私の感覚 生きる意欲
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

生きる意欲
昨日、今日と高校時代の友人と遊んできた。
数年ぶりに会った友人は、昔と変わらずにいてくれた。
そして「お前も変わっていないな!」と返された^^

彼女はこんなことを言っていた。
「俺は30歳位で死にたいな…」と。
私は「何で???」と聞き返そうかと一瞬思ったが、ちょっと意表をつく返事をしてみようと考え、「じゃあ、今のうちから中身の濃い人生を送っておかなきゃね…」と返してみた。
そしたら彼女は「失礼なっ!今の人生が薄いというのか~」ってちょっと怒った。
でもそれにしても何で彼女は「30歳位で死にたい」と考えたのだろう。
彼女のトスカが暴れ始めたのだろうか、それとも日々の仕事で疲れきっていたのだろうか…。

「生きる意欲」があるとはどのような状態なのだろうか。
簡単に言うと「生きたい、生きていたい」と思えることだろう。
では何故「生きたい」と思えるのだろうか。
「生きたい」と思えるだけの理由やエネルギーはどこから湧いてくるのだろうか。
「生きる」のは大変だ。
疲れることもたくさんある。
だけど私は生きていたいと思う。

私もかつて生きる意欲が消失していた時期があった。
それは病気の急性期の時のことだった。
この世界において自分の生きる意味を見失い、何を信じて生きればよいのか分からず、混乱していた時期だ。
身体はぐったりしているにもかかわらず、脳が布団の中でゆっくり休むことを許してくれず、冷たい床の上に私は転がっていた。
薬の力を借りるのにも抵抗があり、ひたすら水を飲み続けるため、薬の作用に身を任せてゆっくり休むことが出来ていなかった。
身も心もボロボロで、あと少しで命のロウソクが消えるところだった。
私が「生きたい…」と思えるようになったきっかけは、周囲に対する安心感を獲得し、治療薬に対して身を任せられるようになり、適切な休息を取れるようになったことが関係していると思う。
つまり生きることは大変なことだから、必要とされる休息が十分にとれていないと生きる意欲が湧いてこないということだ。

病気の人にしろ、健康な人にしろ、何らかのきっかけがあり生きる意欲が低下する場合があると思う。
私だって生きる意欲がいつもたくさんある訳ではなく、日々悩んだり、疲れきって重い気分でいると、生きる意欲がどんどん低下していく。
しかし適切な休息をとり、気分転換をはかることにより、再び生きる意欲は満たされていく。
今回彼女が「30歳位で死にたい」と呟いたのは、きっと生きる意欲が心の奥底で低下し始めていたということだろう。
東京の殺伐とした社会で生きるのは、それだけエネルギーを使うのだろう。
私は田舎で働き続けたい、都会じゃ身がもたない…と思ってしまった。

そんな彼女とは今日は皇居へ出掛けて、美しい庭園を眺めながらエネルギーを充電してきました☆
この記事に対するコメント

 なぎら。。。
早朝覚醒。 皇居ですか。 どうでしたか。 つつじの花が綺麗でしたか。 『生きる』 なんて考えるのは若い証拠ですね。 私はあまり考えなくなりました。 一生懸命いきていばOKではないでしょうか。 それが、生きることを考える事なんですね。 若い証拠です。 40代ではそう言うことをあまり考えなくなります。 『哲学』 の問題ですね。 応援しています。
 なぎら。。。
【2005/05/06 03:34】 URL | なぎら。。。 #- [ 編集]


このブログのタイトルを変更します。
統合失調症こころ徒然草

統合失調症つれづね日記
ブックマークされている方、リンク先の方ご面倒をおかけしますが、
ご理解のほどよろしくお願いします。
【2005/05/06 05:41】 URL | fantian #- [ 編集]


病気になったほうがわたしは考えるタイプになりました。神さまや宇宙やあの世や哲学や算数や禅問答のこと。決して安心するための考えじゃなく。働くこともお金を稼がなくては生きていけない、という定理があるからですが、病気になったら直観でこれは思い込みじゃないか!?と思いました。それに縛られると働いていないことを苦にしたり不安になります。働くこと=美徳ではない。むずかしいけどまず人生謳歌できるようになる(小さい幸せでも感じれる)こと。そっちが働くことより大切だ~と思っています。・・論点ずれてる?一応、わたしの生きる意欲の源です。
【2005/05/06 13:39】 URL | カおル #- [ 編集]


こんにちは。
休息と気分転換、私は十分に取れているかなぁ?と考えました。
今は休息の時期、と主治医からは言われています。
まだまだ休みが足らないらしくて、気持ちばかり焦ってしまうことが多いです。
気分転換は音楽を使って少しは何とかなっているかな、と思います。
本当はもっと外に出たりすることも大事なのだと思いますが・・・
休息の大切さを改めて感じました。
【2005/05/06 17:24】 URL | コロライン #- [ 編集]


>カおルさん
「働くこともお金を稼がなくては生きていけない」という側面も確かにあるとは思いますが、私は働くことは即ち生きていくことそのものだと思っています。
お金を稼ぐことだけが働いていることではなくて、家事をしたり、庭で野菜を作ったり、外に出かけて健康的に身体を動かしたりすることも『働く(人が動いている)こと』になるんじゃないかなぁ~と思います。
そういう私も、一つの職業で働くことに縛られず、人生を謳歌していきたいと思っています^^
あと、私はどちらかと言うと発病前は意識せずに考えている事が多かったけれど、発病後は「自分、考えすぎだよなぁ~」って意識して考えすぎることが多くなりましたね☆
昔から考え込みやすい人種だったようです、私は。
【2005/05/06 23:50】 URL | ようこ #WzzJX4NY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/84-ec46814c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)