私の感覚 2013年02月
私の感覚
35歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

お出かけ♪
家族で昨日はお出かけしてきました。
東京の叔母の家にお邪魔して、帰りは上野動物園へ。
久々に、そう5年ぶりくらいに行きました☆
障碍者手帳を持っている人と付添一名は無料になるそうで、大変助かりました。
実は中々乗る機会がなかったモノレール、初めて子供と乗りました。
すごい混雑ぶりで、乗るまでにかなり並びましたが、かわいい動物の模様が描かれた車両はかわいらしく、子供もテンションあがっていました。
私は裸ネズミのコーナーが、スゴク印象に残っています。
赤ちゃんが窒息死するんじゃないかと思うくらい、たくさんぎゅうぎゅう詰めに寝室に入っていて、眠っているネズミの姿は、少々不気味でした。
かわいいと言えばやはりパンダでしょう。
竹を一心に食べつくす姿が、かわいらしかったです。
また機会を作って出かけたいです。

さすがに疲れて、今日はダウンしていました。
疲れやすくてどこに行くにも決心が入ります。
3月2日のメンタルヘルスの集いも楽しみですが、体力消耗するだろうなー。

散歩日和
今日は午前中は保育参観で保育所へ行ってきました。
午後は子供に「何するー?」と聞いたら「お散歩☆」との事だったので、神社公園まで出かけてきました。
子供の足だから、1㎞弱でも結構かかります。
用水路が気になるようで、何度ものぞきながら歩いていました。
到着した公園、かなりさびれていて、遊具も危なっかしい…
でも他に子供はいなくて、うちだけの貸切状態で遊べたので、ま、いっかな。
鉄棒に縄跳びを括り付けて、それを伝って忍者ごっこ(?)みたいなのをやっていました。
本人曰く、時代劇のお兄さんの綱渡りの再現だそうで…
子供の発想って面白いですね。
たくさん歩いたので、帰ってきたら、こてっと昼寝してくれたので、私ものんびりできました♪
明日は東京方面にお出かけの予定です。
久しぶりなので楽しみデス!!
いのちより大切なもの by星野富弘さん
形あるものは、
かならずなくなるけれど、
その心はいつまでものこり、
しずかに、
私の生きる力になっている。


土を見つめよう
どんなに時代が 変わろうと
土からは同じものが
同じ時間をかけて 芽生える
何十年も何百年も
生きているものばかりだ

土から生えたものを食いながら
人だけが
なぜそんなに急ぐ


友人に勧められて、星野富弘さんの詩集を図書館で借りて読みました。
いのちより大切なもの、ってなんでしょうね。
いのちはお金には変えられないことは分かっています。
でも私の姉はお金がなくて、手術ができなくて、幼くしてなくなりました。
なので両親、それだけが理由ではないでしょうけれど、昔から働きづめで仕事ばかりでした。
楽しみもそれなりにあったのかもしれませんが、毎日疲れ果てて、仕事仕事仕事…
そんな家庭で育ってきたからか、私にとってお金は特別なものです。
ある意味お金を稼がなければ、生きている意味なんてないと思っていた時期もあります。
今も稼いでいない自分に少しだけ負い目があります。
稼ぐだけが人生じゃないけれど、稼がなくては食べる権利はないとさえ思ってしまいます。
そんな風に私に思わせてしまった家庭環境も、今思えば淋しいものです。
私は子供には無条件に生きる喜びを感じてほしい、と思います。
生きるってどういうことだ、楽しむことだ、嬉しいことだ、辛いこともあるけれどそれが人生のスパイスだ、って思う。
いのちは与えられたものであるから、生きること自体が仕事なのであり、死ぬこともまた仕事という見方を富弘さんはしています。
確かにいのちとは私の意思とは反して、生きようと私を動かしています。
生きられるいのちと生きられないいのちが世の中にはあります。
生きられるいのちは、生きられないいのちに何をしてあげられるでしょうか。
何もできません。
それでも生きていかなければならないのです。
生きられるいのちは生きているいのちのために使わなければならないと、最近ぽつりと思うようになりました。
就職活動、その2
今日は地元の高齢者施設のデイサービスの介護員の面接を受けてきました。
面接スタッフの一人は、私の履歴書を見るなり、「これだけ転職を繰り返していると、本部にあなたを採用したいと推す根拠がどこにもない。」「精神科の病気の人に過去に働いてもらったことはあったけれども、続かなかったし、不安が大きかった。」「あなたは発作はありますか?」
と言われました。
正確に言うと知覚変容発作はあるけれど、到底この人に説明してもわかってもらえないだろうと思い、「てんかんではないし、パニック障害でもないので発作らしいものはありません」と答えてしまいました。
デイサービスの管理者さんは、気さくで話しやすいし、感じのいい方でしたが、施設全体のトップの人が、初めから理解しようとしない姿勢に、なんかここでは続かないかも…と思ってしまいました。

大変でも、障碍者の雇用促進センターを利用して、職場実習をさせてもらい、そしてから正式に仕事に就かせてもらった方がお互いのためかな、なんて思いました。
一応結果が一週間後くらいに来ますが、たぶん不採用だと思ます。
もし縁があれば、やれる限りの努力はするつもりです。
でも今日は面接官の辛口の言葉に、グサッと来た一日でした。

ここ最近
寒くて縮こまっています。
運動も庭仕事もお休み中。
数日動いては、ぐでーっと一日中寝込むことの繰り返し。
仕事がないからか、気合いが入りません。
ちょこちょこ好きなことはしているけれど、こんな毎日でいいのかなーと悩む日々。
うちの親は本当に働き者で、グダグダすることなく必死に働いていたし、今も毎日働き続けています。
そんな親を見ているので、何も働かずに家で家事だけしていることに罪悪感があるのです。
育児も十分にできていないし、何もかもが中途半端です。
何かちゃんとやり遂げたい、そういう気持ちは持ち続けています。
作業所で知り合った友人と励ましあいながら就職活動を細々と続けています。
桜咲くことを目標に頑張ります!
仕事がすべてではないけれど、やはり働くというのは私の願いでもあるのです。
ホットケーキミックス
ホットケーキミックスに卵とバターと牛乳を混ぜて、ロールパン風にして焼いてみました。
熱々のうちは、さくさくして、バターの香りが際立っていて、とてもおいしく頂けました。
冷めてもおいしくいただけるろうか…と心配ですが、明日のために2つ残しました。
温めなおしたら、サクサク感はなくなってしまうかもしれませんけれどもね。

久しぶりにお菓子を作りました。
あまり作りすぎると太ってしまうので、ほどほどにしないと。
でもうちにニンジンの買い置きがいっぱいあるので、ニンジンクッキーを作ってみたいな♪
クックパットで検索すると、作ってみたいのが色々出てきます。
時間があるって素敵なことですね☆

かっぱじく
うずらちゃんは餌をかっぱじいて、小屋の中に散らばします。
掃除しても掃除しても、部屋の中はカスカスが飛び散っています。。
ま、そんなもんだよね、鳥を部屋で買うってことは…と思っていますが。
ちゃんと野菜を刻んだものを、陶器の器に入れてあげるのですが、それを全部かっぱじいて外に出しちゃう。
新聞紙の上にざらざら餌がこぼれている状態になるのよね。
それをついばむ習性があるようです。
人間からしてみれば、トイレする場所と、食事の器を分けた方が…なんて思いますが、うずらちゃんはお構いなしのようです。
生き物を飼うということは、いのちの責任を持つということ。
私にとって、その責任が今の張り合いになっています。
朝に晩に小屋の掃除をして、ご飯をあげて…
ガサゴソ動き回っている彼女が時々卵を産んでくれる。
それが今の楽しみかな。

今日は息子のおねしょ布団を干したんですが、日がさしていなくてカラッといかないので、布団乾燥機を使いました。
そしたら、送風口のところにキティが、布団のど真ん中にサワーが乗っかってしまい、うまい具合に空気トンネルができませんでした。
はー、まったくもう!って感じです。
夕方早めにストーブつけてやりました☆
マカロニサラダ
今日は夕飯にマカロニサラダを作りました。
しかし、ハムを買い忘れてしまい、タンパク質はどうしよう…と悩み、結局オイル入りのシーチキンを利用することにしました。
シーチキンの程よい塩味が、マヨネーズの使用量を減らしてくれて、おいしく出来上がりました。
具はマカロニ、キュウリ、ニンジン、シーチキンだけです。
シンプルだけれども、普通においしかったです^^

あとはごぼうの酢醤油漬けを作りました。
醤油ベースに酢とみりんを少々入れて、そのエキスにゆでたごぼうを漬け込むだけです。
雑誌に載っていておいしそうだったので、作ってみましたが、さっぱりしてお茶請けにもいい感じでした。
ニンジンのゆでたものを入れてみたのですが、それもおいしかったです。
少し固めにゆでるのが、歯ごたえを楽しむコツかな^^

今は仕事してないし、時間もあるので、料理を楽しみたいと思っています。
正直に。
今日は地元の有料老人ホームで職場体験をしてきました。
ボランティアで一日スタッフにくっついて仕事を体験させていただきました。
久々の対人関係の仕事は、新鮮で魅力的に感じました。

やはり黙々とネギの根っこを切っているよりも、私には向いているような気がします。
次は今日ボランティアした施設に併設されているグループホームで、金曜日ボラアンティアさせていただくことにしました。
グループホームは全くの未経験、どんな雰囲気なのかよく見てこようと思います。
私の中で、認知症とは大きな勉強課題です。
一人ひとり症状の出方が違うと思うし、対応の仕方も勉強になると思っています。
昨年入院した時に、スタッフの認知症の方への対応が素敵で強く心に残っています。
私もあんな風に、利用者さんに接することができるだろうか、と自信はないけれども、少しでも近づきたいな、と思います。

そうそう、悩んでいた病名を伝えるかどうかですが、「何の病気か差支えなかったら教えてください」と聞かれ、普通に「統合失調症です」と答えてしまいました。
そしたら、「あ、そうですか」とものすごくあっさりと…その施設長のケアマネさんは、「何回か体験してみて、良ければ働いてほしい」と言ってくれました。
ただ、本部を通しての採用になるので、そうなると病名を伝えたことが不利になる可能性もあります。
でもやはり隠して働くのは、何かあった時に迷惑をかけてしまうことになると思ったので、オープンにしました。
病名オープンが吉と出るか、凶と出るかはまだわかりません。
やれるだけのことはやってみたいと思います。
何だかなぁ~
今回、とある作業所で就労継続B型を利用する予定で、体験中でした。
その体験中にインフルエンザにかかり、連絡をしてしばらく休んでいたのですが…
今日治ったので、明日からまた利用したいと連絡をしてみたところ、「あなたが休んでいる間に体験に来た人がいて、その人と契約を結びましたので、定員いっぱいになり、あなたは利用できません」と言われました。
(何だかなぁ~治ってから連絡をくれればいいと言ったのは、そっちのスタッフなのに、休んでいた間に他の利用者に決めたからあなたは利用できないなんて、失礼極まりないのでは?)って思いました。
その作業所のスタッフ的には、毎日利用してくれる利用者の方が魅力的らしく、週2日とか3日だと、経営的にもったいないので遠慮してもらいたい、みたいな…
それならば初めから施設の方針を明確にしておくべきじゃないのか?って思いました。

ごきげんファームの施設長さんは、またいつでも来てもらっていいですよ~って言ってくれていましたが、自分の中でやはりちゃんと働きたいという気持ちがあり、これから就職活動することに決めました。
まずは地元の施設でボランティアしてみることにします。
条件が合えば、働きたいなと思っている所です。
でも自分の病気をどう伝えるかが難しいところですよね。
初めから病名言っても、引かれそうだし…
嘘ではないから「不眠症」とでも言っておくかなぁー
一応体が弱いので、週2,3日のパート希望です、とは伝えたのですが…
ま、災い転じて福となす、みたいな感じでことが進めば良いかなーって思っていますが。

昼寝気分
ふわふわの 布団もぐって 昼寝する
 幸せ気分 平和なひと時

きゅるるると かわいい声で 鳴くうずら
 あなたは私の 元気の素です

なにやらと ビー玉ごろごろ 炒めてる 
 魚を切って 皿に盛り付け
 
おままごと 普通は女の 子がするの
 そう思ってただけに 不思議なわが子