私の感覚 心の鎖
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

心の鎖
あの頃の私の心は鎖に縛られていた。
何をやるにも人の目が気になって、自分の行動がどう評価されるか心配で、いつもいつも慎重になっていた。
大人から見たら、あの頃の私は真面目に勉強に取り組み、部活動も精一杯がんばっているイイ子ちゃんだったと思う。

私は物事に対して、精一杯・一生懸命に取り組んでしまう傾向がある。
そのためいくつものことを同時に熱中する訳にはいかず、私は中学時代は部活と学校の勉強に打ち込むことに決めた。
それでも私は器用な人間じゃないので、「部活か勉強か…」と言われれば、勉強を選んで優先させてしまうような子だった。

私は中学の時バレーをやっていたが、先輩方は強かったけれど、私たちの代はすごく弱いチームだった。
顧問の先生は一生懸命に指導して下さっているのに、技術面と実績面での効果が中々上がらず、私たちはよくその先生に「バカになれ!」と言われていた。
私は中学生の時「バカになる」ということは、何を意味しているのかがよく分からなかった。
今なら何となく分かる。
それは…部活動に全精神を集中させ、バレーバカになるぐらい、思いっきりバレーをやろうじゃないか!
他人にどう思われようと関係ない。
もっと勝ったときは喜び、負けたときは悔しがれ!
気持ちをもっとお互いに表面に出して盛り上げていかないと、つまらないじゃないか。
もっともっとバカみたいにはしゃいで、熱中した方がいいんだ!
…という感じの意味ではないかと思う。

あの時の私はバカになれていなかった。
頭でっかちで融通の利かない、カタイ人間だった。
私の心は、常に評価の目を気にしてしまう…という見えない鎖に縛られていた。
色んな人の視線が私に突き刺さり、どんな些細なことでも必ず評価されるという前提により、私は束縛されていた。
次第に心は鎖で複雑に縛られて、ガチガチで身動きできないような状況となっていった。

私の心が鎖から解き放たれたのは、いつ頃のことであろうか…
おそらく15歳、鎖で縛られた心が限界に達していたのが高校入試の直前の事で、統合失調症という「病気」をきっかけにして私の心は自由になったのだと思う。

生きていれば いろいろあるさ。
いつもいつも まっすぐに進めるとは限らない。
どんなにがんばったって、思い通りにならないことはたくさんあるんだ。
だからと言って あきらめることはない。
自分のペースで、自分なりにがんばり続けることに意味があるんじゃないか。
周りの人からどう思われようと、自分のことを一番よく分かっているのは自分なんだから、恥じることなく堂々としていればいいんだよ。
精一杯生きている自分って ステキじゃないか☆ 
この記事に対するコメント

>あの時の私はバカになれていなかった。
>頭でっかちで融通の利かない、カタイ人間だった。
>私の心は、常に評価の目を気にしてしまう…という見えない鎖に縛られていた。
>色んな人の視線が私に突き刺さり、どんな些細なことでも必ず評価されるという前提により、私は束縛されていた。
>次第に心は鎖で複雑に縛られて、ガチガチで身動きできないような状況となっていった。
まさに今の自分を表しています。的確です。
【2005/03/22 19:11】 URL | fantian #- [ 編集]


>あの時の私はバカになれていなかった。
>頭でっかちで融通の利かない、カタイ人間だった。
>私の心は、常に評価の目を気にしてしまう…という見えない鎖に縛られていた。
>色んな人の視線が私に突き刺さり、どんな些細なことでも必ず評価されるという前提により、私は束縛されていた。
>次第に心は鎖で複雑に縛られて、ガチガチで身動きできないような状況となっていった。
まさに今の自分を表しています。的確です。
【2005/03/22 19:12】 URL | fantian #- [ 編集]


>あの時の私はバカになれていなかった。
>頭でっかちで融通の利かない、カタイ人間だった。
>私の心は、常に評価の目を気にしてしまう…という見えない鎖に縛られていた。
>色んな人の視線が私に突き刺さり、どんな些細なことでも必ず評価されるという前提により、私は束縛されていた。
>次第に心は鎖で複雑に縛られて、ガチガチで身動きできないような状況となっていった。
まさに今の自分を表しています。的確です。
【2005/03/22 19:20】 URL | fantian #- [ 編集]


ちょっとした不手際で書き込みが連続してしまいました。
すいません。
【2005/03/22 19:22】 URL | fantian #- [ 編集]


こんにちは。
思うようにいかないことが沢山あるのが人生ですね。
私は今ダイエット苦戦中ですが、もっと精神的に落ち着きが出て、薬の量が減るともっと楽になれるのかなぁと思ったりしています。
自分の色々なところを大事にしていきたい、と思ったりします。
今はまだネガティヴ思考ですが・・・
頑張りたいです。
【2005/03/22 19:52】 URL | やまま #- [ 編集]


こんにちは、初めまして。
本当、どこか懐かしさを感じてしまうくらい、自分の状況を的確に表現された記事でした。残念ながら、私は今でもこの鎖に縛られている状態ですが、「適当」をやりたくても出来ない……というか、「一生懸命に」「適当」をしてしまう癖からは、まだ解放されずにいます……
 何よりも、その「適当」を強いてくる、「適当できない」のを理解しないのが家族というところが一番辛いところですが……これから時間をかけて自分で自分を解放していけたらなと思います。
【2005/03/24 17:20】 URL | そら #G91RSZjw [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/57-20ec1f5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)