私の感覚 暗闇
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

暗闇
昔は暗闇が苦手だった。
空が段々薄暗くなってくると、気味が悪くなり、真っ暗になった頃には怖いという感覚になった。
真っ暗だと何か恐ろしいものが出てきそうな感じがして、一人でいることが怖かった。
塾の帰り道、真っ暗な中を歩くのが怖くて、自転車をぶっ飛ばして帰ることがよくあった。
家に着くとホッとしたことを覚えている。

外の暗闇はもちろん怖いのだが、家の中の暗闇も怖かった。
小学生低学年の頃は、夜、布団に入っても中々寝付けないとき、母に物語を読んでもらった。
そうするといつの間にか寝付いていた。
しかし高学年になると、一人で布団に入って電気を消す。
目を瞑っても中々寝付けないので、何か楽しい事を考える。
楽しい事でも考えないと、自分が暗闇に呑まれてしまいそうで怖いのだ。
昔は布団の中で、何度も怖い夢を見て泣きそうになって起きることがあった。

でもいつの間にかに、夜が怖くなくなった。
なぜだろう。
中学3年生の時、夜寝る時間を惜しんで勉強するようになった私。
いつの間にかに夜が好きになっていた。
家族のみんなが寝静まっている中、一人でひっそりと勉強する。
そういう感覚が好きだった。
明け方に近づき、3時過ぎごろには鶏の鳴き声が聞こえる。
そうするとやっと私は布団の中に入って2~3時間寝ることにしていた。
だけどそんな生活は元々身体のことを考えれば無理だったのだ。
高校受験を目の前にして、私はおかしくなり始めてきた。
神経が過敏になるのだが、身体が疲れているという事を自分では自覚できず、無理を続けてしまった。
結果、統合失調症。
まぁ、当時は精神分裂病と言うしかなかったのだが、私には決して病名を告げられることなく、治療が始まった。

暗闇…入院中は怖くなかった。
夜目が覚めて廊下に出ると、同じく入院患者で眠れない人が歩いている。
私も廊下で座り込んで、ボーっとしている事があった。
病院は夜でも廊下の明かりがついている。
私は何度もトイレに起きていた記憶がある。

入院生活は辛い事や嫌な事ばかりだったけど、ふと懐かしくなる事がある。
私は入院中、いろんな人と話した。
今でも同じく入院していた患者仲間の事を思い出す事ができる。
15歳の冬、忘れられない貴重な経験をした。
この病気になって辛い事もたくさんあったし、今でも人並みに働けない事で悲しい思いもしている。
だけど何よりも素敵な仲間と出会えた事が良かったと思う。
病気になっていなかったら今の私はないのだから。

今日は暗闇の中、自転車を走らせて田んぼへ行ってきた。
そしたら蛍がポツポツと飛んでいた。
ああ、今年も蛍の季節がやってきたんだなぁ~と思った。
日々、あたりまえのように生活が送れること、ありがたいなぁと思った。
この記事に対するコメント

 私も小学生の頃、夜が苦手でした。というより眠れなかったのです。不眠症でした。眠れずにいると暗闇の中にドラキュラとかフランケンシュタインが見えるような気がするのです。
 今考えると、あれは統失のはしりだったのかもしれません。いや、単なる臆病者だったのかも?
 その後は、宵っ張りの朝寝坊になりました。勉強しなくちゃという気持ちが、恐怖感をいつの間にか忘れさせました。
 そして今。薬に頼らないと眠れなくなっています。体が疲れているときでも、神経がたっていて眠れない。長い夜のことを考えると怖い気持ちになってきます。そして、そんな時は睡眠薬の量が増えるのです。・・・・
【2005/06/21 10:24】 URL | torata #iuM0L06Y [ 編集]

睡眠薬
私は睡眠薬がなくても眠れる人です^^
ただ神経の高ぶりを抑えるために、抗精神病薬は使用していますが…。
昔は睡眠薬を飲んでいたのですが、睡眠薬って飲むと段々心臓の鼓動が速くなってきませんか?
そしてドキドキしてまるで運動後の疲れたような状態になるんです。
そしてぐったりして段々と眠りに落ちていく…
私は運動していないのにドキドキする感じが嫌で、睡眠薬は使用していません。
【2005/06/21 19:39】 URL | ようこ #WzzJX4NY [ 編集]

わたしも!
私も、夜3時に寝る受験勉強生活で発病しました。鳥の声でチュンチュン聞こえたらねてました。今考えると無茶苦茶ですね。せめて12時に寝たら発病しなかったかなとか考えます。今再発がありリハビリ中です。何をやっても楽しくない薬の副作用があります。がんばりましょうね。たぶん、1年後は楽になってるとしんじて。ケセラセラなるようになる。たくさんなやんだけど、考えても仕方ないよ。というのが私の結論でした。
【2005/06/22 14:37】 URL | いちご #- [ 編集]


いちごさん、はじめまして。
コメントありがとうございます☆
昔の事を振り返ってみると、あれがいけなかったかなぁ…なんてモノがいくつか上がるんですよね。
昔に戻ることはできないけれど、これからその反省点を生かした生活をすれば再発しないわけですから…
お互い頑張りましょう!
私も一年後の自分を思い描いてみたいと思います^^
【2005/06/22 18:09】 URL | ようこ #WzzJX4NY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/116-8da80384
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)