私の感覚 元気が出ない~徒然なるままに。
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

元気が出ない~徒然なるままに。
昨日は仕事が採用が決まったという嬉しい知らせが届き、心は一安心したはず…
でも私の頭の中で考えはぐるぐる渦を巻き、まったく脳ミソが休まらず、一昼夜起きっ放しになってしまっている。
今は顔がぬれて力が出ないアンパンマンのような体調だ。
一体どうしたことだろう。
昨日は朝7時半には起きて、家事を済ませ、息子の検診にも行った。
身体的活動レベルは十分睡眠をもたらすに値する活動強度であったはずだ。
頭も適度に使ったし、心も一安心したはずだ。
それなのに頭だけが暴走し、布団に入ってもいっこうに眠くならず、夜が明けるのが待てずに、早朝散歩に出かけてしまった。
真っ暗い道を一時間くらい歩いた。
それでもまったく疲労が感じられない。
眠くもならない。
今日の予定は、以前通っていたクリニックへの久しぶりの通院と、携帯ショップへ行くのと、自立支援医療の更新手続きをすることだった。
朝一で通院を済ませ、実家に寄って母とおしゃべり。
2時間くらい話に花が咲き、私の気分は少しスッキリして携帯ショップへ。
ハーティ割引を申請し、プラン変更をして、買い物をしながら帰路につく。
運転がもの凄く苦痛に感じられてきた。
気分が遠くなるような感じと、吐き気がじわじわ出てくる。
帰りに自立支援医療の更新手続きをして帰ろうとした瞬間、ふわーっとめまいが生じた。
あーこりゃ、ダメだ。
以前先生に言われた「エンジンかかりっぱなしだね」という言葉がふと頭をよぎった。
家に戻って横になるが、目を閉じてもすぐにソワソワして気分が落ち着かない。
結局パソコンをこうして今開いて、かろうじて思考回路を正常を保っている。
何でこうなっちゃったんだろう。
どんなに気をつけていても、不調の波は襲ってくる。
今回の波はどう切り抜けたらいいだろう。
何の薬をどれだけチョイスして頓服としたらよいか。
いや、でも薬に頼りすぎてしまってもいいものなのか。
今夜眠れなかったら、本格的にやばいかもしれない…と直感的に感じている。
明日は訪問が一件、仕事が入っている。
その仕事に支障が出ないくらいの量の頓服にしないといけない。
飲みすぎてもだめ、足りなすぎたら再発の危険。
今の私は冷静だ。
私の中での正常の判断がまだ下せる。
頭は暴走しかかり、身体がバテていて休息を求めている。
では私の心は一体どうしたいのか。
それが自分でも良く分からない。
今回この不調が乗り越えられても、今後またこんな危機が何度もやってくるだろう。
そのたびに私の心は迷い、揺さぶられ、頭の暴走を止める手段がないことに無力感を感じ、泣きたくなる。
薬に頼ることは、身体の深いところにある声を掻き消して、何もなかったかのように蓋をしてまた無理をさせることにつながりやすいのだと自覚している。
それだけに、どの程度の薬に頼り、どのような休息方法を選択し、これからにつなげていけばよいのか、手探りの状態で不安だ。
今のクリニックの先生は話しやすいけど、ここまで細かく深く相談にはのってもらっていないので、120%頼りにはできない。
あぁ、以前お会いしたF病院の先生、また会ってお話がしたいです。
こんな時、どんな心持で進んでいったらよいのか。
立ち止まって、何を思ったらよいのか。
私は分からないんです。
先生、私の病気は適応障害ですか?統合失調症ですか?
適応障害ならば、立ち止まって深呼吸します。
統合失調症ならば大量に服薬します。
最近、私はハイテンションと、抑うつ気分を繰り返していて、自分は躁うつ病なのでは?と感じています。
私に合う薬はありますか?
薬に頼っては危険ですか?
今日久しぶりに会ったクリニックの先生に、「私は本当に統合失調症ですか?」と聞いたら、「そうなんじゃないの?」と聞き返されてしまいました。
ありゃりゃ、変な質問でしたね。
統合失調症じゃなければ、こんなにたくさんの薬を飲んでいません。
でも私は薬を減らしたいのです。
薬を飲んでいなかった、まっさらな15年間。
私の思考は途絶えることなく、深く研ぎ澄まされていました。
それが自然で、私にとっての「正常」だったのです。
生まれつき目の見えない人が、ずっと見えないままでいる。
それがその盲人にとっての「正常」。
でもその盲人の瞳が、光を感じるようになったら、誰もが正常に近くなったと思うでしょう。
しかしその盲人自身にとって、光を感じるようになったことは「正常」に近くなったと感じるのですか?
あなたは生まれたときから、見えない特質を持って、命を授かったのではないですか?
見えないことと見えること、どちらがあなたにとって心地いいですか?
どちらが本当の正常で、どちらが幸せなことなんですか?
私は考えすぎる頭という特質を持って、命を授かりました。
15年間そうやって生きてきました。
ずっとずっとそれが自然で心地よい特質だったのです。
でもあるとき私は医師に指摘されました。
「こんなに考えすぎてはいけない、もっとボーっとして頭を休めないと、あなたは壊れてしまう。」
そんな見立てにより、私にとっての正常は修正され、抗精神病薬を飲み、頭の神経を緩める治療がなされました。
でも薬が多いと、私は自分本来の姿でいられないような気がして、とてもおかしい感じがするのです。
私は世間一般にとっての「正常」にならなければいけないのですか?
100人に一人のタイプの「正常」になってはいけないのですか?
私は何のために薬を飲むのですか?
正常とは誰がどうやって何のために定義するのですか?
医師が思い描く正常に近付いた生活は、私にとってあまり心地よいものではなかったのです。
誰と対話したら、真の正常に近づけますか?
私は混乱してはいませんが、困惑しています。
私にとって今一番話したい2人は、どこにいるか分かりません。
もう一度あなたと話がしたいのです。
でもそれは叶わぬ夢。
今日は一人で徒然なるままにつぶやいてみました。
長文にわたりお付き合いありがとうございました。
感想をお待ちしています。批判でも構いません。

この記事に対するコメント
自然の姿勢
ゆっくり休んで、星に願ってみるとか?自然のリズムと共鳴するご自身のリズムを落ち着いてコントロールする暗示なんか古典かな。ストレスに意識もうろうとして立ち向かうのですね。でも、できなくなっても、できるだけ目的に近づいてます。女性らしい感性です。家族で話し合い、旦那さんのアドバイスがいいですね。
【2011/01/19 20:30】 URL | アスパラ #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/01/19 21:19】 | # [ 編集]

私は・・・
 自分の病気に無理やり名前をつけようとしているようですが、人間の精神は小学生の算数のように割り切れるものではないと思います。精神病者の数だけ症状に微妙に違いがあるように思います。
 ちなみに私の病名を前に尋ねたことがあります。そううつ性統合失調症、、、と言う回答が返って来ました。最初の医者は神経衰弱と言われましたが。
 少し前新聞で、最近両極性障害という精神病者が増えているとありました。つまりそう状態とうつ状態に交互に陥ってしまう病気だということでした。
 ああ、、、私と同じようなもんかぁと思いました。
 ただ、これがようこさんにぴったり当てはまるとは思いません。そううつのスパンがすごく短いのではありませんか?
 それから、ようこさんは医療に関する知識があるあまり、薬をその時その時でチョイスして遣っているようですが、それは危険と隣りあわせではありませんか?それを医者はどう思っているのでしょうか?
 ある程度、自分にあう薬を見つけたら、しばらく続けた方がいいかと思うのですが。。。。頻繁に薬を変えるのは、症状の悪化と複雑化をもたらすだけではないのでしょうか?
 僭越、お節介とは思いつつ、書きつづってみました。聞き流してください。
 心配していますよ。
【2011/01/19 22:21】 URL | mataji #- [ 編集]

コメントありがとうございます
>アスパラさん
ロドピン飲んでゆっくり休んだら、復活しました。
休息はホント大切ですね。
ありがとうございます!

>Hさん
統合失調症は感覚が鈍くなる病気、とありましたが、薬を飲まなければ感覚は鋭いままなのではないか、というのが私の見方です。でも鋭い感覚のままだと何かと疲れやすいので、一般的には薬の服用を勧めるのではないかと思うのです。
薬は『一旦考えるのを止めて、ゆっくり休むことができる状態にする』ためのものだという認識なので、考えすぎで辛い時には薬に頼るというスタンスで間違いはないのだと思います。
だから昨日は薬を飲みました。
自分にとって正常は何かよくまだ分かりませんが、自然に近い状態でありたいと願っています。
コメントありがとうございました。

>matajiさん
薬をその時その時でチョイスするというのは、「頓服」を飲むという感覚です。
普通ならば「不安時に」「落ち着かない時」などとしてもらうでしょう。
それを私は悩んでいたのでした。
頓服は私の場合色々試したことがあるんです。
コントミン、ヒルナミン、レキソタン、PZC、アタラックスP、デパス、メイラックス、ロドピン…そのくらいかな。
どの薬も効き方が微妙に違うし、副作用の出方もちょっとずつ違うんですね。
だから考え込んでしまったんです。
でも一番考えるスピードが高速化した時には、ロドピンが効くのが分かっていたので、ロドピンにしました。
以前かかっていた病院の先生は、あなたのいうように、しばらく続けるべきで、頓服は出さない考え方でした。
でも今のクリニックの先生は、調子が悪い時は薬が余っているのを適当に飲んで、帳尻を合わせながらやっていくように…と考えて、必要に応じて頓服を出してくれます。
薬は漫然と飲み続けると、しだいに効かなくなってくるんです。
だから普段は最小限にして、出来るだけ使いたくない。
それで調子が悪い時にドカンと飲めば、バッチリ効果を発揮する、それを期待しているわけです。
でも的の得たコメント、ありがとうございました。
【2011/01/20 21:07】 URL | ようこ #WzzJX4NY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/1011-01c5c38a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)