに傘を倒したのだと気付きました。
そうです、私も学生時代、車からの水しぶきを避けるために、よく傘を倒していたものです。
それなのに、なぜ気付かなかったんだろう。
歩行者がいたら減速すること、そんな当たり前の心づかいさえ忘れてしまった。
いけないいけない…
心に日ごろからゆとりを持たなくっちゃね。
そう気付かされた雨降りの日の出来事でした。
弱気
なぜだろう、仕事に対して弱気になっている。
以前は(何とか体調をコントロールして、仕事を頑張らねば!)という気持ちで、頑張ろうという気力がわいてきていたのに、今は…
何だか仕事なんて辞めてしまってもいいや、私には勤まらない仕事だったんだ…
と、とても弱気になっています。
前の精神科病院は、絶対辞めたくないというこだわりというか執着心があったのですが、今の職場はなぜか執着心はなく、できなければできないで諦めようという境地です。
こんな考えでいいのだろうかと思うけれど、もうがむしゃらに頑張ろうという気力がわいてきません。
何だか疲れてしまいました。
今後の事は月曜日に話し合ってきます。
統合失調症でも頑張れるんだ、と見せてやりたいけれども、実際はやはり病気だから休みがちで、結局は勤まらないんだと思わせるようになってしまうんだろうな。
悔しい、けどもういいんだ。
疲れてイライラするのはもう嫌だから、自分にできる範囲の事を淡々とやるだけだ。