私の感覚 入院までのこと
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

入院までのこと
私が15歳の冬に入院するまでの事を振り返ってみようと思う。

学校で体調がすぐれず先生方に心配され、養護教諭と担任と母に付き添われて大病院に出かけたら、どこも身体的に異常がないらしく、精神科へ回された。
そこでよく眠れるからと言われ、注射を打ってもらい、意識が朦朧としている中、自宅へ帰った。
翌日、「休めば?」と親に言われるが、勝手に私はいつも通り学校へ行ってしまう。
その後は記憶がごちゃごちゃしていて、断片的にしか覚えておらず、回想不可能な感じである。
学校では授業は普通に受けたのだが、途中で集中力が途切れ、保健室へ行ってしまう。
そしてベッドで休ませてもらったが、足だけが冷たく全然眠れないのでずっと起きていた。
脳が全然休まらない感じで、何だかとても不安で横になっていられなくて、職員室に行ってみたりもした。
脳内ではどんどん考えが進み、考えても考えても答えが出ないことに更なる不安を感じていた。
考えれば考えるほど脳は縛られていき、どんどん頭痛がひどくなっていった。
今思えばそれは抗精神病薬の副作用で、急性ジストニアがでていたのだと思う。
脳の一部分が凍りついたように縛られて、首の筋肉が固くなって頭が傾き、眼球は斜め上を向いてしまい、段々自分の体が自由にならない感じがしていった。
学校に母が呼ばれ、再び大病院へ緊急で受診することになった。
学校から病院へ向かう間、周りの事は覚えているが、頭がどんどん固く縛られていく感覚が耐えがたかった。
病院へ着いて、私は歩ける状態でなかった為、車椅子に乗せられ精神科へ連れて行ってもらった。
待ち時間がやけに長く感じられたことを記憶している。
待っている間にも副作用はどんどんひどくなっていき、脳が9割方凍り付いて身動き一つできない状態になってから少ししてやっと、副作用止めの注射をうってもらった。
凍り付いて縛られいた脳が少しずつとけ始め、数分もすると完全に自由になった。
そしたら今まで縛られていた分の気持ちが一気に溢れ始めて、私は少しおしゃべりになった。
そのまま大病院へ入院するのかと思いきや、他の小病院を紹介された。
小病院へ行って、院長の面接を受けた。
「あなたには入院が必要と思われますが、入院しますか?」と聞かれ、「ハイ、入院してもいいです。」と答えた。
これが私の入院生活の始まりである。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/123-08d935b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)