私の感覚 回復の兆し
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

回復の兆し
どんよりと停滞していた時期があったが、今は少し空が見え始めている。
「何かをやる」ということが、もの凄いエネルギーを使うんだけれども、それの一歩を踏み出すと、あとはリズムに乗ってくる。
エビリファイに変えたせいか、それともたまたまそういう時期だったのか、それとも私のアクションが効を奏したのか分からないけれども、とりあえず方向が水平から上向きになってきたのは良かった。

やることは「ない」のではなく、「見つける」のである。
掃除、繕い物、執筆・創作活動、スポーツ、料理、手紙を書く、などなど。
優先順位をつけて、そして楽しめることを盛り込みながら、日々の日課を組み立てる。
一日が終わる時に、今日は何かをやれた!と言う充実感に浸れること。
それが今の私の毎日の目標である。

活動はオンオフ使い分けなければならない。
オンになりっぱなしだと、頭がオーバーヒートしてしまう。
かといってオフにしっ放しだと成長がなくなってしまうし、充実感も得られない。
夜遅くになっても眠れず、本当はオフにして眠った方がいいのに、色々考えてしまうことがある。
そんな時は一度起きて、自分の思考を整理し文章に記す。
そして吐き出してスッキリしたら、また寝る。
そういう作業をすると、時間は短くなるものの良質な睡眠が確保されることを学んだ私は、休み上手になれてきていると思う。
今回の再発から学んだことを一言で表すならば、「休み上手は 生き方上手」ではないだろうか。

停滞していた思考が動き出した。
休むことを覚え、生きる技術を一つ身につけた私は、今度こそ上手く走れるだろう。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/987-b5d2c0d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)