私の感覚 回想~自分のために生きる、とは。
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

回想~自分のために生きる、とは。
ガチャンー、鉄の扉は閉じられた。
15歳、初の精神病院への入院。
(私は何か悪いことをしたのだろうか)留置所にそっくりのトイレと、布団しかない保護室に入室した私は、鉄格子の外を眺めた。
カメラが私を監視している、「見られていたらトイレできません」とナースに訴えた。
そしたらカメラに紙コップをかぶせてくれた。

そもそも私は精神科というものが分かっていなかった。
高校入試目前にして、勉強に追い込みをかけていた私は、少々寝不足気味でふらつきがあると自覚していたが、まさか自分が精神分裂病の初期であるとは知る由もなかった。
入院と同時に、「薬を飲んで」とナースに言われ、「嫌です」と断ると、「飲んでくれないと注射するしかないんだよ」と返されて、仕方なく飲んだ。
でも得体の知れない粒を身体の中から早く出してしまいたくて、水をガンガン飲み、たくさん排尿した。
薬を飲む意味も分からずに治療されていった私は、次第に(なぜ閉じ込められているの?)という疑問が湧いた。
私が何かやってしまったことに対する罰で、私は入院していなくてはならないのか、と思った。
そんな自分を追い詰め、何で私なんかが生きていなくちゃならないのかと感じるようになった。
大きな圧迫感の中で、小さな勇気を振り絞って尋ねた。
ーー私は何のために生きたらいいのですかーーと。
ふとその女性医師はペンを走らせていた手を止め私の方を向き、「自分のために生きればいいのよ」と微笑んだ。

「自分のために生きる」ということが、どういうことなのか全く理解できなかった中3の私。
あの時、自分の病名も知らされず、薬の説明もしてもらえず、保護室の中でぽつんと一人ぼっちにされた私のような人間をもう生み出さなくてもいいように、私は看護師になった。
しかし働き続けるのは難しい。
あの時辛かった自分を救い出すこと、それが自分のために生きることなのかもしれない。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/1187-8987b910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)