私の感覚 胸の内
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

胸の内
とても疲れました。
何をやっても、努力しても、結局は「病気だから」の一言で片付けられる現実。
病気である事実は変えられない。
辞めて欲しいと言われ、そのまま辞めるのは、精神疾患をもつ人の未来を暗くするような気がして悔しい。
でも固執してケンカ腰になってまでも働き続けるエネルギーもない。
今の職場で濃厚で良好な人間関係を作れてきたか?
ノー。
面倒くさいことから逃げ、その日その日が無難に過ぎるように仕事をこなしていた日々。
他人との関わりは深くないので、別れるのが惜しい、と言う気持ちはない。
今働いている精神科病院で、私がやりたい精神疾患患者の社会復帰支援ができるか?というとほとんどできない。
慢性化して社会的入院が余儀なくされ、病院側も諸事情から退院促進の働きかけもしない。
古い体質の精神科病院なのだ。
もう仕事は稼ぐための労働と割り切って、やりたいことと仕事を一緒にせず、生活のために無難な所で働いた方がいいのではないか?という気持ちに傾いてきている。
私は転職を5回している。
一箇所で長く働き通したことがない。
マイナスポイントだ。
ここでまた転職すると、今後また経歴にマイナスポイントが加算されてしまう。
でも今度こそ最後まで働き続けられる職場を見つけたい。

精神疾患患者が精神科看護をする、それはどういうことなんだろう。
私は単に患者さんの気持ちを理解するのにプラスに働く、と思っていたが、家族にしてみれば、同僚にしてみれば、やはり不安なのだろうか?
病気の人はそれだけリスクの少ない職場に勤めるべきなのか?
じゃあ、リスクの少ないとはどういうこと?
どんな仕事にも責任は伴ってくる。
看護師として働くならば尚更だ。
看護の仕事がしたい、でも病気である。という事実。
現在「病気でも働ければ問題ない」と言ってくれる職場を探して、転職活動中。
オープンにして採用してくれる所があれば、そこが私の終の棲家にできるだろう。
この記事に対するコメント

 同病の私の友人も働いています。私も働いています。ただ職種には制限がかかるみたいですね。きっと、職場見つかりますよ。挫けずがんばってください。
【2010/03/19 11:11】 URL | mataji #- [ 編集]

厳しい選択
人間打たれ強くなれます。心に伝わるまでがんばれますよ。人それぞれ、厳しい道ですけど、高度な技量を研いていってください。成功、失敗の経験も活かしていくしかないですね。たとえ仕事に就けなくても人柄だけは大切になさってください。
【2010/03/19 22:44】 URL | アスパラ #LkZag.iM [ 編集]

無理しない程度にがんばって
ようこさんにとって、病気をオープンにして働くメリットってなんですか。

私は病気をオープンにして働いていますが、たまたまそうなったという感じで、一般就労だったらいきなり病気のことはオープンにはしませんよ。

ようこさんは健常者と同じレベルで働けそうな印象を受けるので、それだったらわざわざオープンにする必要あるのかなぁと思いました。

日記でよく書いている「当事者の社会参加によるノーマライゼーション」もたまたま今の職に就いて、そういう使命があるのかなぁと思っているだけで、今の職に就くまでは、10年以上も病気を隠して働いて来ました。

病気をオープンして、雇用する側もようこさんも、メリットがある道を探してください。

上手く言えなくてすみません。
【2010/03/20 20:12】 URL | ハル #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/897-48729bb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)