私の感覚 活動しすぎた身体
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

活動しすぎた身体
 高校生になった私はひたすら遊んだ。勉強そっちのけで、部活だー委員会だー国際交流だーと好きなことを満喫していた。身体をたくさん使い、頭は程ほどに使う。心が揺れたら仲間に支えてもらってなんとか乗り越えた高校時代。看護学校に進学して、私は自分の勉強のできなさに愕然とした。努力しただけの結果が伴わない、何てことだろう!私はこの時はじめて落ちこぼれ者の気持ちが分かった。評価されることにびくつきながら、ひたすら毎日を突き進む。精神科ナースになるんだ、という想いだけが、私の身体を支えているのだった。
 私は就職し、希望はさておき内科ナースとしてデビューを果たした。せかせかと動き、少しでも先輩の足手まといにならないようにと頑張る私。でも誰にも本音を言えず、自分自身の辛い気持ちに蓋をしていた私にはとうとう限界が来た。仕事が終わって家に帰っても、耳の奥でナースコールが鳴り響く。四六時中仕事の事が頭についてまわる。もう無理だ、身体は悲鳴を上げ、私は上司に give up 宣言をした。休みをもらった。でもその休みとは永遠の休みという意味なのであった。「うつ病のナースは何人もいるけれど、統合失調症のナースはあなたが初めてなので無理です」と言われ、退職を強要されたときの無念さを、私は忘れない。活動しすぎた身体は、頭と心を引き連れて療養生活へと入って行き、中途半端な回復で無理をすることを繰り返していくのだった。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/955-4c55fa19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)