私の感覚 命の終わり。
私の感覚
35歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

命の終わり。
2016年1月20日、愛猫キティは息を引き取りました。
19歳でした。
私が病院から退院して、2日後に家族親戚との再会を果たし、その晩に亡くなっていったのです。
私の膝枕で最期を迎えさせたいと思っていたのでしたが、私は睡眠薬で昏々と眠っており、死に目に会えませんでした。
それだけが心残りです。
朝7時に起床したら、もう冷たくなっていました。
ぽろぽろ涙が止まりませんでした。

朝のうちに近所の親しかった方に、遺体を見せに行き、亡くなったことを伝えました。
そしたら近所の方が庭に咲いている菊を切って、供えてくれました。
私は庭に穴を掘って、夕方保育所から戻った子供と一緒に、キティを土葬しました。
15年ほど前に飼っていたウサギちゃんの墓石をずらし、同じところに埋葬しました。
何もないと淋しいので、翌日、ホームセンターで球根を買ってきて、鉢植えにして、墓石の上に置きました。
ピンクと白のアスチルベです。
初夏頃から花が咲くそうなので楽しみです。

愛猫キティとの思い出は数えきれません。
私が中学3年で発病するほんの少し前に拾ったネコなので、永く長く付き合ってきた戦友のようなものです。
受験勉強をしていたときは、私の膝にちょこんと乗り、温めてくれていました。
統合失調症の陰性症状(消耗期)には昼寝ばかりしている私に寄り添って一緒に日向ぼっこした記憶もあります。
どんな時も一緒で、本当にかわいい子でした。
今でも毎晩思い出しては泣いています。
でかいクマのぬいぐるみを抱っこして寝ていますが、やっぱりさびしいです。

でも顔面のがんが大きく、痛々しくても、懸命に生きたキティは、本当によく頑張ったと思います。
最後の最後まで自宅でご飯と水を摂り、自然に衰弱して息を引き取れたので、大往生だったと思います。
後悔があると言えばありますが、これで自然だったんだと自分に言い聞かせています。
命の終わりは悲しいけれど、思い出を胸に進んでいきたいです。




この記事に対するコメント
かさぷた
ようこさんの文が私のかさぷたをはぎました。二千十二年十月十四日でした。私の愛犬が亡くなったのは。十七歳でした。小さなときから、毎日毎日雨の日も風の日も吹雪の酷い日も彼の小屋の前を通ると、必死に両前足を伸ばして散歩をねだりました。一年三百六十五日欠かさず二人で散歩に出かけました。特に心が通じる人が周りにいない私にとって唯一無二の友でした。最後はもう老衰で立つこともままならず、人から聞いてオロナミンⅭがいいとそれを飲ますと心持ち元気になった気がしました。しかし、日々食べることができなくなっていき、オロナミンⅭも口にしなくなりました。覚悟を決めました。冬の訪れを告げる冷たい風が吹き始めた頃でした。夜、私は眠剤で朦朧としながら彼の断末魔の叫びを聞いていました。その叫び声が胸に刺さるのです。それは何回か続きました。翌朝、彼は既に死後硬直の状態でした。どこから湧いてきたのか銀蠅がびっしりと死体にたかりました。私はそれを米袋でくるみ、土葬にすべく裏庭に穴を掘りました。掘っていながら涙を禁じ得ませんでした。妻も子供もいない私にとっては唯一の家族らしいものだったのです。近所のレトリバーに背中を噛まれて血尿を出したことや、寄生虫で右往左往したことを思いだしたりしました。和犬らしく猪突猛進な頑固一徹な奴でしたが、私は今も彼の在り方を愛しています。
ようこさんの愛猫ともども、冥福を祈ります。
【2016/01/28 11:08】 URL | magaji #- [ 編集]

名前間違い
「かさぷた」の一文は「magaji」と名前がありますが、「mataji」の間違いです。訂正してお詫びいたします。
【2016/01/28 11:10】 URL | mataji #- [ 編集]

Re: 名前間違い
> 「かさぷた」の一文は「magaji」と名前がありますが、「mataji」の間違いです。訂正してお詫びいたします。
気づくのが遅くなりごめんなさい。
大体の感じの文章で伝われば、全く問題ないです。
すぐにmatajiさんとわかりましたよ。
いつも足跡残していただきありがとうございます。
反応があると本当にうれしいです。
また気軽にコメントお願いします☆

私は愛猫を看取り、泣いてばかりいましたが、今は気分がくるくる回る、双極性障害の重症化した状態、ラピットサイクラー(急速交代型)と言う状態です。
泣いたり、大笑いをしたり、よく自分でもくるくる変わる気分に対応しきれずに、疲れ切っていて、何とか気力で持たせている感じですよ。
matajiさんの日常も、良かったらコメントを残してください。
【2016/02/05 15:06】 URL | ようこ #- [ 編集]

キティちゃんのご冥福を祈ります
陽子さんの腕のなかで、安心しながら亡くなられたんでしょうね。
キティちゃんは幸せでしたね。

陽子さんのブログからキティちゃんが消えてしまうのは、寂しいです。

キティちゃんが天国から陽子さんを見守ってくれているといいですね。

【2016/02/06 09:31】 URL | はなまる2554 #SFo5/nok [ 編集]

かさぶた
matajiさん、かさぶたをはがしてしまい、ごめんなさい。
愛犬との思い出を偲んで、良かったことも、淋しかったことも色々と交錯したことと思います。
私は愛猫キティを看取り、初めて、最期を懸命に生きるいのちに寄り添うことができました。
人間の看護は難しくて、私にはできませんでした。
でも愛猫の最期は、ぎりぎりまで見ることができて本当に良かった、と思います。

はなまるさん、キティはブログにこれからも特別出演枠でたまに出演させます(笑)
キティは冷たい床の上で体を思い切り引き延ばした状態でなくなっていました。
朝の7時に起床したら、もう冷たくなっていたのです。
最期は1人で旅立たせてしまいました。心残りです。
【2016/02/17 16:11】 URL | ようこ #WzzJX4NY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/1482-48fe5ef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)