私の感覚 忘れることは、良くないこと?!
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

忘れることは、良くないこと?!
最近、アルツハイマー型認知症の薬で、貼るタイプのものが発売された。
飲み薬だとうまく飲めない人や、飲むのを拒否する人なんかにも使えるという。
これを貼ると、物忘れの進行がゆっくりになるのだ、とか。

私は「忘れる」という機能は、頭をパンクさせないための処方薬みたいなものだと思う。
人間は多くのことを記憶するが、限界がある。
忘れるということは、それが自然なのであり、忘れることで、過去や未来のことで思い悩むことがなくなる。
つまり将来のためではない、今一瞬を大切に生きていくようになるのである。
人は高齢になると、病気が出始めたりして、いつ死ぬのか分からない状況となってくる。
その死を恐れるのではなく、今ある環境をそのまま受け入れて今を生きること、それがアルツハイマー型認知症の人の人生なのだと思う。

ただ私は忘れっぽくなったことがある。
統合失調症が悪化したときのことだ。
生活に支障が出たし大変だった。
私は幸い治ったが、もしあの時、忘れっぽくならなければ、子供に対して申し訳ない思いで、自殺していたかもしれない。
辛く苦しい心を、忘れっぽく深く考えない頭が救ってくれたのだと思う。

忘れることは悪いことですか?
「忘れる」って機能は、頭でっかちになり過ぎないように設計された、神様からのプレゼントなのではありませんか?
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/1080-6bbf4d63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)