私の感覚 こんこんと、眠りに落ちて。
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

こんこんと、眠りに落ちて。
今朝は朝食を食べた後、「さて、寝るぞ!」と思い、布団に入りました。
こんこんと眠り、昼も少しご飯を食べて、また眠る。
結局起きたのは夕方の4時半。
よーく眠りました。
こんこんと眠っていた間、私は夢を見ていました。
何の夢だかは忘れてしまったけれど、ドキドキする感じの夢で、起きるのが惜しいくらいでした。
私の人生、リアルでは思い通りにいかないことが多い。
だからそのストレスを、夢の中で叶えているのです。
現実逃避、とでもいうのかな。
何もかもが嫌になってしまうとき、私にはこんこんと眠る癖があります。

最近、定時の薬を飲んでも、「効いている」という感覚がありません。
空気のような存在である定時薬、ある意味それはフィットしていることを意味し、ありがたいことなのかもしれません。
しかし、私は就寝時に一回にまとめて飲んでいるので、もう少し、マッタリふわふわ感が欲しいなと思ってしまいます。
定時薬のみでは全く眠気は誘われませんので、そこが淋しいところなのです。
薬に期待すること、過大な効果ではなく、平穏な日常が送れることでしょうか…そういった意味では、今のところクリアしています。
しかしもう一歩頓用薬的な効き目も欲しいなと思ってしまうのは、贅沢なことでしょうかね~。
この記事に対するコメント

ようこさん、こんにちは。

私も最近、仕事や予定がない日はひたすらに寝ています。
昼寝ても夜眠れるんだから、よほど眠りを欲しているんだな、と感じます。
ひとつ前の記事で薬について触れていましたが、薬によって増えた体重ってどうやって減らすんでしょう?
私も全盛期から比べると12キロほど増えたまま維持しているので、減らしたいのですが、やはり運動しかないのかなぁ、と億劫な気持ちになっています。
食事は今は過食ではないと思うんですけど。
それに1年ほど飲んでいて今までで一番相性が良かったコントミンとももしかするとさよならするかもしれません。
高プロラクチン血症を再発してしまったので。
明日の診察で先生と相談です。

お仕事どうですか?
無理のない範囲でお互いやっていきましょう!
【2013/06/13 15:22】 URL | もも #- [ 編集]


妄想も幻覚も幻聴も思考障害もないのに本当に統合失調症なんですか?
【2013/06/13 18:06】 URL | 名無しさん #- [ 編集]

こんばんは
こんばんは、初めて書き込みします
私の姉もこの病気です。

姉も初期の頃よく眠っていました、最近はそうでもありませんが・・。

症状の波があるんだなあと思う今日このごろです
【2013/06/18 22:39】 URL | しずこ #JalddpaA [ 編集]

ありがとうございます。
ももさん、こんにちは。
薬によって増えた体重は、よっぽどの堅い意志で運動と食事療法しない限り落ちませんよね。
薬の変更も効くときがあります。
私はエビリファイだとそこそこ食欲は抑えられる、と言っても過食しない程度という意味ですが、のでいいかなって思っています。
満腹中枢が破壊されているのでは?ってくらい食べたくなる時もあるし、これって難しいテーマですよね。

名無しさん、そうですね。
主治医変われば診断名も変わります。
1人目、2人目、3人目、4人目の主治医は統合失調症と診断、5人目の主治医は適応障害と境界性人格障害と診断、6人目は躁病と発達障害と診断、7人目は統合失調感情障害に近いかもと言っていた。現在は4人目の主治医で落ち着いているので、診断名は統合失調症で、薬もそれに合ったものですね。でも主治医曰く、躁うつ病に近い感じかも・・・、と。まあ、楽になれば病名なんて何でもいいんじゃないって個人的には思いますが。

しずこさん、はじめまして。
ブログなさっているんですね。
お姉さまの病気の理解に努めていらっしゃって、すごいなと思いました。
私の家族は、あまり勉強してくれなかったので…旦那は熱心に勉強してくれましたが。
お互い家族みんなが楽しく暮らせるように、時間をかけてゆっくりと進んでいきたいですね。
【2013/06/19 23:27】 URL | ようこ #WzzJX4NY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/1291-f287c2d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)