私の感覚 2011年12月
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

弱気
昨日は「薬無しで頑張るー☆」なんて言ってみたけれども、やはり薬を飲まないということは辛い。
昨日の夜はほとんど眠れなかった><
しかも何故だか分からないが、足がむずむずして落ち着かない感じになるし。
結局のところ私は弱いのだ。
対策は、今日家族と一緒にクリニックを受診し、主治医共に考えることとする。

昨日はうちの猫2匹の予防接種に、動物病院へ行った。
本当は地震があったころに今年の分を打つ予定であったが、そんな余裕がなかったのと、私が体調を崩してしまったのもあって延び延びに。
久しぶりに行ったら、サワーちゃんは150g太り、キティは100gやせていました。
思わず先生や助手さんも苦笑い・・・
サワーの食事の指導を少ししてもらい、キティは耳の傷の診察も受けた。
とりあえず今年の動物たちのビッグイベントは終わり、私は安心して年越せることになった。
模様替え
昨日は躁状態で頭が興奮していた。
だからあえて頭を使わない過ごし方をしようと思い、日中は部屋の模様替えと大掃除をした。
まず部屋の布団とコタツ布団と敷物すべてをベランダに干す。
そしてベッドやコタツを移動しながら、床と壁の拭き掃除。
そしてテレビやキーボード、パソコンの場所も変えてみた。
最後に布団やコタツを新しい位置に置きなおし、終了。
午後は作ったばかりのこたつに入って、年賀状書きの続きを行った。
9割方書き終えたところで、16時。
息子の迎えに行って帰ってきたら、何だか私は疲れてしまい、ストーブの前で転がって新聞などを読んでいました。
息子に「お母さん、すっごく疲れていて、動けないのー寝てていい?」と聞いたら珍しく「うんうん」と頷いてくれた。
いつもなら首を横に振って抱きつかれたり、絵本を次々と読まされるのだが、昨日は素直で助かった。
そしたらそしたら、だ。
息子はあぶらねんどを取り出し、小さな丸を沢山コップに入れて、スプーンをさして、私に「ハイ、どうぞ!」とくれた。
あらあら、優しいのね。
ちょっぴり心が温かくなりました。

昨日は頭が躁で疲れていたのにも関わらず、日中部屋の模様替えなどで動き回ったためか、夜はぐったりしてまさにエネルギー枯渇状態に陥ってしまいました。
頭の躁状態が続くと、かなり心と身体にダメージが来る。
そんな時、今までは頭の躁を沈静化するために、ベゲタミンとかコントミンを飲んでがーッと眠ってしまう方法をよくとっていた。
しかし私は今後妊娠を希望しているので、薬に頼らずに頭の躁状態をやり過ごし、心と身体とのバランスをとる方法を模索している。
過去の生活を思い起こすと、大体1~3ヶ月に1回はこのような頭の躁状態がやってくる。
なので、1年間で5回程度は躁状態のやり過ごし方の勉強ができるというわけだ。
仕事をしていた時は、勤務に穴を開けないことを目指すため、薬で無理やり沈静化させる方法をとっていたが、今は自由の身なので、薬に頼らない、うまいコーピング方法を身につける工夫を重ねていきたいものである。
あぶらねんど
息子が最近料理に目覚めた。
きっかけは多分、しまじろうのおもちゃでフライパンが届いた頃からだったかな?
小さなフライパンで、付属のキットのお野菜やハンバーグ、卵をお料理し始めたのだ。
その後、踏み台を使って台所の流しに立ち、エプロンをつけて水遊びをするようになった。
本物では、私がハンバーグ作るよーと言うと、ケチャップとソースを「にゅ~」と出して、ぐるぐる混ぜてくれるのである。
あとはおもちゃのフライパンの中に、私の碁石や拾ってきたどんぐりを入れてかき混ぜたりする。
この間は食べようと思って買ってきた銀杏まで、危うく料理されてしまうところだった。
臭いから辞めてくれって!!!

そこで、だ。
私はふと思いつき、100円均一に出かけて、息子にあぶらねんどを買ってみた。
帰って来て早速息子とこねこね。 
私は細長く伸ばして「きゅうり」を作成。
息子にねんどべらを持たせて、「これからキュウリをトントンします~お母さんの真似して下さい!」と言ってやってみせたら、息子もカタチはいびつながらも何とか切れた。
その後は私が、せんべい、トーストを作って見せてあげた。
「何を作って欲しい?」とたずねたら、「ママ、パパ、クッキー」と言い、リクエストに応えてあげた。
中々楽しい遊びである。
私自身、子供の頃ねんど遊びが大好きだったので、子供と一緒に遊んでいて癒されました。

今回はねんど2個、ねんどの箱、ヘラを買ったので420円。
これでしばらくは楽しめそうなのでよかったです^^
もう少し大きくなったら、もっと色々上手に作れるようになるだろうから、そしたら紙粘土を買って、人参や大根、トマトなど作って、乾燥させて、絵の具で色を付けて、ニスを塗って、…
おままごとで使えるような素材を沢山作りたいなーと思っています。
夢が膨らんできたなぁ…むふふ☆

子育てをする、ってことは、自分の子供時代を思い出させてもらえて、時には一緒に子供心に戻って遊べて、本当に楽しいことだなーってこの頃、思うようになってきた。
これからも楽しく共に歩んで生きたいものである。
セロクエル
薬を整理していて思った。
私はセロクエルが好きだな、扱いやすいな、と。
理由は薬のシートに賞味期限(?)がちゃんと印字されているから。
薬を溜め込む癖のある私にとって、どれが古いものか分かるということは、どれを先に飲むかが瞬時に決まり、悩む必要がなくてよい。
まあ、でも賞味期限が過ぎても、きっと捨てないで、とっておいて飲むこともあるだろうが…
何ていったって、15歳の時に処方されたものを22歳の時に飲んだこともあるくらいだから!
意外と普通に大丈夫なんだよね。
保存状態がよかったからかな?
あ、もちろん分封じゃなくて、シートで取っておいたやつですよ。

さて、今週は月曜日、火曜日と死んだように眠っておりました。
水曜日、精力的に家の窓拭きと丸ぼうろ作りをしました。
木曜日、畑に行きました。
この冬、初の春菊を収穫して食べましたよ。
金曜日、大量の洗濯物を干して、クリニックに定期受診に行きました。

そうそう、水曜日に「丸ごとバナナ」(ヤマザキ)が食べたくなり、自分で似た作品を作ってみました。
ホットケーキミックスを、卵を四角く焼くフライパンで焼きます。
長方形のホットケーキを作って冷ましておきます。
次に生クリームを泡立てます。
ラップを敷いて、ホットケーキに生クリームを塗って、バナナを置いて、くるくる巻いていきます。
最後に厚紙で包んで冷蔵庫へ。
冷たい丸ごとバナナはボリュームたっぷりで美味しかったです!
自分で作ったから、沢山できて、いくつも食べれてすごい満足でした~
旦那も食べたら「コレ、美味しいけれど腹にたまるなぁ…」なんて言っていましたよ。

今日もこれから実家に行ってお泊りです。
旦那が仕事のあと、忘年会をするんだとか。
付き合いって大変ねぇ・・・
晴天なり
木、金と天気が悪く、作業所をお休みしていた。
家で年賀状書いたり、掃除したり、料理を気合入れたり、とちまちま動いていた。
今朝起きたら、ものすごいいい天気!
嬉しくなって、洗濯機をガンガン回し、布団を干して、部屋中の掃き掃除。
猫トイレも外に干しました。
窓を開け放って、空気を循環させて、結露をとる。
気分爽快です。
息子と早朝散歩、といっても時計は8時ちょっとすぎだけども。
ニワトリさんが鳴いていました。
近所のおばちゃんが洗濯物を干していて…「白猫で緑の首輪をしているのは、お宅の猫ちゃんですか?」とたずねてみた。
そしたら「ああ、うちの三郎だよ。去年亡くなった太郎ちゃんの子供だよ」と。
ここ最近、我が家には猫の新顔が次々とやってくる。
入れ替わり立ち代り色んな猫が、外に出してあるカリカリを食べていく。
よく見かけるのは白猫が3匹、ぶち猫が1匹、黒猫が1匹。
首輪をしているのは、白猫三郎ちゃんと黒猫だけ。
その他は、飼い猫か野良か不明、だけどかわいいんだよね^^
新しい顔が次々とやってくるということは、うちのサワーが魅力的な女性なのか、キティのボス勢力が弱ってきているのか、理由は定かではない。
でもそろそろキティが近所の女ボスだった時代も、確実に終わりが近づいている、というのを感じさせられる。
はあ~、時代の移り変わりを感じますね。

今日は実家に泊まりに行きます。
旦那が東京でライブやりに行くので。
湯たんぽを大きいのを作って、キティには置いていこう。
寒い夜、少しは慰めになりますように。。

丸ぼうろ
旦那の実家は長崎だ。
長崎のお隣は佐賀県。
昔、子供の頃のおやつといえば、佐賀の丸ぼうろが定番であったみたい。
千葉に住んでいた私の子供時代のおやつの定番が、ふかし芋と乾燥芋であったように。 
旦那にとって丸ぼうろは懐かしのおやつで、いつ食べても旨いという。
先日長崎に帰省した時に、旦那はスーパーで丸ぼうろを購入していた。
でも夜中におなかが空いて、私がその大部分を食べてしまい、旦那はほとんど食べれなかった・・・と、今になってちくちくと嫌味を言うので「ならば私が作ってあげるよ」と豪語。
早速ネットでレシピ検索をし、数日前から作り始めた。
いろんなレシピがあって、どれを採用するか迷ったけれど、強力粉と薄力粉を混ぜるタイプと、薄力粉だけで作るタイプを作り試し、数回試作し、「うんうん、この味、この焼き加減」と旦那を納得させる品を作ることがやっとできた。
粉200gに対し、砂糖150g、はちみつ大さじ1の甘さ。
(あ、でもうちははちみつを切らしているので、メープルシロップを替わりに使っていますよ。)
それがレシピどおりであるが、さすがにカロリー高すぎるだろと思い、今日は120gの砂糖にして作成。
意外と甘さはそんなに変わっていなくて、もう少し砂糖減らせるかも…という感触。
でも旦那いわく「すごい甘いところがまた美味しいんだよね~☆」と。
丸ぼうろの原料は、薄力粉、砂糖、卵、重曹、生地が固い場合は少量の牛乳。
たったそれだけなので、シンプルだし簡単で子供と一緒に作れます。
庶民的なお菓子だなーと作ってみて、食べてみて、つくづく思いました。
ここ最近、丸ぼうろの試作で、小麦粉と砂糖が急ピッチで減ってしまった。
また安売りを狙って出かけなければ!!
みんなも佐賀の丸ぼうろ、食べてみてね~♪

決意
今日はホームセンターで、以前から欲しかったたこやき器を買った。
カセットコンロの上に乗せて焼くタイプの鋳物である。
早速、ホットケーキミックスを用意し、油を引いて焼いてみた。
火を強くしすぎたためか、ひっくり返すのが追いつかず、次々と香ばしい匂いが立ち込めていく。
かわいいプチホットケーキが完成するはずが、ぼろぼろの崩れたケーキになってしまった。。
油はけっこうたっぷり引かないといけないのね、そして火は極弱火で…
穴が16個あるから、それに全部入れなきゃ、と必死になっていると焦げてしまうので、はじめは半分くらいの穴を使えばいいのかも~と思いました。
たこ焼きも好きだけれど、プチホットケーキが上手く作れるようになるぞ!と心に誓うのであった。

この頃、息子は本をわざとびりびり破かないで、読めるようになってきました。
なので、図書館で絵本を借りたりしています。
今日も5冊借りてきました。
図書館で選ぶ時、どれが興味持ってくれるかなーと考えながら見るのが楽しいです☆
図書館が好きになってくれれば、安上がりで助かるわーとの親の策略です(^^)