私の感覚 命の終わり
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

命の終わり
身体を使いすぎて、うまく休ませることができなかった人は、身体の病気になって、身体の痛みに耐えて命が尽きる。
頭を使いすぎて、うまくいい塩梅に休ませられなかったり、まったく使わないでいすぎると、頭の知恵や知識が逃げて忘却する。
頭の中は空っぽになって、何も考えられなくなって苦しむ。

心を使いすぎてうまく休ませることができなかった人は、感情の波が大きくなりすぎて疲れ果てて、心が辛くなる。
心が逃げ切れば自殺成功。
しかし逃げ切れず保護されてしまうと、デパケンかジプレキサを飲まされて、感情をフラットにさせられて、楽に生きられるように調整してくれる。

くすりは心が辛い時はあくまでも補助。
感情の波はある程度あってもいいのでは?

また、頭をうまく休ませられない時は、まず薬(メジャートランキライザー)を使うのだけれども、本当は薬はあまり身体に良いものじゃない。
薬は最小限の使用にして、あとは紙に書いて頭の中を整理したり、話を聴いてもらいながら整理したり、ぶつぶつつぶやきながら整理してみたり…環境の調整が大切なのではないか?

私は思う。
生命なんてすごく軽くて、私はすぐに消えることができる。
でも私に糸がついていて、誰かがそれを握ってくれている限り、私は死ねないんじゃないか、と。
私は支えられて、何とか生きてゆかれるのだと思う。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/1308-83c9401f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)