私の感覚 現状
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

現状
辛い、今がそのピークの時期だ。
だけど自分が味わった辛さの分だけ、他人にやさしくできる気がする。
全てを投げ出して、何もかもを終わりにしてしまいたいような気分…そんな状況も、じっと我慢して、今を耐えれば先が見えてくるはず。
耐えよう、今はただじっと…
休めるだけ休んで、薬を飲んで、できる範囲で働いて…
どこまで持つかは分からないが、耐えて耐えて、少し時が過ぎれば、私は成長できているかもしれない。
誰だって辛い、生きるのは大変だ。
私は人よりも少し脳が疲れやすいんだ…そう思うことで乗り切ろう。

今日は精神科へ受診してきました。
受診前に発病してからの7年間の状況を簡単にグラフにして紙にメモしたものを持っていったのですが、それが大変分かりやすかったようで、担当医が感心していました^^
私の担当医は話しやすい人で、自分の状況を包み隠さず話す事ができました。
初対面の医師なのに、よくこんなに自分自身のことを話せるなぁ…と話をしながら自分で感心してしまうくらいでした。
やはり自分で病気のことを日頃から勉強し、自分の体調を事細かに把握できていたのが、診察をスムーズにできたことにつながっていたと思います。
医師の医学的な判断としては、「1~2ヶ月は治療に専念してもらうために仕事を休んでもらいたい」との事でした。
しかし事実上そんなに長い休みを取るということは制度的に不可能で、そんな事をしたら退職を意味することになります。
私は薬を飲み、様子を見ながらもう少し働き続けたい旨を伝えた。
担当医は「人それぞれ事情があることだから、とりあえず1週間分の薬を出すので、また来週受診するように」と言いました。
後は担当医が看護部長や看護師長にどう話して、どのような指示を出されるかが気になるところです。

出された薬は「ジプレキサ5㎎」です。
一日一回、寝る前に飲む薬です。
私が昔飲んでいた「コントミン」などと違って、錐体外路症状が出にくい薬らしいです。
私は昔ひどい副作用に見舞われた事が苦い経験になっているので、できる事ならば薬は使わずに何とか持たせたいと思っていました。
しかしここの所、睡眠を多めにとる等しても体調が思うように回復しないため、薬のお世話になるしかないかなぁ…と思うようになりました。
今日お世話になった医師の話によると、やはり私のように全く薬を飲まずに普通に生活できる人は珍しく、普通は再発予防のために薬を最小量用いていくのが一般的な治療法だとの事です。
まぁ、飲まないに越した事はないけれど、飲まずに調子悪いままでいるくらいなら、飲んでスッキリしたいなぁ~って気持ちでいます。
今日の夜から飲み初めなので、どんな飲み心地かドキドキです。
副作用が強く出ないといいなぁ…と思います。

この記事に対するコメント

こんにちは。
精神科に行かれたのですね。
やっぱり薬は飲み続けないと駄目なのですか・・・
飲まずに頑張っていたようこさんを見て、いつか薬も止められる位に回復したいなぁと思っていたのですが、やっぱり仕事に忙殺される状況では上手くいかないのですね。
1週間に1度の通院で、少量の薬で済むのなら、出来たらこのまま続けられると良いですね。
後は病院関係者にどうとられるかですね。
少量の薬で大丈夫なのだから、仕事をしていても大丈夫だと思うのですが・・・
【2005/06/03 19:16】 URL | 紅姫 #- [ 編集]

あまり辛くないように・・・
副作用が少ないといわれてますものね。ジプレキサ。ゆっくり眠れて、きつくないように祈ってますね。
【2005/06/04 00:34】 URL | ガルボ #EIn.xbBU [ 編集]


こんにちは。
ジプレキサ処方されたのですね。
太りやすい薬のなので体重の管理しっかりしてください。
油断するとすぐに体重増加します。
【2005/06/04 09:16】 URL | fantian #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/98-7f602a47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)