私の感覚 発病した時の事。
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

発病した時の事。
13年前のちょうど今頃から、私は相当な不眠に陥り始めていた。
毎日学校から帰ってきて、少しグッタリダラダラして、それから勉強する。
食事と風呂の時間を除いて勉強。
勉強に疲れるとテレビを観ていた。
私の頭はぐるぐる回り、テレビを観ていても、様々なことを考え、ひとときも休まることはなかった。
夜、布団に入っても、頭は休まらない。
毎日毎日からだの疲れだけを癒やし、頭は起きっ放しで学校へ行く。
それでも何とかギリギリの所で動けていた。
感情がものすごく繊細というか敏感になり、些細なことで気持ちが揺らぐ。
心動かされて、様々な考えが頭をよぎり、自分で自分がコントロールできなくなっていく感覚があった。
あの時の私に何があったら、発病は免れていたのか、考えてみた。
きっと将来の展望があったら、発病していなかったのではないかと。
睡眠不足や体質、生活習慣、周囲の環境、それだけで発病するのではない…と私は思うのだ。
将来への漠然とした不安感、先の見えない環境におかれると、自分はどれだけ頑張って努力を続けたらよいのかが分からなくなる。
見通しのなさが、無理を続けるきっかけとなり、(休んではいけない、もっと頑張らなければ…)と自分の限界以上に力を注ぐ結果となったのだと思う。

以上の経験から、達成可能な見通しを持つこと、それが大切だなと思うようになってきた。
達成可能な、自分にとって無理のない目標があれば、どれだけ頑張って力を尽くせばよいのかがおのずと分かってくる。
受験勉強で完璧を目指すと、私なんかはつぶれるタイプだと思っている。
自分の場合、小学校、中学校くらいまでは完璧を目指してもよいが(テストにおける満点とか通信簿のオール5)、高校、専門学校などに行くようになると、科目数は多いし、全てを制覇して完璧を目指そうとすると、やはりどうしてもオーバーワークになってしまうのだと思う。
よっぽど才能に恵まれている人を除けば、得意科目とか好きな科目は完璧に近くなるけれど、そうでない科目はそこそこにできる…くらいでちょうどいいのだと思う。

完璧になる、というのは一瞬すごいことのように思える。
だけどそれにはもの凄い危険が伴っているということを忘れてはいけない。
完璧になるためにはどのくらいの努力が必要になってくるか、それを考えてみないといけない。
例えば歴史のテストで100点をとる完璧さを目指すには、どのくらい勉強したらよいのか、とか。
毎日1時間勉強すれば歴史で100点取れるだろう、とする。
そのくらいなら達成可能かもしれない。
でも5教科で100点満点取るには、じゃあどれだけ勉強したらいいのか?
毎日5時間家庭学習する?!
そんなことを続ければ、身体が持つはずない…
全てにおいて完璧なんて、所詮もの凄い才能に恵まれた人意外目指すのは到底無理なのである。
たとえ主要5教科で満点取れたとしても、音楽は?美術は?体育は?部活動は?委員会活動は?全てにおいて完璧を目指せるのですか?

そんなことが中3の私には分からなかった。

部活ではバレーが上手くなりたい。
生徒会活動も活発に色々取り組みたい。
勉強では満点を目指したい。
歌も上手に歌えるようになりたい。
マラソンも早く走れるようになりたい。
英語検定や漢字検定でより上の級を目指したい。
公文のプリントでもっと難しい問題を制覇したい。
地域の国際交流の活動がしたい。

とにかくやりたいことがたくさんあって、その全てを完璧に…なんて目指していたから、つぶれて当たり前だったのだと今になっては思う。
人は多かれ少なかれ、早かれ遅かれ、一度は挫折経験をするのだと思う。
その挫折経験にて、自分がいかに理想を追い求めすぎていたかを痛感し、その時の自分に見合った達成可能な目標に方向転換していくものだと思う。
私はたまたまその人生における挫折経験に、「統合失調症の発病」というのがくっついてきただけだと思っている。

でも発病した時の、自分の周囲の何だか奇妙な感じ、専門用語で「妄想知覚」とか「妄想気分」というのだけれども、それが今の季節になると、すごく思い出される。
この季節は自分にとって体調を崩しやすい季節だと思っているので、自己管理に気をつけて行きたいと思う。



この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/01/24 20:22】 | # [ 編集]

Re:>I さんへ
ちゃんとカギコメントになっていましたよ。
個人的にお返事が必要ならば、kittyoko@yahoo.co.jpへどうぞメールされてくださいね。
【2011/01/25 08:57】 URL | ようこ #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/01/25 18:15】 | # [ 編集]

Re: >Iさんへ
>この場所でお互い 二人だけで外部にみられないよう、メールはできません。
Iさんからのメッセージは他の人にとってカギコメントになって、私だけにしか見れませんが、私が返信する時はカギコメントにはできないので、私からのこの返信は不特定多数の方がご覧になることになります。
ご理解いただけたでしょうか…
【2011/01/26 09:10】 URL | ようこ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/1014-d68c861f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)