私の感覚 落ち着かないという辛さ
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

落ち着かないという辛さ
今日はある人から電話があった。
はじめて話す人だが、以前手紙をいただいていたので、状況は何となくつかめていた。
その方は私の2倍くらいの年齢の女性で、統合失調症に最近かかり、通院をして服薬しているのだが、落ち着かないのが辛い、との事。
具体例を聞いたら、歯を磨くのがしんどい、お風呂の湯船に浸かっていられない、などである。
歯を磨くのが億劫だったら、緑茶でうがいして寝ればいい。
お風呂の湯船に浸かっていられないならば、身体を清潔にしたら、カラスの行水でいいじゃないか、後で早くコタツでも出して、その中で温まればいい。
などと私は答えてしまった。
理屈は合っているが、温かみのない答え方をしてしまったかな、と我ながらに反省している。

実は今日、その方の電話の前に、看護学校の友人からも電話があった。
そしたら、その親友は先週の金曜日に、もう死にたいと思って、私が行っているかかりつけのクリニックに行ってみたとの事。
私はそれで医師は何と言っていたの?と聞いたら、「うつ状態ですね」と言われたとの事。
彼女は2歳の女の子の母親であり、総合病院の現役看護師であり、プリセプターと言って後輩指導の係りも担当している。
ここ数週間過労勤務がたたって、もう3日くらい全く眠れていないという。
今日はこれから夜勤だというので、私が彼女にアドバイスした。
①上司に「精神科のクリニックでうつ病と診断され、しばらく休職するように言われたので、10月の勤務に穴を開けるかもしれないのですみません」と伝えること。
②かかりつけのクリニックに、連休明けの朝一番に電話して、状態がすごく悪いのでなるべく早く診てもらい、診断書に休養が必要である旨を書いてもらい、それを職場の上司に渡すこと。
③休職したら、まず家の中を掃除と片づけをして、その間に今後自分はどういう働き方をしたらいいのかを考えること。
④休職できなかったら、病院を辞めることを考えてもいいし、うつ病は全く恥ずかしい病気じゃないから堂々としていること。
彼女は明日、夜勤明けでうちに来てくれることになった。
薬のこともあるし、今後のことも一緒に話して考えていきたいと思った。

今日は家族とかずひさの3ヶ月を祝って、焼肉パーティーをした。
両親がウチにホットプレートを持ってきてくれて、たらふく食べて、眠くなってきた頃に親友からの電話。
びっくりして、心配になって、1時間くらい話していた。
それを名残惜しいけど電話代が彼女が大変だと思って、こちらから用事があるといって切って、しばらくして、前述の方からのお電話。
私はなんだか今日は大したことをしていないのだが、気分的に疲れてしまい、夕方かずひさを抱きながら倒れそうになってしまい、旦那を呼んでバトンタッチしてもらった。
そのまま私は30分ほど横になってグラグラしている身体を何とか鎮めていた。
何もしていないのに疲れてしまう私。
どうかしている。
早く元気になりたい。
ちょっとやそっとのことでへこたれない体力と精神力が欲しい、そう思った一日であった。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/834-7ccaf382
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)