私の感覚 ストレスと決意
私の感覚
35歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ストレスと決意
私が今までストレスに感じていたことを、恥ずかしいですが書きます。
些細なことですが、夫が子供に食事を食べさせてくれた後は、ご飯粒などの食べこぼしがテーブルの上にも下にもこぼれているのだがそれを片付けてもらえないこと。もちろん食器もスタイもそのテーブルに置きっぱなし。
夕ご飯を食べ途中か食べ終わりか分からない状態でテーブルを離れられてしまい、夫がテレビを見始めて布団も敷かずにゴロゴロしていること。
洗濯物は子供のものを含め、洗濯機を回して終わるのを待ち、取り出して干して、たたむまですることを、私がやるのが当然かのように思い、手伝ってくれないこと。私が「洗濯物を干すのをやってほしいのですが」、と頼むと、「いやだよ」と断られたときはすごくストレスでした。私が寝込んだりした時は、「次の日が休みならば、朝やればいい。無理して夜洗濯する必要はない」と全くやる気はなく、私が担当するべき感覚でいるようです。
夕飯づくりは私はさぼってしまいレトルトに頼ることなど時折あるのですが、それに関しては夫は文句言わないでくれるのは助かります。でも食べた後の食器を洗うのは手伝ってくれません。私がレトルトに頼るというのは、調子が悪かったり、どうしても買い物に行けなかったとか理由がある時です。それを察したりして、皿洗いを率先して手伝ってくれたらいいのにと思いますが、レトルトのカレーを食べた後の皿やスプーン、コップなど、洗わないでそのままです。
玄関の掃き掃除や風呂掃除、部屋の床の拭き掃除、台所のたまった汚れの掃除、布団干し、掃除機がけ、トイレ掃除、などは私ができない理由を言って、丁寧にお願いしますと頼まないとやってもらえません。ただし、逆に夫はあまり身の回りの所に清潔感を求めていないのか、私に「もっと掃除をしてくれ、汚れているじゃないか」と責めるような文句を言われたこともありません。そのあたりはチクチク言われることはないのでありがたいかもしれません。
夫は子供を外に連れ出して遊ぶのは得意ですが、家の中で宿題を丁寧に見てあげるというのは、私が「○○ができていないので、見てあげてもらえますか?」とお願いしないと見てくれません。私の理想は、仕事から帰ってきたら、まず、子供に「宿題で終わっていないところはないか?難しいところはなかったか?」などと夫の方から子供に直接声をかけてあげてほしいのですが~

そんな感じで以前は私はストレスだらけの生活でした。些細なことでイライラし、なんでやってくれないのか、この人は、と夫に不満を持っていました。しかし発想の転換をします。『私は夫よりまめに動いてスリムな人間になろう』と。夫がやれない&やらない部分は、文句を言うよりも先に、私が動こう。例えば食べこぼしがあったら、それを拾って拭いてゴミ箱に片付けて、スタイを洗って、皿を片付ける。それだけで大体50歩~100歩の運動ができる。掃除も家中の掃除機をかけるだけでもいい運動になるし。布団干しも洗濯機にふろの残り水をバケツで汲むのも、いい腕の筋トレになる。もう発想の転換です。イライラするのは損、まず自分が動いて、スリムになろう、と決意したのです。ただ、なにも夫が気付かずに、私が片付け役に回るのも、夫のためにならないし子どもにも影響が出そうなので、○○片付けておきました、とか、○○は私がやった方がいいですか?それともあなたがやってくれますか?などと確認をとりながら家事は勧めるようにはしています。

実は長男が生まれたときに買った万歩計が、大して使いこなさずに放置していたので、久しぶりに使ってみたのですが、電池がすぐに消耗して表示が消えてしまうというトラブルが発生し、せっかく身に着けていても機能しないのでサヨナラすることにしました。
二代目万歩計をAmazonで買いました。ワン歩計というワンちゃんが首につけてもいいし、人間モードにも切り替えられて、時計と一週間分のメモリーなんかが出る、コンパクトで優れモノがお安くなっていたのでそれにしました。形もかわいいし、機能も複雑ではないので私にも使いこなせる感じなので気に入っています。
もう万歩計をちゃんとつけるようになって3週間ほどたちます。毎日の歩いた記録を、5年日記に記録して、頑張った感じを振り返っています。「歩く」という事、それが楽しみになっています。たった800円ほどの万歩計一つで、私のやる気スイッチがぐいぐい入るので、万歩計の力は偉大です(笑)
この夏、70キロあった体重が65キロになりました。ちょっぴり嬉しいです。リバウンドさせないように、あと、欲を出したら3キロくらいもっと痩せられたらなあ~なんて思います。でも無理はしない、が私のモットーですので、のんびりやっていきます。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/1608-c37b408b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)