私の感覚 看護学生時代
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

看護学生時代
看護学生時代、私は数多くの素敵な人々に出会った。
心に残る先生で、今でも慕っている先生がいる。
今日はその先生がどんな人だったか、少し記したいと思う。

その先生は年齢は40歳前後(だと思う)。
3児の母親であり、教務主任をしている。
看護学生時代、バイトもしていたためか、日々疲れていることが多く、授業中に眠くなってしまい、舟をこぐこともしばしばであった。
しかしその先生の授業だけは不思議と眠くならず、先生の姿を見ているだけで、気持ちが前向きに、明るくなれるような気がした。
特別に授業の進め方が上手かったわけではなく、その先生の出すオーラがとてもすごかったのだと思う。
今でも先生の姿を思い出すたびに、元気が湧いてくる。
そんなステキな先生に出会えた事を、嬉しく思う。

看護学生時代のクラスメイトの中にも、心に残る言葉を残してくれた友人がいる。
つい最近では私がまた働き始めるとメールしたら、こんな返事が返ってきた。「ようこがまた看護師をやるって聞いて、嬉しいよ。せっかく皆で頑張って勝ち取った資格だから、看護師やらないのはもったいないもんね。何かあったら何でも話を聞くから!」って言ってもらった。
看護学生時代を共にした友人たちとは、辛い時間・嬉しい時間を共有し、色濃い思い出がある。
いつまでも交流しつづけたいと思っている。

看護学生時代、私は薬無しで乗り越えた。
それに比べれば、今は薬もある、信頼できる医師もいる、家族も応援してくれている。
きっと仕事も続けていけるだろう。
懐かしき看護学生時代、それが今の私の原動力となっている。
この記事に対するコメント

憧れだった看護学校の、ようこさんの思い出を記してくださってありがとうございました。私は、看護科があった同じ短大の栄養科に進み、栄養士の資格を取りました。残念ながら、恩師や友人には恵まれませんでしたが。看護師という仕事は、人間性を問われるというか、人格的なものを求められる仕事だと思います。病気の辛さを知っているようこさんは人の痛みがわかる看護師になれるのでしょうね。応援しています。(ちなみに私の発病は24歳頃、入院は28歳でした)
【2006/08/31 22:44】 URL | ちーこ #- [ 編集]


ちーこさん、ありがとうございます^^
ちーこさんは栄養士なんですね!栄養士さんは色んな料理のアイディアが豊富なんでしょうね。
私は夕飯を作る時は、10品目以上の素材を使い、彩りよく仕上げるように気を配っています。
ちーこさんは料理が得意なのですか?
私はレパートリーが少なくて、いつも同じ料理の繰り返しですよ。。
【2006/09/02 19:48】 URL | ようこ #WzzJX4NY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/293-537bde49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)