私の感覚 転院
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

転院
今日は精神科と産婦人科の受診をしてきた。
同じ病院で診てもらっているのだが、精神科では予約時間前に行ったのにも関わらず、2時間あまり待たされた。
しかも診察ではイライラすることが・・・
私は母乳育児をしたいので、ジプレキサ10mgを少しずつ減らしてきて、今はようやく3mgで落ち着いてきた。
このまま1ヶ月に1mgずつ減らして、出産後は薬をオフにして、母乳育児にトライする予定で考えていた。
それなのに、主治医は「出産後は不安定になりやすいので、速やかに薬を増やすことにします。母乳育児なんてとんでもありません。病気が悪化したらどうするんですか!」と一方的に意見する。
この医師は患者の意向をくみとろうとしないんだ、と頭にきて私は転院を決意する。
出産後、薬オフでやれるかどうかは、やってみなくちゃ分からないはずだ。
たとえ1週間でも2週間でも母乳をあげられれば、メリットはあるはずだ。
もし精神症状が出たら、その時点でまた薬のお世話になればいい…私はそう考えている。
安全パイで行きたいという医師の感覚と、ベストな道を模索したいと考えるチャレンジャーの私の感覚、どちらが患者心理に共感できますか?
…というわけで、私は早速行動に移すことにした。
地元の精神科クリニックに行き、転院希望を伝えると、大丈夫ですよ、とのこと。
話をよく聴いてくれる医師で、横柄さや一方的な感じは全くなく、ここなら大丈夫かな…という感じがした。
自立支援医療もそのクリニックで受けられるように、手続きをとることにした。
これで転院の手はずは整った。
来月からは不快な思いをせずに、安心して受診できると思うと、ホッとする。
今日は病院めぐりで疲れたけれども、充実した一日となった。
赤ちゃんの方は普通よりもやや大きめだけれども、順調に育っているので問題はないですと言われ、ホッとしました。
ただ血糖値が前回よりもやや高かったので、様子をみるために採血をした。
ジプレキサの副作用でないといいけれども。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/738-29f2c346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)