私の感覚 私が看護師になったわけ
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

私が看護師になったわけ
私は小さい頃から学校が大好きで、将来は学校の先生になりたいと思っていました。
それがどういうわけか、今は看護師をしています。
今日は私が看護師になった理由を書いてみたいと思います。

私は15歳(中学三年)の冬に統合失調症を発病。
古い病院、もちろん閉鎖病棟の保護室に入院することになったのですが、そこで受けた看護が凄まじく劣悪なものだったのです。
もちろん中には数名はいい人もいました。
だけど基本的に看護の質を疑わせる環境で、こんなんじゃ絶対に精神は癒されない…と思い、私だったらもっといい看護ができるんじゃないかと考えたわけです。
私は精神科医になって、統合失調症の薬の効能と処方のあり方について、研究したい気持ちもありました。
しかし私には医学部に入るだけの学力と経済的余裕がなく、患者にとって最も身近にいる看護師になろうと考えました。
当時は精神保健福祉士(ソーシャルワーカー)という制度ができたばかりで、私はそのことについてよく知りませんでした。
なので看護師を選んだわけです。

私ははじめから精神科看護師になるつもりで、学生時代から勉強してきました。
本や文献、雑誌もたくさん読みました。
保護室看護のあり方や、精神科救急医療の現状なども学びました。
でも就職する段階で、踏みとどまりました。
自分がもう少し成長してから、精神科看護はやった方がいいんじゃないかと思ったのです。
人生60歳過ぎまで働けます。
20代は普通の病院看護師をやろうと思いました。
それで私は総合病院に就職したわけです。
色々と就職してからは忙しくて、十分に休息が取れず、たった2ヶ月で1つ目の病院は辞めるに至りましたが、看護師という職業に私はこだわり続けました。
2つ目は老人保健施設の看護師。
そこでは毎日同じように老人と接するのが、次第に嫌になってきて、毎日こなすだけの仕事になっていくのが分かりました。
そんな向上心のなくなっていく自分が嫌で、結婚を口実に3ヶ月ほどで辞めるに至りました。
3つ目は有料老人ホームの看護師。
そこではひどい認知症の老人から、暴言や暴力を受け、次第にイライラが募り、お互いの精神衛生上良くないと考え、大学受験を口実に4ヶ月ほどで辞めました。
何をやっても長続きしない自分に苛立ち、もう私には看護は向かないんじゃないかと思いました。
派遣のバイトで、お弁当工場やケーキ工場で流れ作業の中で働いてみて実感しました。
「私に看護は向いていないかもしれないが、それ以上に単純な流れ作業は向いていない」と。
私は1週間も働いたら嫌になり、時々小遣い稼ぎに働く程度になりました。
それからまた堕落したゴロゴロの生活になりました。
身体は楽でしたが、精神的に満たされない日々が続きました。

引越しを機に、また病院で働いてみようという気持ちになりました。
施設や精神科で働くには、ある程度病院勤務の経験がないと、何事も自信を持って行動できないと思ったのです。
幸運にも人的に恵まれた環境の下で、働けることが決まり、順調に今のところは働けています。
給料もそこそこいいし、定時に上がれることも多いし、休日は月に10日ほどあるし、いい事尽くしです。
このまま今の職場で、長く看護師をやっていけたらなと思っています。

私が看護師を目指した原点は、精神科看護の質を上げたいと思ったことです。
私が入院していた当時、患者さんの中には十数年間も入院し続けて、すっかり社会復帰への意欲が失われている人がいました。
そういう人たちを見て、何とか一般社会でまた生活できるようにならないものかと考え込んでしまったものです。
そう!後から気づいたのですが、私は精神科ソーシャルワーカーになれば良かったのかもしれません。
でもとりあえずなってしまったのだから、今は病院看護師としてできる限りのことはやっていきたいと思っています。
看護師になったわけ、一言で言えば「反面教師」なんですね。
この記事に対するコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/09/25 14:23】 | # [ 編集]


>たんぽぽさん
コメントありがとうございます。
私も働いていない時期がありました。
働き始めると、どうしても自分の役割を果たすべく、生活にゆとりがなくなりがちです。
だから働いていない時期に、自分の好きなことがあれば、それに時間を費やした方がいいと思います。
お互いに無理のない範囲で、生活していきたいですね^^
【2006/09/25 21:28】 URL | ようこ #WzzJX4NY [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/11/07 20:55】 | # [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/12/27 15:57】 | # [ 編集]

おしらせ
こんにちは。
ブログで統合失調症の息子と父親の闘病記をつづっています。
ご覧になって、アドバイスなどありましたら、
お寄せください。

http://blogs.yahoo.co.jp/kazukazu3611
【2007/07/04 20:10】 URL | kemukemu #5jYE.wrM [ 編集]

がんばらず。
どうぞゆっくりお過ごしください。
【2009/04/19 21:00】 URL | 磯 #- [ 編集]


訪問看護で、統合失調症の患者さまを多く対応しています。彼ら、彼女たちの純粋さにスタッフ一同、心を打たれています。私たちはともに生きていることを実感してます。
【2009/04/19 21:03】 URL | 磯 #- [ 編集]

希望が持てました!!
僕も当事者で、現在30代後半、看護学校に通っています。2年生です。
はっきしいって、非常に辛い状況が毎日続きますが、発症してから、看護学校に通って卒業された方、初めて遭遇しました。とても希望が持てます。ありがとうございます。来月から、また実習が始まりますが、頑張りたいと思います。
【2010/10/30 01:42】 URL | ジャック #- [ 編集]

ジャックさんへ
私が学生時代、みんなオープンにしてはいなかったものの、精神科の薬を飲みながら頑張っている学生がクラスに数人いました。
そのくらい看護学校は厳しく、病んでしまうベースがあると思います。
でもそれを乗り越えて看護師になれれば、少しは自信になると思います。
ただ看護師になるまでよりも、看護師として働き続けることの方が難しいのが現実です。
でも好きなことを仕事にできる喜びは、何ものにも変え難いですから、ジャックさんも頑張って卒業して、希望の職場で働いてくださいね!
陰ながら応援させてくださいね。
【2010/10/30 11:24】 URL | ようこ #WzzJX4NY [ 編集]


コメントありがとうございます^^
そうですか・・・学校より実際の職場の方が大変ですか…この先も困難な道が続くのですね^^;学校だけでも、十分きついのですが・・・
とりあえず、今は希望の科とかは無いんですが、前働いてた老人ホームの経験から老人が好きなので、老健とかも考えているんですが、やっぱ一般病棟での経験が必要そうな感じが・・・
ちなみに、精神科で働いてて、患者さんから、もらっちゃうこととかありますか?
【2010/10/30 22:34】 URL | ジャック #- [ 編集]


コメントをどうぞ
【2010/10/31 17:35】 URL | 名無しさん #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/10/31 17:49】 | # [ 編集]

Re: kさんへ
コメントありがとうございます。
そうですね、私は暗いときももちろんありますが、基本前向きで明るいです。
仕事で周りに迷惑かけてしまうって言うのは、もちろんあるんですけれども、一番大事なのは、自分がこの仕事が好きかどうか、だと思うんです。
どんなにちっぽけな存在でも、ひとりひとりが前に進もうとしている限り、その職場はいい職場だと思っています。
辞めるのも一つの道だとは思います。
私なんて5回転職していますから^^
辞めても、「また次どこかで自分に本当に合う職場を見つけてやる」と思う気持ちがある限り大丈夫だと思いますよ。
【2010/11/01 17:11】 URL | ようこ #- [ 編集]

ジャックさんへ
看護学校の3年生(実習中)と最初に就職した内科病棟での勤務を比べると、明らかに病棟の方が辛かったです。
仕事が終わらなければ帰れないし、朝も早くに行くしかないし…
でも老健や有料老人ホーム、精神科病院と学生時代を比べると、仕事の方が楽かな^^
老健でも色々あるから、就職前に夏休みとかにボランティアに行って、雰囲気を探ってみたりするといいですよ。
あとは知り合いで働いている人がいたら、勤務の現状を聞いてみるとか。

精神科で働いていて、患者さんからもらっちゃうと言うのは、お菓子などの頂き物の事でしょうか?
患者さんの家族からはもらうことはありますが、本人からはもらうことはないですね。
精神的な面で影響されるか、と言うことであれば、それもないです。
もちろん患者さんをみて色々考えらさせられることはあります。
でもそれが自分の病状に強く影響する、と言うことはないかな。
一度だけ患者さんから暴力を受けそうになったことはありますが、それ以外は危険な患者さんと言うのも意外といません。
【2010/11/01 17:20】 URL | ようこ #- [ 編集]

ようこさんへ
そうですか・・・3年時の実習よりきつかったですか・・・今、まだ2年ですけど、もうへばっているので、先が思いやられます。
精神科にも興味あります。僕自身、当事者なので、患者さんの思いに近づけるような気がします。

患者さんからもらっちゃうのは、精神面のことですよ。学校で、精神科の話になると、もらっちゃうから気をつけないとね。なんて、話しているのを良く耳にするので実際はどうなのかなぁっと思いまして。

ようこさんはたくましい方ですね。しかも、前向きで明るい方なんでしょうね!
僕も、基本明るく前向きなはずだったんですが、病気になって、それがうまく機能していません。ですので、学校では、「暗い存在」と思われています。そこが、また悔しいんですよね。実際はもっと明るく元気バリバリなのが、病気前のホントの自分であるわけなので・・・^^;
今は、年齢もかなり歳をとってしまって、世間で言うとこの「おじさん」に入りそうで、そこだけは避けてきてます。
ただ、最近ジプレキサの症状で急激に体重増加肥満体形まっしぐら状態です。学校のストレスを食事をしてまぎらわすという。負のスパイラルになってしまっています。

さて、11月に入り、いよいよスパートです。今月6教科のテスト、看護過程が同時進行で、4つほど進行中。で最後に周手術期の看護実習です。
この一つの実習でさえ最後までたどり着けるかいまだに心配です。
今はただ、頑張るのみです。
【2010/11/01 23:53】 URL | ジャック #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/11/02 21:49】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/307-3b99c90b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

精神保健福祉士国家試験

こんにちは!突然のトラックバック失礼します。よろしければ精神保健福祉士について情報交換しませんか? 資格試験のしくみと勉強法【2006/11/05 19:24】

医学部受験について

医学部受験に関する情報を紹介していきます。医学部受験についてはココからどうぞ 医学部受験ガイド【2006/11/07 15:18】