私の感覚 学んだこと
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

学んだこと
今まで私は間違っていました。
「薬の力を借りながら、自分自身で症状をコントロールして、頑張り続けること」
そう思って12年間やって来ました。
でも結局は辛くなるばかりで、何も解決しませんでした。
でも今なら次のように思います。
「辛い時はまず休むこと。周りの人や薬が辛い症状を和らげてくれる。たっぷり休んで、また少し元気が湧いてきたら、頑張り始めたらいい。休むことは諦めることじゃない。頑張るために力を蓄えることだ。」

私はこの2週間、1人でがんばり続けていました。
ひとりぼっちで、私が頑張らないと、何も問題は解決しない、そう思っていました。
だけれども、結局私が助かったのは、人の温かさに触れて、私が辛くて消えそうだった時に、「大丈夫、ここにいて、外に行かないで、大丈夫」と繰り返し私に伝えてくれた看護師さんのおかげです。
人は不安になると、辛くて、苦しくて、消えてしまいそうになり、でも生きたくて、正常な部分が失われていき、余裕がなくなるため、理解し難い行動をとってしまいます。
私は2週間目に問題行動を起こし、強制退院になりました。
悲しかったです。
辛かったです。
やりたくてやったわけじゃない。
余裕のない自分が、間違って、切羽詰ってやってしまった。
でも私はもう大人なんだから、責任を取るしかない。
強制退院になりました。
医療保護入院に切り替えずに、強制退院になったのは、私が先生に信用されたからだと思います。
私は自分の命を、他の命と同じくらい大切にできる人間だ、自分から命を粗末にするようなことはしない、そう信じてもらえたから、私は強制退院になりました。

今の状態は、頭痛が出やすくて辛いです。
でも何とか正常を保っていられる感じです。
病院でたくさん学んできた、考えてきたことが私の中にはあります。
しばらくは自宅療養するつもりなので、少しずつブログに私の状況を書いたり、思ったことを吐き出して、心を軽くしていきたいと思っています。
コメントがなくても、ただ読んでくれる読者がいるだけで、心から嬉しく思います。
これからもよろしくお願いします。
この記事に対するコメント

 ROMしてますよ。
自分の大丈夫なペースを見つけるまでは大変でしょうけど,,,,,,きっと見つかるし,みんな協力してくれると思うよ。協力して欲しい時にそれを表明することって,ちょっと抵抗あるかもね。私もその気持わかるけど,恥ずかしいことじゃないから,どんどん助けてもらいましょう(^^)
【2010/06/07 10:28】 URL | mataji #- [ 編集]

matajiさん
ありがとうございます。今までずっと1人で生きようとしていた私には、素直に他人の助けを求めるってことは、けっこう難しいです。でも少しずつ助けてもらうことにも慣れていかなくちゃね。
新しい自分に変われるように、がんばりたいです。コメントありがとう☆
【2010/06/09 14:34】 URL | ようこ #WzzJX4NY [ 編集]

こんにちは^^
退院されたのですね。わたしもロムっていました。わたしはこの病気にならなかったら、わたしがわたしでいるだけで周りの人から許されている事がわからなかったかもしれません。なにか走り続けないと許されないんだと思っていました。ようこさんの言葉から、なにか大切な物を感じ取った気がしました。
【2010/06/09 17:47】 URL | みよ #mQop/nM. [ 編集]

勇気づけられました
姉が、同じ病気です。12年前に発症し、いま3回目の再発に苦しんでいます。

ちょうど1年半前、女の子を出産しました。
その後、半年前から復職し、子育てと仕事を両立しながら頑張っていました。

姉は岩手で子供と2人で住んでいたのですが、子供は家業を継いだ単身赴任中の旦那さんの実家(秋田)に預け、いま子どもと引き離すように千葉の実家へ連れてきてしまいました。

私の姉も医療従事者で、病気への理解はしているものの、仕事や育児を放り投げてしまったような感じがするようです。陽性症状が落ち着いた時に、時折見せる『自分の子供さえも育てる事ができない』という彼女が可哀そうで、何かアドバイスが与えられないか考えていたときにここにたどり着きました。

休むことは諦めることじゃない。
頑張るために力を蓄えることだ。

素敵な言葉ですね。姉に、伝えたいと思います。早く元気になって欲しいという思いも込めつつ、ゆっくり休んでのんびりして帰ってもらいたいと思いました。症状が落ち着いてきたらこのブログを紹介してあげたいです。ありがとうございます。
【2010/10/06 20:16】 URL | ぶにこ #MMudWNOQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/930-ce00542c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)