私の感覚 気を保つ。
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

気を保つ。
嫌だ嫌だとマイナスの気持ちで過ごしていると、鬱々としてきて、何もかもが億劫で面倒くさくて疲れてくる。
だけど身の回りのことを一つでいいから、やる気になって丁寧に取り組む。
そうするとそれが発起剤となって、少しずつ気持ちが上を向いてきて、あれもやってみようかな、これもこの次トライしてみよう、とアクティブになれる。

大体一週間のうち、半分は sleepy で、半分は active な私。
そのsleepyとactiveの境目は、ほんの些細なこと。
子供の世話を自分中心でやらなければならない日があったり、家事を精力的にこなそうと頑張ってみたり、部屋の片づけに没頭してみたり、溜まっていた手紙に返事を書き始めてみたり、趣味の時間を堪能してみたり、そんな生活する上での潤いが、私の中では発起剤になる。
頑張って生活すると、充実感も生まれるが、と同時に疲弊感も生まれる。
その疲弊感を取り除くには、とにかく寝ることが今の所は重要なのであるが、頑張ったら寝る、を繰り返していくと、いかに自分は人並みの生活が送れないかと自覚させられる。
そのくらい眠らないと体力が維持できないのだ、今の所。
明らかに病気が障害となっていると自覚する現在。
私の中での最優先課題は何なのか、と考えてみる。
やはり家事をスムーズに回し、こざっぱりとした環境を保つことだろうか。
自分の趣味うんぬん、よりもまずは環境整備が第一かな。

ある一定の気を保つことは、修行のようなものである。
放っておいたら、気は満ちたり消えてしまったりを繰り返す。
「気」の概念は、精神疾患を理解する上でとても重要な気がする。
元気がなくなったり、元気になったりを人は繰り返すものであるが、あまりにも早いサイクルで気がくるくると入れ替わると、私自身困惑する。
躁うつ病とは気の循環を障害とするが、その気の循環を自分で自由自在に操れたら…とつくづく思う。
自分の生活の中でのライフイベントにあわせて、気をくるくる回していければ、大きな失敗もなく日常を過ごせるのになぁ~
躁うつ病が治る、とはどういう状態を指すのであろうか?
テグレトールを飲まなくてもいい状態?
それともセロクエルを飲まなくていい状態?
そもそも気がくるくる回るのは、性格とか気質、体質のようなもので、生まれつき持ち合わせている性質であるから、治るなんて根本的に無理なんじゃないかと思ってしまう。
むしろ統合失調症のほうが十分扱いやすい病気なのではないかとさえ思う。
私にとっての課題は、統合失調症的症状はもう消失しているのであるから、くるくるめまぐるしく変わっていく、躁鬱の波をいかに上手く乗り越えていくかではなかろうか。
そんな事をおぼろげながらに考えている、今日この頃であった。
元気じゃなくていい、せめてそこそこの気を保っていたいと思います。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/1204-53bb7ab1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【2012/10/06 10:32】