私の感覚 病むことの意味を考えよう
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

病むことの意味を考えよう
今日、統合失調症の本を書店で立ち読みしてきた。
私のように治る人は珍しいし、運がイイんだ…という事を、あらためて感じた。
薬にも頼らずに、今はやっていけているし。
幸せ者だな、私は。
でもどうして医師は統合失調症のことを、ああいう解説しかできないのだろう。
100人に1人の確率で生じる病気かもしれないけれど、病むことにはそれなりの意味ってものがあるんだと思う。
私はこれからサークル活動(シンセサイズ)で、当事者の経験を結集させて、病むことの意味をまとめていってみたい。

もちろんこの病気は、脳の機能的変化を伴っており、薬が有効であることは科学的に証明されている。
しかし、そういう脳の状態になった裏には生物学的先天性要因以外に、必ず本人の生き方、人間関係の築き方が関わっているのだ。
現に少数の方が、かのさんのページで「病気になって良かったと思うことは何ですか?」という部分でプラスの意見がいくつか出されている。
統合失調症という決定的な脳の状態に一旦陥ってしまったことは不幸であったかもしれないが、それをきっかけとして人はいくらでも成長し続けられるのだと思う。
 
ある人のページ(http://homepage3.nifty.com/kasiko/death.htm)で、障害はより良い向上心をもって産まれる人に与えられるものだ…という見方が示されていた。
そのような考え方をすると、自分がこの病気になったことで、幅広い人生を送れるようになった訳だし、まんざらでもないと思う。

これからの時代、テクノロジー化が進む中で益々人間関係が困難になっていくことと思う。
そんな中でも、私たち人間らしい精神を病んだことのある者にとっては、病気によって時代の最先端を行く人間の信頼関係のトレーニングを積んでいることになるのだと思う。

人が人らしく生きていくために、精神疾患が時として生じる。
精神疾患(うつ病、統合失調症、アルコール依存症など)は、人として生き方を見つめ直すきっかけになる。
今の時代は便利な世の中だから、必死にならなくても楽に生きていける。
でも人間、楽に生きる程つまらないことはないと思う。
悩んで、苦しんで、生きるのをためらった時があるからこそ、今生きていることがすばらしく感じられるのだと思う。

病気に感謝!
この記事に対するコメント

こんにちわ。
自分はまだ病気に感謝と言える段階まで至って
ないわけですが、病気になる前の考え方と
比べてみると案外気付くことも多かったし、
改めて考えさせられることも沢山あり、
すべて損だったとは言い切れません。
いつかは感謝出来るような状態になれるでしょうか・・・
【2005/03/16 08:03】 URL | 弥勒 #X.Av9vec [ 編集]


こんにちは!

感謝というのとは違うかもしれないけど
私の人生の負の部分を病気が独りで背負ってくれてほかの部分は良いことやラッキーなことが占めてくれてるような気がします。

あとバンド活動とか作詞作曲のときなどに
人と違うことが自然に出せて個性や売りにになってると思います。

そろそろ講演会ですね・・☆
【2005/03/16 15:25】 URL | ここあ #LGxQMfeo [ 編集]


こんにちは。
最近苦しくなってきました。
今を生きることが本当に素晴らしいのか、自信を持って言えない状態です。
でも、いつか病気がもたらした幸運な部分を見出すことが出来ると良いなと思います。
【2005/03/16 18:14】 URL | やまま #- [ 編集]


ブログを閉めることにしました。
お世話になりました。
でも講演会は行くと思うのでよろしくおねがい
します。
【2005/03/16 22:14】 URL | ここあ #- [ 編集]


>弥勒さん
私もはじめは「どうして自分だけがこんな病気で苦しまなければならないんだろう。病気の事を他の誰にも話せなくて辛い…」という気持ちが大きくて、とてもじゃないけれど病気に感謝なんて出来ませんでした。
でも病気の事を勉強して、なんとか上手い付き合い方を考えていくうちに、病気から逆に学べることがたくさんあることに気づきました。
「すべて損だったとは言い切れない」という所から、徐々に病気になったのも悪くないかな…
、いい人生勉強になったな…くらいに思えるようになったらいいですね☆

>ここあさん
ブログ終了されたんですね…分かりました。
リンクから外しておきます。
講演会でお会いできるのを楽しみにしています!では、また。

>やままさん
辛い時、幸せな時、色々あると思うけれど、何とか生きて乗り越えて、後で振り返ったときに、「あの時の自分はよく頑張って生きていたな…」と思えたら素晴らしいと思います。
私は病気の後にも色々大変なことがありましたが、いつも入院していたあの時に比べれば大したことないはずだ…と思って、乗り越えています。
【2005/03/17 14:30】 URL | みぅ #WzzJX4NY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/52-90e64678
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)