私の感覚 2014年05月
私の感覚
35歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

あちこち野菜
庭の木々をバッサリ刈り込んで、根元に空間が少しでもあれば耕して、キュウリとつるむらさきの苗を植えています。
一袋の種をまいたら、かなり苗が沢山出来てしまって、どこか植えられるところを、とあちこち探しているのです。
そう大して広くない庭ですから、探すのは難しくないのですが、なにしろ雑草が酷くて。
草刈りもしながらなのでかなり大変です。
でもそのワイルド感を楽しみながら、少しずつ開墾している所です。
今日はキュウリ3本、つるむらさき4ポット植えました。
夏の終わりには、あちこちで野菜が見られることを願っていますが、どうかな^^

今日は子供の誕生日に記念写真を撮りに行く予定なので、その店に衣装選びに行ってきました。
子供はウルトラマンの服が着たいと言っていましたが、無論そんな服はなくて、少しそれに近い(?!)海賊の服をチョイスしました。
あとは誕生日のスーツと、七五三の早撮り用の袴ですね。
三着選びましたが、頑張って子供が着てくれるといいと思います。
初めてのお店での写真撮影。
かなり出費がかさみます。
でもたぶん成人式と今回くらいしか店では撮らないと思うので、贅沢してみます。

今日は体調はまあまあでした。
午後ゆっくり二時間ほど昼寝したかな。
だいぶ蒸し暑くて、昼寝しているととろけてしまいそうです。。
仕事はみんなが親切なので、頑張ろうと思えます。
もちろん副作用が出ないか、とか、吐き気やめまいがひどくならないかとか、不安は尽きないけれど、やれる範囲でやるしかないとくくっています。
休日は良く休み、リフレッシュすることを目標にしています。
今日は庭仕事もできて、友人とも電話で話せて、いい一日でした。
浮き沈み
落ち込んでは、少し這い上がって、また少し落ち込んで・・・
それでも何とかやっていこうと思えるのは、好きなことがあるから、だと思っている。
眠れなくて早朝覚醒しても、少し好きなことをすれば、気分も落ち着くし。
外の小鳥のさえずりを聞けば、今日もファイトだ、とリセットできる。
前回のことで、仕事に対する不安は消えないけども、仕事がある幸せをかみしめてやっていこうと思う。

胸の中 もやもや消せぬ 不安感
 それでも我行く 今日も仕事に☆
漠然とした不安感
この胸の中に湧いてくる、漠然とした不安感。
身体は重くだるくて、何もやろうとする気力が湧かない。

昨日の仕事は、全然ダメだった。
朝からぐでんぐでんに眠くて、車の運転も危ないくらい。
立ったまま眠ってしまいそうな勢いで仕事スタート。
結局何とか仕事はこなすが、ミスしてしまったり、ふらふらして心配されたり、散々でした。
仕事が終わってロッカールームでへたり込んだ私。
全身脱力感がひどく、動けなくなったので、しばらく座ってボーっとしていた。
そしたら先輩が心配して、家まで送って行ってくれました。
あったかい職場、利用者さんもスタッフもみんないい人。
私だけどんなに頑張っても人並みにはこなせない。
いつも調子が整わない。
ああ、今日はとてもいい仕事ができた、と思える日は、まだないのです。
恥ずかしいことに、いつも反省点が出てきては、振り返る日々。
未熟で、迷惑や心配をかけ、なんとかかんとか仕事をこなす日々。
やっと半年が過ぎ、それでもまだ体調が整わない。
躁の波を何とか頓服でやりくりできたと思ったら、今度は鬱に突入したのかな?
その波が負の曲線に落ちていく瞬間、脱力感に見舞われるのか、私にもよくわからない部分がある。
今日は受診して、そのあとひたすら寝ていた。
眠い、というよりも、身体が動かせなくてだるくて重い感じ。
気力が吸い取られてしまって、心の中がスカスカになっているのだろうか、漠然とした不安感。
この隙間はどうやっても一人では埋められない、薬で補いたいわけでもない、とにかくやり過ごすのだ。
耐えて耐えて、耐え抜いて。
いつか元気に戻れると信じているから、がんばれる。

好きなこと。
私は種をまき、苗を作るのが好きだ。
人によっては苗づくりは面倒だからと、苗や花を買って植える人もいるだろう。
でも私は過程としては①種をまき苗を作る、②苗から花を育てる、③花から種を収穫するの中では①が断然好きなのだ。
かわいい芽がぴょこっと出てくる瞬間、(やったぁ!)と思う。
今、発芽待ちの種は「キンセンカ、リビングストンデージー、クローバー、花オクラ」です。

先日、株分けした三時草24ポットを父にあげたら、1000円くれました。
盆栽展示会で植木仲間へのプレゼントにすると言っていました。
その1000円で肥料と花の種を買いました^^
臨時収入があるとちょっと嬉しくなりますね☆

庭にとげのある木が数本植わっていて、対処に悩んでいます。
刈りこんで枝を山盛りにして、サンダルで踏んだら、とげがサンダルの底を貫通して足に刺さり痛かったし。
もうスコップで掘り起こして、捨ててしまおうかと押さえ思うほど嫌ですね。
でもサイズも結構あるし、本当にどうしようかなぁ…と。
ミニバラも厄介ですね。

子供が生まれた時に買って植えた梅の苗木が大きくなり、今年も実がなりました。
子供と収穫して、小さなボールに半分くらい採れました。
自分じゃ面倒なので、母にあげて梅ジュースでも作ってもらおうと思っています。
今日はしとしと雨降りですね。ナメクジ対策をしなくては・・・
不眠で薬依存
ここ1週間ほど不眠が続いています。
わかりやすく言うと入眠困難と中途覚醒ですね。
寝ようと思っても、妙に疲れて頭だけが覚醒した状態になってしまうのです。
それなので、その日その日でベターと思われる薬をチョイスして頓用しています。
おとといはクエチアピン(25)を追加。
ぐっすり眠れたけれど、朝だるくてだるくて仕方なかったなあ・・・
昨日はレンドルミン(0.25)とヒルナミン(5)を追加。
体がとにかく重くなって、眠りにはつけたけれども、夜中覚醒してあずきバーというアイスを食べてしまった。
その前もロドピン(25)とか、PZC(2)、リスパダール(0.5)、ジプレキサ(5)なんか試したけれど、どれもフィット感が今一つでね。
今日は2週間に一度の受診日でしたので、躁で眠れない時用に「エビリファイ内用液3㎎」を出してもらいました。
理論的にはエビリファイは興奮してドーパミンがたくさん出ている時は、それを遮断してくれるような働きをし、ドーパミンが枯渇して動けないことが起きないように少し補完もしてくれるので、理想ではありますね。
しかも剤型は錠剤よりも液のほうが、即効性があると聞いています。
でもネックは値段の高さです。
1本94円だとか。た、高い・・・・
薬代もルーランだけですと200円ちょっと。
でも今日はエビリファイ液を14本追加処方してもらったら730円になってしまいました。
約500円の差はちょっと大きいかな。。
飲んでみて、エビリファイの液体とOD錠の効き方の差を体感してみたいと思います。
リスパダールの時は液とODの効き方に、そんなに差を感じず、私はODのスーッとした感じのミント味に好感が持てたので、リスパに限っては断然液よりもOD錠派ですけれどもね^^

と、まあそんなわけで、睡眠に達成感が得られない今日この頃。
鬱で眠りすぎたら何もできやしないと不満を漏らし、躁で眠りにつけないのも疲れて頭痛がすると悩んでしまう。
つくづく私って贅沢なものだなと思います。

今図書館で借りた本を読んでいますが面白いです。
著者 神田橋篠治 タイトル「発達障害は治りますか?」
という本です。
私はこのタイトルを見た瞬間、「発達障害だって、発達するに決まってるさ。」と思いました。
実際読み進めてみると、神田橋さんも、私と同じ考えを持っていました。
なので興味津々で今も読み進めています。
皆さんにも是非お勧めです^^

青虫。
毎日、朝晩に外に出て、枝豆とキュウリの苗に水をやっています。
その異変に気付いたのが昨日の夕方。
少し枝豆の葉が、穴ぼこ開きになってしまった・・・
よく見ると、数ミリの小さな青虫が2匹。
これはまずいまずい、と摘み取って、ひねりつぶしました。
庭の手入れも、より一層、気合入れなくては、害虫がわいてきそうです。

ここの所、毎日寝てばかりいました。
生理の前は特にだるくて動くのが億劫で、疲れてしまいます。
そして吐き気と食欲が交互に来るのには、参ってしまいます。
ルーラン(12)にしてから、調子はまあまあですが、気持ち悪くてPZC(2)を追加することが多いので、総量はあまり変っていないかも。
まあ、でも気長にやって行こうと思います。

おもしろいマンガを発掘しました。
毎日新聞に連載している「毎日かあさん」です。
西原氏のほのぼのとした子育てマンガは、くすっと笑える所もあり、癒やされます。
時々、レンタルDVDを借りては、子どもと一緒に見ています。
クレヨンしんちゃんのように下品な所はないですよ~