私の感覚 充足感
私の感覚
35歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

充足感
昨日は週に1度の仕事の日でした。
朝起きた時、前夜に頓服で飲んだベゲタミンAとセロクエル(100)のせいか、眠くてボーっとして大変でした。
でもコーヒーを飲んで、何とか目を覚まして出勤。
病棟に着いて、白衣に着替えた瞬間から、白衣マジックにかかって俄然やる気が出てきます。

前の職場(特別養護老人ホーム)では、目の前で、一人死に、2人死に…とどんどん亡くなっていく状況から、私はダークになっていきました。
でも今の職場は、もちろん亡くなっていく人の看取りもありますが、元気になって退院される方もいます。
生きて退院される方がいる、それが私のモチベーションにもなっていますね。
あとは時間的にある程度ゆとりがあるので、看取りの患者さんに対して、ゆっくりと食事介助してあげることもできます。
それが私の心の中の充足感につながっているのだと思います。

仕事の時に心がけているのは、意識がなさそうに見える患者さんへの言葉かけや対応です。
自分も精神病院に入院していたとき、倒れて体が動かなくなってしまったときに、看護師さんの言葉かけや動作一つ一つが心にしみた経験があります。
ウンともスンとも返答のない患者さん、わずかに瞬きする程度の患者さん…反応できないと思われている患者さんも、実は深いところで意識があるのではないかとさえ、私は思ってしまうのです。
なので朝の挨拶や、丁寧に顔を清拭してあげたり、おむつ交換の時の声掛けなど、一つ一つの動作を常に「見られている」と意識して行うように心がけています。

昨日はがんの末期の患者さんが、「悪いねぇ、こんなことまでお世話なってしまって。忙しいでしょ?」と話していました。私はなんて答えようか迷ったけれども、「誰もが最後は通る道だから、大丈夫ですよ。今ちょうど手が空いていたので、遠慮なさらないでください。」と伝えました。
人間って、生まれる時にも手を借りないと出てこれない、最期の時にも助けが必要。
とても手間がかかる生き物だけれども、だからこそ思いやりが生まれ、助け合う心が育っていくのだと思う。
ケアしているようで、実は私も心がケアされているのです。
働くって素敵なことだなぁとつくづく思いました^^
この記事に対するコメント
こんばんは
わたしも思いやりの心で接していきたいと思います。
でも、たまに出来なかったりするときもあって… なかなか難しいことですね

また、遊びに来ます♪
【2013/07/30 20:29】 URL | ふたば #MBDzAF1I [ 編集]

ふたばさんへ
初めまして。コメントありがとうございました。不定期に更新しています。
またいつでも遊びに来てくださいね。
私もふたばさんのブログに遊びに行かせていただきます^^
【2013/07/30 22:02】 URL | ようこ #WzzJX4NY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/1304-9f66db08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)