私の感覚 漠然とした不安感
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

漠然とした不安感
この胸の中に湧いてくる、漠然とした不安感。
身体は重くだるくて、何もやろうとする気力が湧かない。

昨日の仕事は、全然ダメだった。
朝からぐでんぐでんに眠くて、車の運転も危ないくらい。
立ったまま眠ってしまいそうな勢いで仕事スタート。
結局何とか仕事はこなすが、ミスしてしまったり、ふらふらして心配されたり、散々でした。
仕事が終わってロッカールームでへたり込んだ私。
全身脱力感がひどく、動けなくなったので、しばらく座ってボーっとしていた。
そしたら先輩が心配して、家まで送って行ってくれました。
あったかい職場、利用者さんもスタッフもみんないい人。
私だけどんなに頑張っても人並みにはこなせない。
いつも調子が整わない。
ああ、今日はとてもいい仕事ができた、と思える日は、まだないのです。
恥ずかしいことに、いつも反省点が出てきては、振り返る日々。
未熟で、迷惑や心配をかけ、なんとかかんとか仕事をこなす日々。
やっと半年が過ぎ、それでもまだ体調が整わない。
躁の波を何とか頓服でやりくりできたと思ったら、今度は鬱に突入したのかな?
その波が負の曲線に落ちていく瞬間、脱力感に見舞われるのか、私にもよくわからない部分がある。
今日は受診して、そのあとひたすら寝ていた。
眠い、というよりも、身体が動かせなくてだるくて重い感じ。
気力が吸い取られてしまって、心の中がスカスカになっているのだろうか、漠然とした不安感。
この隙間はどうやっても一人では埋められない、薬で補いたいわけでもない、とにかくやり過ごすのだ。
耐えて耐えて、耐え抜いて。
いつか元気に戻れると信じているから、がんばれる。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/1355-afec1bae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)