私の感覚 くすりの淋しさと効能
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

くすりの淋しさと効能
私は相手に受け止めてもらえない、今、私のこの気持ちを分かってもらうことはできないんだと思うと涙が出てくる。

分かろうとする努力、これが失われ、あなたの言っていることは変だ、おかしいでしょ?そう思われた瞬間から、私の頭痛はひどくなってくる。

もし仮に相手が私の気持ちが分からない、同意できない、そう言われる。
でも分からなくたっていい、「あなたの考えていることは私にちゃんと伝わりました。勇気を出して話してくれてありがとう、ちゃんと受け止めました。」そう言われれば、私は理解してもらえなくったっていい。
ただ最後まで私の想いを受け止めて、否定しないでくれるだけでいいのだ。

私は受け止めてもらえなくて、頭痛が強くなった。
私はがんばって伝えようとしているのに、受け止めてもらえず悲しかった。

淋しくて、淋しくて、やりきれなくて、「辛いのでくすりを下さい」と言った。
スタッフは私にくすりをくれる。
そのくすりを私に渡す時、スタッフは何を思うのだろうか?
――薬に依存している人だ
  言うことの聞けない面倒な人だ
  口だけうるさくて何もできない嫌な人だ
  言いたいことだけ言って、冷静になれない我慢できない人だ
  
『さっさとくすりのんで、おとなしくしろ』と思うのだろうか?
       
       私はくすりをのむ時、悲しくなる。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/933-ce9da060
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)