私の感覚 私の誤り
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

私の誤り
私はおごり高ぶっていた。
自分が看護師になれて、それなりに働けているから。
自分は一生懸命薬の調整をして頑張っているから、人並みなんだと。
働けない人たちは努力が足りない、とまでは言わないが、やはり甘ったれている部分があるのだと、悪いけどそう思う気持ちがどこかにあった。

でも自分が再発してみて、今後の働き方を考えた時、今まで自分が間違っていたと思った。
私は育児に家事に仕事、どれもきっちりこなせる自信は全くない。
現実的なプランといえば、仕事は半日のパートになる、賢いやりくりをする兼業主婦になる、保育所の送り迎えは旦那にやってもらう~まあ、そんな所だろうか。
パートになったら、働く時間は正職員の2分の1でも、収入は3分の1にも満たない金額になる。
待遇は悪くなるし、稼げないからもどかしいけど仕方ない。
リハビリのために働けるのだと割り切って、結果は求めないこととするか。
そして足りない分は障害年金2級でも申請してみるか…悩ましい所だ。

「薬は頑張るために症状を押さえるために使う」これは大きな間違いだ。
「薬は症状を緩和してゆっくりと休むために使う」これが正解。
薬を飲みつつ頑張ってはいけないのだ。
薬を飲んだら、一旦横になってゆっくり休む。
そして症状が取れて楽になったら、また頑張る。
その繰り返しなのだと思う。
私は薬依存症のように今は薬に頼りきっている。
でも徐々に減らして、今までのようにやりがいのある仕事がしたいし、実家に預けている息子とも一緒に暮らしたいです。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/949-8f723c2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)