私の感覚 臨時受診
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

臨時受診
今日は臨時で受診してきました。
仕事中に発作がでるので、その対処に関する相談です。
その発作というのは、作業中に突然チカチカなり、精神にまとまりがなくなり、視点が定まらなくなり、気がそぞろになるといった感じになるのです。
この発作が起きると、ぐんと作業能率が落ちます。
長ネギの根っこを切っていく作業をしていたら、昨日は突然発作が起き、今まで10こなしていた仕事が、2くらいしかできなくなりました。
ベルトコンベアーで私の切り損ねた根っこがどんどん流れていき、隣のスタッフが必死になって切ってフォローしてくれているのがわかります。
私はトイレに行かせてもらい、アキネトン(1)レキソタン(2)を飲んで仕事に戻りました。
でも所詮は錠剤、効いてくるのが遅く30分くらいでようやく最悪の状態は脱し、10のうち5くらいの仕事ができるように戻りました。
でもそれでもいつもの自分の半分しか力が出せないので、作業が進まない自分に自己嫌悪でした。
今日は発作の対処法として何かもっと即効性のある薬はないか相談したのです。
そしたら先生も困ってしまって、しまいには「幻覚とか妄想を感じている人は、あなたのような症状さえ訴えることができない。あなたの症状はかなり軽い方だよね。」と。
だから私は「薬で即効性があるというとリルパダール液を思い浮かべるのですが、それを試してみるのはどうでしょうか?」と聞いてみました。
そしたら先生「いいアイディアだねえ、処方してみようか」と出してくれました。
ついでに、この躁状態回避のためにロドピンも出してもらいました。

現在の処方 定時:エビリファイ(12)朝 、ロドピン(25)眠前
      頓服:発作時 リスパダール液0.5㎎ 
         不眠時 べゲタミンB(翌日仕事ある日)
             ベゲタミンA(翌日予定ない日)
         眼球上転・違和感時 アキネトン(1)

仕事には向き不向きがあると思います。
私は精神科に勤めているときは、ほとんどこの発作はありませんでした。
産婦人科、特養、そして今の職場ではよく発作が起きます。
ストレス、疲労感、緊張なども影響しているのでしょうか。
自分の中でも試行錯誤中です。
11日働いたうち、4回(4日)発作が出てしまったので、今後もこのペースで発作があるとなると、きついなと思います。
まずは様子を見つつ続けられるかどうか見極めたいと思います。
この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/12/28 00:27】 | # [ 編集]

Nさんへ
>私と同じ症状を持つ人に初めて出会いました^^Nさん、コメントありがとうございます。
この症状は調べた結果、知覚変容発作というそうです。
私以外にも参考になる人もいるかもしれないので、簡単に記します。
 
知覚変容発作とは、
 ①急激に始まり、数分から数時間の経過で徐々に軽快する。
 ②患者は異常を強く自覚する。
 ③夕刻・疲労・緊張時に発現することが多く、臥床・睡眠などで軽快し、翌朝までに症状を持ち越すことはない。
 ④症状の内容は、知覚過敏化(過覚醒)、視覚・聴覚・身体感覚にかかわる変容(外界相貌化、徴候空間化、空間構造攪乱)を主体とする。
 ⑤典型的に眼球上転発作を伴うことがある。

新薬ではリスパダールが起こりやすく、セロクエル・エビリファイでは起こらない(らしい)。
2009年の論文によると、低力価(コントミン・ヒルナミンなど)のものより高力価のもの(セレネースやニューレプチルなど)で起こりやすい。
罹患率は抗精神病薬投与中の患者の3.25%だとか。

簡単に言うと、私の中で発作というのは、てんかんのイメージに近いかな。
てんかん発作は、脳内での電気が異常に放電されている状態。
知覚変容発作は、脳内での神経伝達物質(ドーパミン)の伝達が低下し、ノルアドレナリン・アセチルコリンの伝達が亢進している状態。
どちらの発作も、脳内での微細な均衡を崩すために生じる一過性の症状である。
知覚変容発作にはベンゾジアゼピン系の抗不安薬が良いらしいです。
逆に私が処方希望したリスパダール液は、過量服薬になると弊害がむしろ出そうな予感です。
でもせっかくもらったので、試してみようかとは思っていますが(←チャレンジャーでしょ^^)

と、いうわけで、知覚変容発作のまとめでした。
時間のある時に、また論文検索できたらしたいと思っています。
【2012/12/28 15:03】 URL | ようこ #WzzJX4NY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/1233-87e10bdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)