私の感覚 12月から働きます
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

12月から働きます
ずっとゴロゴロしている生活の中、病院から呼び出しがありました。
「いつまで休んでいるのか?いつ復帰するか分からない人をもう雇うことはできない。退職勧告をする。」と言われました。
あと1ヶ月ほど待ってもらえないか掛け合ったけれども、甲斐なく挫折。
退職することになりました。
私の中でこの休んでいる期間は何だったんだろう、と思いました。
同じ精神科病院ならば、統合失調症の回復期の休養がどれだけ重要か、理解してくれても良さそうなのに…と思いましたが、患者と労働者はあくまでも切り離して考える主義のようで、私が患者に見られたら、もう労働者に戻ることはできないそうで…
まあ、私も正直争うのも疲れたので、もういいかな、という気持ちになって辞める事にしました。
旦那はぷんすか怒っていましたが、私は怒る気力もありません。
ただ今回の事で一つ学んだのは、子供のためを考えてパートになると言うことは、自分自身の身体を守ることにもつながるわけで、あれもこれもと欲張らないことが大切だと言うこと。
収入は10分の1くらいになってしまうけれど、新たにパートの仕事をすることにしました。
12月から再出発です。
働き始めたら、きっと楽しくなると思っています。
この記事に対するコメント

 ま、病院としても仕方ないところですかね。社会は精神障害者の常識では動いていませんからね。健常者の常識で動いていますから。この事実に突き当たるとき、いつも底知れぬ無力感に苛まれるんですよね。
【2010/11/15 10:08】 URL | mataji #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://uuusausa.blog4.fc2.com/tb.php/990-542ccd3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)