私の感覚 愚痴です。
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

愚痴です。
今日は息子が4月から保育所に入れる事になったので、職場復帰の相談に職場へ行ってきました。
私はセミクローズドで入職したわけですが、出産後の状態の悪かった時に上司の一人にカミングアウトしたら、スタッフ全員に病気の事が知れ渡ってしまったという経緯があります。
院長他経営者が、「まずは職場復帰をしても大丈夫かどうか、かかりつけの主治医に許可をもらってください。それから働き方については相談に乗りましょう。普通精神障害者の社会復帰は慎重に、段階を踏んでやっていくものです。いきなり正職員というのは難しいんじゃないでしょうか?主治医と社会復帰のプログラムを立ててください。また看護業務に就くのは適当かどうか、軽作業から始めた方がいいのでは?」というような事を言われた。
(オイオイ~待ってくれよ!)と正直思った。

本心を語ろう。
医師は「異常」の判断はできても、「正常」の判断を下すことは難しい、と思う。
看護師だって(あの患者さんがちょっとおかしい!)と思えても、(あの患者さんなら100%大丈夫だ!)と太鼓判を押せる気持ちになれることって中々ない。
常に病状には揺らぎがあって、不安が付きまとうのだと思う。
医師は基本的に安全な道を勧める。
不安があるなら立ち止まれ!というタイプだろう。
でも私の基本スタンスは、不安があるのは当たり前、まずはやってみて、ダメなら諦める。
やってもみないで立ち止まるのはどうか?という考え方だ。
私の職場復帰だってそうだ。
正職員で復帰が無理かどうかなんて、主治医に判断しきれるはずがない。
四六時中一緒にいる家族に出さえ、私がちゃんとやれるだろう、という確信だって持てないのだから。
大切なことは、私は職場復帰をしますが、病状に揺らぎが出たときにアフターフォローお願いします、と伝えることではないだろうか。

腹黒いと思われるかもしれないが、私が正職員にこだわる理由を書こう。
①正職員は有給休暇があるが、パートにはなくて、一度パートに降りてから正職員に戻っても、数ヶ月間は有給休暇がないのだ。
②正職員はボーナスはあるが、パートにはない。
③万が一もう一人子供ができたとき、パートだと育児休暇はもらえないが、正職員ならば育児休暇がもらえる。
育児休暇だと雇用保険から補助がおりるが、パートだと無給。
④パートだと休日出勤手当、夜勤手当がつかないが、正職員は手当てがつく。 
要するに、金だ。待遇だ。
復帰して半年間頑張れば、少しお金が雇用保険からおりる。
パートと正職員では待遇が全く違うのだ。
いったん雇用保険から抜けると、損害が大きい。
それを取り戻すには2年ほど初めからやり直さなくてはならないのだ。
女性は出産があるから、どうしてもその無給である期間をどう乗り切るかが課題なのだ。

ま、長々と語ってしまったが、要するに私は4月から正職員で復帰したいのだ。
今の世の中一人の給料で食べていけるほど甘くない!のである。
今、貯金を切り崩す生活なのでしみじみ感じている。
3月にまた受診するので、かかりつけ医をうまく丸め込んで、職場復帰は大丈夫でしょう!と言わせることを目指して、ない頭をひねってうまく誘導したいと思う。
この記事に対するコメント

何かあった時、誰が責任を取るかという問題もあるからね。ようこさんの言い分がどこまで通るか注目だ。
【2010/02/25 10:44】 URL | mataji #- [ 編集]

matajiさんへ
何かあったときの何か、とは医療事故を起こした時のことでしょうか。
それは健常者でも障害者でも医療事故は起こします。
責任の所在はどちらも同じですよ。

次の面接はしばらく先なので、すぐには結果出ませんが、気が向いたらまた記事にしますので見に来てくださいね^^
【2010/02/25 17:35】 URL | ようこ #WzzJX4NY [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/890-95f58cf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)