私の感覚 ゴールをどこに持っていく?
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ゴールをどこに持っていく?
作業所通いしている友人と電話で話していた時に感じたこと。

彼は私とは違う作業所で頑張っている。
障害者合同面接会(10月)に参加して、3社受けたけれども、どこも不採用だったとのこと。
週に5日の短時間(一日6時間)のパートに応募してみたとか。
そこには作業所のスタッフが同席。
彼が月に2日ほど作業所を欠席してしまう現状を伝えたらしい。
それがネックとなったのかは分からないけれど、不採用。
彼は言う。
「月に2日くらいどうしても休んでしまうんですよね。作業所のスタッフにも言われているんです。毎日作業所に来れないようでは、就職は無理だよ、と。」
私はそれを聞いて思った。
(作業所のスタッフにそこまで言われる筋合いはないだろう)、と。
だから私は彼に伝えた。
作業所に週5日毎日通うのは厳しいけれど、週4日は確実に行けている。
まずは、そこを評価して、「僕は週4日の仕事を探しています。現在週4日は確実に作業所に通えていて、余力がある時は、週5日通うこともあります。」と伝えてみれば?と。
月に2日休んでしまう、と言うことに目を向けるのではなく、週4日は確実に通えている、という実績をアピールするべきだと私は伝えた。
すると彼はなるほど、とうなずいていた。
でも作業所のスタッフは、フルタイムとか、週5日の仕事に就かせるのを想定していて、「毎日来れないんじゃ、就労は無理」という見方をしてくるのだと言う。
大きなお世話だよ。
週に何日働くかは、本人が望んで、就職先と相談して決めることだし。
我々、統合失調症という病気を持つ人たちは、「疲れやすい」という障害を抱える。
だからどんなに頑張っても週5日はかなりきつい、と言う人がいることも現実。
そういう週5日は厳しい、という現状を抱える人は、ゴール(目標)を下げて、自分なりの就労日数を設定し、それに向けた作業所での訓練をしていけばいいのではないか、と思うのだ。
誰もがフルタイムを目指す必要はない、と強く思う。
男だからフルタイムで働かなきゃ、という枠で捉えられているのだとしたら、彼は被害者であろう。
作業所はどのように利用するべきか?
自分で目標を立てて、訓練計画を決めて、作業する日数や時間などを調整し、自分なりの就職活動に向けて努力していいんだと、私は思っている。
ちなみに、私の行っているごきげんファームは、利用日数と時間は、本人の希望が優先で決まりますよ。
コレ、当然なことと思っていましたが、世の中には、そうも行かない作業所もあるんですねぇ…

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/1145-707eeaa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)