私の感覚 分かりそうで分からない
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

分かりそうで分からない
感情がふあんていだ。
涙がボロボロこぼれて泣けてくる。
昔を思い出しては、泣いて泣いて止まらない。
分かりそうで分かりかけた日、病院に運ばれて、分かりすぎて生きるいのちの本質というか頂点が分かった感じがしたけれども、分かりすぎて辛くなってしまい、脳みそが縛られて痛くて痛くて、「殺してくれ」と思った。
そしたら一本の注射で助けられたが、そのあと、薬をたくさん入れられて、分からなくなってしまった。
頂点を極めた思いから凡人の世界へ、注射という薬でおろされてしまった。 5月28日朝

一昨日は調子が悪くて悪くて、ボーっとして、旦那にも再発しているようで、入院が必要かも、と見られていた。
私は実家へ緊急避難して、様子を見ることに。
旦那も疲れてピリピリしていたので、お互いに距離を置いて、少し様子を見ることにして、私は授乳の間の子供が寝ている時間に部屋の片づけや掃除をしていたのをやめ、布団の上で授乳とおむつ交換の育児だけに専念させてもらうことにした。
それで身体は休まったけれども、心がしんどくて落ち込んで落ち込んでどうしようもなくて・・・保健師さんに電話をして、話を聞いてもらい、混合栄養なのでミルクの足し方についてアドバイスをもらった。

私はどうしても母乳育児をしたいと思っているので、赤ちゃんがおっぱいを吸ってくれると喜び、ぎゃんぎゃんと泣き続けて、おっぱいをくわえてくれなかったり、すぐにくわえてもペッと吐きだしてしまうと落ち込み、それの繰り返しです。
体重も思うように増えていなくて、むしろ少し減ってしまったことも重なって、ミルクをもっと多く入れるよう指導されたけれども、ミルクをかなり増やしたら、母乳を受け付けないようになってしまい・・・
ああ、こんなに母乳をあげるのが難しいものだとは思わなかった、と、淋しく思いました。
でも昨日の夜中、けっこう吸ってくれたので、今日は私はホッとしています^^
本当に赤ちゃんが生まれてからというもの、一日一日が濃い日々です。      5月31日朝

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/1432-bce2eb51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)