私の感覚 助け合い
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

助け合い
助け合い精神に満ち溢れた、今の職場が私は大好きだ。
職場にいると、何ともいえない温かい空気に包まれているのが分かる。
夜勤帯では2人の看護師で、約60人の患者様を看なくてはならない。
どうしても手が回らない部分も出てくる。
そんな時、患者様同士での助け合いがあり、患者様がスタッフに対しての助けを出してくれる。
例えば、盗み食いをしようとする知的障害の患者様に対して、他の患者様が「Mちゃん、盗っちゃだめだよ、部屋で待っていなよ。」と優しく誘導してくれる。
トイレ介助が必要な患者様が、ポータブルトイレまで行くのが大変な時、他の患者様が車椅子を押して連れて行ってくれる。
食事の配膳を手伝ってくれる。
失禁してしまった患者様に、優しい声かけをし、着替えを手伝ってくれる。
てんかんで倒れた患者様がいれば、すぐにスタッフに知らせてくれる。
もう、挙げればキリがないほど、患者様には助けられている。
その他、スタッフの人たちも、メチャメチャ優しい。
自分が入院したい、とまでは思わないけど(笑)
でも、私の勤めている病院は、古い設備だけど、人材はピカイチだと思うよ!
温かい空気、助け合いの精神、思いやりとやさしさ、まだまだ自分に足りない所はたくさんあると思うが、患者様や他スタッフを見習って、前進していきたい。
この記事に対するコメント
同感
私も、今の職場の魅力は助け合いだと感じています。
きっと、病棟全体の無意識の「仲間意識」
なのかなぁ…って思います。
でも時々、それが怖くもなります。
スタッフのイライラが患者さんのイライラに移ったり、
病棟全体が沈んだり…
みんなで健康になれたら理想的なんですけどね(笑)
【2008/02/11 22:16】 URL | はらけいこ #- [ 編集]

ステキ・・・
素敵な職場ですね・・・。
私が入院した病院はそこまでではありませんでした。
少し残念です(x_x;)
でも、どこの世界でも必要なこと、
それは助け合いですよね。
【2008/02/11 23:54】 URL | いちご #- [ 編集]


失礼な事を言うようですがそれは働いている側としての都合の良い解釈なのではないでしょうか?60人に2人って…それは患者さんにとって素晴らしい病院といえるのでしょうか?車椅子の患者さんを患者さんが連れて行くなんて危険極まりないでしょ。
【2008/02/12 08:51】 URL | 青犬 #EEtdfnJ6 [ 編集]


良い場所には笑顔があります。
ようこさんの職場にも、
笑顔がいっぱいありそうですね。
患者さん、職員、
共々前進できればさらに理想的!
【2008/02/12 17:06】 URL | さとう #4jcS8CFw [ 編集]

様々な意見、ありがとうございます
>はらさん
病棟全体の無意識の「仲間意識」、大切ですよね。
でもそれにどっぷりと浸からずに、早期退院、自立を目指していってもらいたいと思っています。
>いちごさん
私がかつて15歳で入院した病院にも、助け合いはありました。
「私たちがこの病棟では、若い人たちなの。一緒にがんばっていこうね。早く退院できるといいね。」と保護室から女子病棟に出た時に、声をかけてくれた先輩患者さんが、すごく優しく感じられて、嬉しかった思い出があります。
あとは足の悪い患者様の食事の下膳を、私が毎回手伝ってあげていたら、看護師さんに「ようこちゃんは優しいから、こういう仕事が向いているかもしれないね」と言われました。
人に優しくありたい、そう思わせてくれた15歳の入院生活が、看護師を目指そうと思った原点です。
>青犬さん
看護師の都合のいい解釈、と見られても仕方ないと思います。
私ももう少し夜勤の人手が増えて、(例えば看護師2名に、看護助手さん1名など)ゆとりが生まれればいいと思っています。
でも病院もそれが出来ないのが現実。
看護体制のことは勉強不足で分かりませんが、基準看護という最低限の人員はきっちり確保してあります。
それでも人手が足りないのだとしたら、それは国が基準看護の見直しをしなくてはいけないのだと思います。
>Yさん
エロコメントは削除させていただきます。
今後の書き込みもしないでいただきたいです。
>さとうさん
笑顔が大切!
これはどこの職場も同じですね^^
私もこころが沈んでいる時、患者様に「調子が悪いんですか」と聞かれないよう、いつも笑顔で対応を心がけています。
(2回旅行した)微笑みの国、タイ王国。
タイで実感した微笑みのステキさを糧に、日々笑顔で仕事をして行きたいと思っています。
【2008/02/12 22:21】 URL | ようこ #WzzJX4NY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/564-7f9271e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)