私の感覚 心の持ちよう
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

心の持ちよう
 私は間違っていた、薬の使い方を。辛い症状が出る→症状を薬で抑える→頑張る、の繰り返し。私は全く休んでいなかった。辛くても薬の微調整をして頑張れば、私は人並みに働けるはずだ…、そう信じて疑わなかった。私は自分で自分の逃げ道を絶っていたのだ。苦しいはずだった。
 私はF病院に入院中、再発してつくづく身に沁みた。薬を飲みつつ頑張ってはいけないという事。薬を飲んだらまず休む。そして症状が十分に取れて、余裕が出てきたらまた頑張る。その繰り返しなのである、生きると言うことは。
 私という人間はどんなに辛いことがあっても、淋しくて凹むことがあっても、頑張れるようにできている。むしろ頑張らないということが基本的にできないタイプなので、薬で頑張れなくしていくしかないのである。頑張っていけない時に頑張ってしまうから、この病気の人は薬で頑張れなくさせるしかないのである。でも薬では頑張る時と、頑張ってはいけない時の微調整ができない。だから常に眠かったり、覚醒しすぎて気分が落ち着かなくなったりしてしまう。
 もし私が薬を使わなくても頑張らないでいる方法が見つかり、リラックスできるようになれば、私は完治したと言えるであろう。もし私が薬を使っていい具合に頑張らないでいることができ、リラックスできるようになれば、私は寛解したと言えるであろう。
 私は頑張らない人生を送ることはできないが、頑張ったら少し休む人生を送ることはできるだろう。
この記事に対するコメント

挫折を直視し、未来を考える。
誠にあっぱれなり。
【2010/08/19 02:11】 URL | 妄想追想 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/956-d101d478
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)