Entries

支離滅裂

私の勤め先の病院の保護室には、最近30代の男性が入院してきた。
昨日は夜勤だったのですが、その統合失調症の男性はずーっとブツブツ何かを話していて、寝なかった。
明け方になってようやく寝た感じ。
過去のことを簡単に書くと、高卒後、5年間ひきこもり。
その後2回にわたり精神科病院に入院し、数年前から通院しつつ、自宅療養していた。
母親も聞くところによるとごちゃっぺらしい。(ごちゃっぺとは茨城弁で「わからずや」という意味)
そんなわけで、30代のその男性はとにかく支離滅裂。
会話が成立しない。
一方的にマシンガンのようにしゃべりまくっている。
日本語と英語が入り乱れ、院長が診察していても全く物怖じせず、滅茶苦茶。
この患者様の将来はどうなるのだろう。
こんなんで、本当に良くなるんだろうか…考えてしまった。
滅茶苦茶にも程があるだろう…と思いつつも、こりゃひどいね~と相方と話していました。
夜は2人夜勤なので女性だけでドアを開けると、逃げられたり暴力を振るわれる恐れがあるので、ドアは開けず、生存確認だけしました。
あとは日勤帯のスタッフの多い時間帯で、色々と対応してもらうしかない、といった感じです。。
そんなわけで、あまり気の休まらない夜勤でした。

7件のコメント

[C2057]

世の中にはいろんな方がいますから、難しいですよね。
同じ考えや思いを持った人なんて、いませんからね。
だからこそ楽しいときもあるけれど、苦労することもありますね。
お疲れ様でした。

あと相互リンクよろしくです☆
  • 2008-06-24
  • 投稿者 : 花井美桜
  • URL
  • 編集

[C2058]

ようこさんのいる病院に入院したいです><

なんかそう思いました

その患者さんのご両親が変わればもう少し良くなると思います・・・

  • 2008-06-24
  • 投稿者 : necomanma
  • URL
  • 編集

[C2059] 薬の調整

そういう患者さんには、まず、薬の調整なんですかねぇ。上手くいって、人らしい生活に戻ってほしいですね。
  • 2008-06-24
  • 投稿者 : まい
  • URL
  • 編集

[C2060]

症状の重い患者さんを目の当たりにするとしんどいですね。
よく頑張っていらっしゃるなぁと尊敬です。。。

蛇足ですが、「ごちゃっぺ」って可愛い感じのする言葉なのに
意味は手厳しいのですね(>ω<。)
  • 2008-06-24
  • 投稿者 : かれん
  • URL
  • 編集

[C2063] どうなることやら

私もよくそう思います。
でも、結構な割合でよくなるんですよね。
みんな(本人、家族、スタッフ)の力が終結すると、
ものすごいパワーになるんだなぁって、
日々思います。

ごちゃっぺってかわいいね☆
  • 2008-06-25
  • 投稿者 : はらけいこ
  • URL
  • 編集

[C2064]

その男性も、きっと再発やなんやらを繰り返して
症状が悪化してしまった患者さんなのでしょうか。
そういう話を目にすると
「生きる」とはどういうことなのか
考えさせられます。
なにが「生きる」なんでしょうか。
ようこさんはどう思いますか?
  • 2008-06-26
  • 投稿者 : さとう
  • URL
  • 編集

[C2065] コメントありがとうございます

>花井美桜さん
ちょうど年が10歳離れているんですね、私と美桜さん。
92年生まれなんて若すぎる~とブログ眺めていて思いました☆
これから成人式を迎えるんですね。
いや~新鮮な空気に触れた感じです。
ブログ開設1ヶ月おめでとうございます。
またお邪魔させてくださいv-22
>nさん
そう言っていただけて光栄です。
家族関係がやはり回復に向けてはキーポイントですね。
誰かに良くなってほしいと願われている、ということは、ものすごい力のような気がします。
>まいさん
その患者様にはロナセン単品で、しかも眠剤はベンザリン5mgのみ。
少ないだろー、ってつい突っ込みを入れたくなりました。
ロナセンはイマイチ鎮静効果が少ないらしいです。
ヒルナミンとかコントミンとかメジャーなものを併用してもらいたいものですね。
>かれんさん
ごちゃっぺ、って「わからずや」とか「いい加減ヤロウ」って感じですかね。
よく中学の部活(バレーボール)の監督に、「このごちゃっぺが!!!」って言われて怒られていました。
その頃はごちゃっぺの意味が???でしたが、今思えば、「もっと真剣にやれよ!」って意味だったんだろうな~って思います。
方言は難しいですよね~
>はらさん
難しい患者様に直面すると、気がいつも以上に引き締まります。
成長させていただいていると、感謝しつつ日々頑張っています。
>さとうさん
「生きる」がどういうことなのか、また難しいことを言いますねv-16
その患者様にとっては、今を大切に出来ること、それが生きるにつながる気がします。
ちゃんと食事とって、決まった場所で排泄して、脳を休めるために薬を飲んで…それらを確実にこなすことが、病気を沈静化させるための第一歩ですから。
まずは自分の生きている今という瞬間を大切にすること。
それが患者様にとっての「生きる」ってことじゃないかな?
なんて思います。
看護サイドで見ると、とにかく薬飲んで食事取ってくれれば、多少うるさくても、何も言うことなし!って感じかな。
でもさすがにベッド上で放尿されたり、トイレに枕突っ込まれた時は、オイオイ、って怒りたくなりました。

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/632-d8d48e38
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

ようこ

看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
にほんブログ村

Extra

プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索