私の感覚 気を抜くこと
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

気を抜くこと
昨日から数人の友達と卒業旅行に出掛けていました。
行き先は温泉のついているホテルです。
交通手段はバスと電車を使ったのですが、意外と長旅で疲れました。
旅行自体は楽しくて、友人とも色々話が出来て、かけがえのない時間を過ごせたと思っています。
昼寝もしたし、夜はぐっすり熟睡していたのに、なぜか帰りのバスや電車の中で私はぐったりしていました。
私は極度に疲れているときはもちろん睡眠を取るのですが、睡眠を取るほどではない疲れの時は、よく気を抜くことをします。
「気を抜く」というのは分かりづらい表現かもしれませんが、つまり周りの人から見ると「魂が抜けているような状態」で、自分では「無心になること」だと思っています。
気を抜くにはちょっとしたテクニックがあって、それをマスターしたことで、私は脳の疲れを効率良く取れるようになってきた気がします。
気を抜く前にはもちろん色んな事を考えているのですが、それらを一旦全て忘れます(意識的に頭の中から除去します)。
すると自分が空っぽの人間になれて、脳の活動を抑制若しくは静止できます。
「気を抜く」事が出来るのは、安心できる人がそばにいたり、安心できる場所にいる時に限られますが、それでも気を抜くことが出来るようになると、日常生活がすごく楽になります。
これからも時々は気を抜いて、楽に生活していけたらいいなと思っています☆

この記事に対するコメント

こんにちは。
気を抜くというのが何となくイメージできるのですが、自分でやってみようと思って頑張ってみましたが上手くいきませんでした。
(頑張ることでもないのかな?汗)
出来るようになってみたいです。
【2005/03/08 19:35】 URL | やまま #- [ 編集]


こんばんは。
卒業旅行ですか。いいですね。
自分は大学を卒業しましたが、卒業旅行なんてしませんでした。
ちょっと羨ましいです。
【2005/03/08 20:05】 URL | fantian #- [ 編集]


こんにちわ。無心になること自分も実践して
います。坐禅とかなんですが、呼吸法によって
リラックスできるのは色々と証明されています
しね。薬を使わないでリラックスできれば
一番ですよね!
【2005/03/09 11:28】 URL | 弥勒 #X.Av9vec [ 編集]


「薬を使わずにリラックスする」ということが自然にできるようになれば、ずいぶん楽に生きられると思います。
私は精神科疾患において、薬はあくまでも応急処置の一部だと考えています。
一時的に脳の興奮を鎮めたり、沈んでいる部分を活性化するには適していますが、根本的な解決を目指すには、自分がそうなるに至った過程を見直さないことには、また同じ状態に何度も陥る危険性があると考えています。
だから精神科疾患は医師任せではなく、自分からどんどん治療に積極的に参加していくべきだと私は思っています。

【2005/03/09 22:14】 URL | みぅ #WzzJX4NY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/47-3ececc72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ま、いっか。

ようこさんの記事よりトラックバックです。脳が回転しすぎて、オーバーヒートしてしまう。これ、統合失調症の典型的な例ですよね。私も脳が回転しすぎて、これくらいなら、出来るな。と思ってやった結果、身体がぐったりしてしまうこと良くあります。それで、私の場合はどう 空の彼方【2005/03/09 12:48】