私の感覚
私の感覚
34歳の私が日々考えていることをサックリと文章にしています☆
プロフィール

ようこ

  • Author:ようこ
  • 看護学校3年生からお気楽主婦になるまでの私生活のブログです。気ままに思ったことを綴っています。私自身、統合失調症を患っており、病気を抱えながら働くことの大変さを実感しています。2009年6月に第一子を、2015年5月に第2子を出産。今は2歳と小2の息子を囲んでの幸せで大変な生活を楽しんでいます。より多くの人が統合失調症を理解してくれることを願ってます。
    FC2 Blog Rankingにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 統合失調症へ
    にほんブログ村

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ストレスと決意
私が今までストレスに感じていたことを、恥ずかしいですが書きます。
些細なことですが、夫が子供に食事を食べさせてくれた後は、ご飯粒などの食べこぼしがテーブルの上にも下にもこぼれているのだがそれを片付けてもらえないこと。もちろん食器もスタイもそのテーブルに置きっぱなし。
夕ご飯を食べ途中か食べ終わりか分からない状態でテーブルを離れられてしまい、夫がテレビを見始めて布団も敷かずにゴロゴロしていること。
洗濯物は子供のものを含め、洗濯機を回して終わるのを待ち、取り出して干して、たたむまですることを、私がやるのが当然かのように思い、手伝ってくれないこと。私が「洗濯物を干すのをやってほしいのですが」、と頼むと、「いやだよ」と断られたときはすごくストレスでした。私が寝込んだりした時は、「次の日が休みならば、朝やればいい。無理して夜洗濯する必要はない」と全くやる気はなく、私が担当するべき感覚でいるようです。
夕飯づくりは私はさぼってしまいレトルトに頼ることなど時折あるのですが、それに関しては夫は文句言わないでくれるのは助かります。でも食べた後の食器を洗うのは手伝ってくれません。私がレトルトに頼るというのは、調子が悪かったり、どうしても買い物に行けなかったとか理由がある時です。それを察したりして、皿洗いを率先して手伝ってくれたらいいのにと思いますが、レトルトのカレーを食べた後の皿やスプーン、コップなど、洗わないでそのままです。
玄関の掃き掃除や風呂掃除、部屋の床の拭き掃除、台所のたまった汚れの掃除、布団干し、掃除機がけ、トイレ掃除、などは私ができない理由を言って、丁寧にお願いしますと頼まないとやってもらえません。ただし、逆に夫はあまり身の回りの所に清潔感を求めていないのか、私に「もっと掃除をしてくれ、汚れているじゃないか」と責めるような文句を言われたこともありません。そのあたりはチクチク言われることはないのでありがたいかもしれません。
夫は子供を外に連れ出して遊ぶのは得意ですが、家の中で宿題を丁寧に見てあげるというのは、私が「○○ができていないので、見てあげてもらえますか?」とお願いしないと見てくれません。私の理想は、仕事から帰ってきたら、まず、子供に「宿題で終わっていないところはないか?難しいところはなかったか?」などと夫の方から子供に直接声をかけてあげてほしいのですが~

そんな感じで以前は私はストレスだらけの生活でした。些細なことでイライラし、なんでやってくれないのか、この人は、と夫に不満を持っていました。しかし発想の転換をします。『私は夫よりまめに動いてスリムな人間になろう』と。夫がやれない&やらない部分は、文句を言うよりも先に、私が動こう。例えば食べこぼしがあったら、それを拾って拭いてゴミ箱に片付けて、スタイを洗って、皿を片付ける。それだけで大体50歩~100歩の運動ができる。掃除も家中の掃除機をかけるだけでもいい運動になるし。布団干しも洗濯機にふろの残り水をバケツで汲むのも、いい腕の筋トレになる。もう発想の転換です。イライラするのは損、まず自分が動いて、スリムになろう、と決意したのです。ただ、なにも夫が気付かずに、私が片付け役に回るのも、夫のためにならないし子どもにも影響が出そうなので、○○片付けておきました、とか、○○は私がやった方がいいですか?それともあなたがやってくれますか?などと確認をとりながら家事は勧めるようにはしています。

実は長男が生まれたときに買った万歩計が、大して使いこなさずに放置していたので、久しぶりに使ってみたのですが、電池がすぐに消耗して表示が消えてしまうというトラブルが発生し、せっかく身に着けていても機能しないのでサヨナラすることにしました。
二代目万歩計をAmazonで買いました。ワン歩計というワンちゃんが首につけてもいいし、人間モードにも切り替えられて、時計と一週間分のメモリーなんかが出る、コンパクトで優れモノがお安くなっていたのでそれにしました。形もかわいいし、機能も複雑ではないので私にも使いこなせる感じなので気に入っています。
もう万歩計をちゃんとつけるようになって3週間ほどたちます。毎日の歩いた記録を、5年日記に記録して、頑張った感じを振り返っています。「歩く」という事、それが楽しみになっています。たった800円ほどの万歩計一つで、私のやる気スイッチがぐいぐい入るので、万歩計の力は偉大です(笑)
この夏、70キロあった体重が65キロになりました。ちょっぴり嬉しいです。リバウンドさせないように、あと、欲を出したら3キロくらいもっと痩せられたらなあ~なんて思います。でも無理はしない、が私のモットーですので、のんびりやっていきます。
元気が出ない
ここ数日、元気が出ない、力が湧いてこない感じ、寝ても寝ても寝たりない、眠いのを我慢して起きていると頭が痛いなどで悩んでいます。
子どもが夏休み中なので、たくさん付き合ってあげたいですが、それができるような体調でなくなってしまいしんどいです。
沢山頑張って動いていたので、そろそろエネルギー切れの頃かな、とは思いますが、それにしてもしんどいです。
文章をつづるのも、あまり頭が回りません。
困ったものです。
こういう時は、おとなしく諦めて、薬を飲んで寝ようと思います。
帰省
4泊5日で夫の実家へ帰省していました。
台風がちょうど向かっているときだったので、だいぶ心配しましたが、フェリーも定刻通り出港し、予定通りの旅行ができたので良かったです。
目的はおばあちゃんの初盆でした。自宅にお坊さんが来て、お経を唱えてくれました。
親せきが数名集まって、お葬式の時よりかはこじんまりと執り行われました。

私は恥ずかしながらお酒を注ぐことに慣れていません。
義父に焼酎を5対5でお湯割りを作ってくれと頼まれたときに、私はグラスの7分目ほどにお湯割りと作って持っていきました。
そしたらお義父さん曰く、こういう時はなみなみと(9分目ちょいくらい)作ってお出しするもんだと。
それがお客さんに対するサービスだから覚えておくようにと言われました。
一つ勉強になりました(*´∀`*)
壱岐は島で作っている焼酎があり、それがよく飲まれています。
私は正直なところ、お酒の味はほとんどわからないので、焼酎がどれが美味しいとか癖があるとか言われてもいまいちピンときません。
ビールの注ぎ方も泡が立ちにくい方法があるようですね。
私は実践しませんでしたが、他の人がやっているのを見てなるほど!と思いました。

義父は70代半ばですが、夕食後に50分ほどジョギングをするなど、すごく体の健康に気を遣われていました。
私は夕食後はゴロゴロするばかりなので、すごいなあと思い尊敬しました。
夫も義父のジョギングに付き合ったようですが、スピードとスタミナについて行けないと、夫はウォーキングにしていたそうです。
やはり若いころから運動をして体を作っておくことの大切さを、お義父さんを見て学びました。
私も走れそうなときは走ることをしてみようかなと思いました。

昨日帰宅して、久々にうちの猫に再会し、抱きしめました。
留守中は私の母がご飯と水を猫にあげに来てくれていたので、元気にしていました。
今日からまたいつもの日常です。
今回の帰省では大きなトラブルはなく、私も夜はそこそこ眠れていたので体調を大きく崩すこはありませんでした。
でも旅行疲れはどことなくありますね。
今日は午後診察を受けに、通院してこようと思っています。

スライムづくり
日曜日に子どもと本屋さんへ行った。
そしたら工作キットが980円でいろいろ売られている。
子どもはそれを見て、このふにゃふにゃした水が作りたい!と言う。
どうやら昔流行ったスライムのようなものである。
でも微妙に原材料は違くて、もう少し柔らかそうなイメージだった。
でも子供のおもちゃで980円は高く感じたので、家に帰ってスライムの材料を調べて、それで材料を買って手作りしようという事に決めた。
早速ネット検索。
スライムの作り方は洗濯のり+ホウ砂もしくはボールドのような洗剤とある。
ホウ砂だと使い残しの使用方法が微妙に思いつかないが、ボールドならば普通の洗濯にも使えるから、と思い、ボールドを購入。
洗濯のり50ミリリットルにボールド大匙1杯。
ひたすらかき混ぜる。
不思議なことにすぐにのりが固まってきて、ネバネバの不思議な物体に変化してくる。
握ると丸くなるのだが、皿にのせるとビローンと伸びてしまう。
まさにスライム!!!
洗剤の香りがしてスライムを触った後の手はほんのりいい香り^^
子どもはひたすらスライムを手でこねながらテレビ見ていました。。
洗濯のりがまだ半分以上残っている。
何か他の実験でもできないかなぁ…と思案中です。
黄色い月見草
うちの前の狭い空き地にヨモギと背を並べて黄色い月見草が育っている。
育てているのではなく、勝手に生えてきて育っているだけ。
背丈よりも高く伸びたヨモギや月見草は、子供たちが鎌で刈り取って剣のようにして遊んだり、ストレス解消にけっ散らしてみたり。
だいぶ痛めつけられたヨモギと月見草だが、とうとう月見草に黄色い花が咲いた。
今朝、早朝散歩をしていて、ふと見上げたら黄色い花に気づいた。
本当はもっと前から咲いていたのかもしれない。
黄色の月見草は、どちらかというとレモン色に近い感じな上品な黄色。
気持がパーッと明るくなる感じの色だ。
品種は違うと思うが、ピンク色の月見草は我が家の庭に咲いている。
背丈は低くて毎年横に広がるように増えていくしぶとい奴だ。
花は見ていると癒される。
今朝の散歩で一番心を奪われたのは、畑に咲いていたクレオメ(風鳥草)だ。
ヒゲのような部分がとても美しい。
庭は相変わらずジャングルのようなのだが、隙間を少し草むしりはしている。
数珠がいい感じに実ってきた。
数珠なんて実らせて、何に使うのでしょう・・・予定はありません。
お手玉一つでもできたらいいかな^^
それともマラカスかな~

夏休みのゆとり
子どもが夏休みに入った。
数日たつが、まだそんなにイライラしていない。
時間的ゆとりがあるのがいいのかもしれない。
水曜日は一日勤務なので、その時にイライラが出ないといいなとは思っている。
子どもに毎日課していること。
 ①教科書の音読、②掛け算九九の暗唱、③くもんのプリント、④漢字の読みと書きのおさらい
この4つ。それはテンポよく次々とやってもらうように、適宜声掛けをしている。
その他、習字に関しては本人がやりたいという時に、日記は一日おきに書いてもらっている。

私は自分の時間があまり持てていない。
常に長男と一緒にいる生活。
でもそんな時間も夏休みだけで貴重なひと時と思うので、楽しみながら接しています。
おしゃべりをたくさんしています。

話は飛びますが、「DRY COLA」というのをはじめて飲みました。
メーカーはウィルキンソン タンサン ドライコーラ というものです。
色は透明なのですが、ちゃんとコーラの風味がするんです。
ただ甘くないので、飲み口が辛い感じがします。
すごく私は気に入りました。
地元のドラッグストアでやっと見つけたので、また行くときに買い占めてこようと思います。
無糖のコーラは私の中で拍手です!
ただ、成分が何なのかが気になりますが。。
怒らない日の代償
私は昨日、子どもに対して怒らずに一日を過ごせることができました。
お兄ちゃんは弟と遊んで楽しそうでした。
私も下の子を背中にのせたり、一緒にお絵かきしたりのんびりできました。
でもその結果、見事にお兄ちゃんの宿題が終わらなかった(苦笑)
ガミガミ言って宿題を終わらせることを毎日の目標にしていたけれど、それもどうなのかな、元気に毎日学校に行ければそれでいいかな、と思い、昨日からガミガミイライラしないようにしようと心に決めたのです。
しかし夕方~夜、ハイピッチで宿題をさせないと、当然眠気が先にやってきて、宿題は終わらないのです。。
朝は起きれるときと起きれない時があるので、宿題をやれるかどうかが怪しい・・・
でも明日やれるときにやってもらうしかないか、と思い、おやすみ~と21時には子供を寝かせました。
夏休みの宿題、本人任せでいいのかな?
親がある程度おぜん立てしないといけないのかな?
それともできなければできないで学校に行かせていいのかな?
悩みます…
たかが宿題ごときで争いたくないしイライラもしたくない。
でも子供にとってのノルマは、親にとってのノルマにも思えてしまうのです。
ああ、保育園時代が懐かしい・・・

今日は午後、通院してこようと思います。
とにかく眠い、昼寝ばかりしていると伝えようかと思います。
クスリは変更希望無しで行くつもり。
子どもが明日から夏休みに入るから、心してお付き合いしていこうと思います^^
金曜日はデイケアに行ってきます。
癒しの保健師さんに合えるので嬉しいです☆彡

本を作ってみた!
今日はうれしいことがありました。
注文していた自分の本が届いたのです。
ミクシィというサイトで、2005年ごろから日記を書いていたのですが、それを製本できるサービスがあると知り、見積もってみたら、自分の手の届く範囲で作れそうだとわかり、3冊だけ作ってもらいました。
注文はテンプレートを選んで、引用する期間を選び、コメントやいいね!を入れるか省くかを選び、書式、書体を決めるだけ。
あとは自動で原稿が仕上がるので、それを目視チェックし、OKならば注文する感じでした。
330ページの文庫本サイズより一回り大きいサイズの本で、白黒印刷にしたら、3冊で8500円ほどでした(送料込み)。
自分が結婚したころからの記録が綴ってあるので、もし子供がいると言えば、一冊ずつあげるつもりで3冊作りました。
本当はもっと手間をかければ、別の出版会社(工房)で安く作れるのですが、今回は楽してしまいました。
夫が「なんだ~どうせ作るならもっとたくさん作ればよかったのに!」なんて言っていましたが、やはりそんなにコストもかけられないかなと思ったので、今回は初めてのこともあり3冊で妥協しました。
でも仕上がったのを見て、想像以上にとてもいいつくりの本に仕上がっており、大満足でした。
日付ごとに目次になっているので、レイアウトも見やすくてなかなかいいです。
このままミクシィ日記も細々と続けて、第二弾を5年後くらいにまた製本したいなぁ~なんて思いました。
このFC2ブログの方はざっくりざっくり書きすぎているので、とてもじゃなけど本にはならないですけれどもね。。



クーラーに頼れない病
連日、ここ茨城県も暑いのですが、もったいなくて一人だとクーラーがつけられない病に陥っております。
昨日も朝だるくて、そのまま眠っていて、お昼過ぎにあまりにも暑すぎて目覚めたのだが、結局冷凍庫からアイスノンを取り出して、それをもって廊下でゴロン。
結局クーラーのお世話になることなく一日を終えました。
夫がクーラー好きなので、昼間夫がいるとクーラーつけることが多いのですが、私だけだとまずつけることがない・・・
そんなわが家の先月の電気代、3500円程度。
アハハーすごいでしょ^^
でも子供があせもができて、痒い痒いと言っています。
あせもの薬を買ったら、高くついたな(苦笑)

さて、今日も暑くなりそうですね。
でも私はふと考えるのです。
世界中の人々が、暑い暑いと言って部屋の中を冷やし過ぎたら、これからどんどん部屋の外が熱くなっていくのではないか。
地球温暖化も必然的になってくるよなあ~って。
子どもたちが冷房がなくては生きられなくなってしまったら、寂しいなあ~と思うのです。
自然の暑さを楽しめるゆとりがない世界は寂しいものですね。

とろける身体
今日は午前中に図書ボランティア、午後はデイケアに行き、夕飯は手作り餃子をつくるという少しハードなスケジュールをこなしました。
おかげで夕方は疲れてぐったりで、もわーっとした暑さの中、とろけるように昼寝をしました。
でもすぐに下の子に起こされたので、正味20分ほどでしょうか。
だけど少しでも休むのと休まないのでは、身体がだいぶ楽になり頭痛も減るので違いが良く分かります。
暑い中、とろけるようにぐだーっとするのが、私は結構好きなんです。
日中はクーラーをつけるのがなんとなく一人だともったいない気がしてしまう、貧乏性の私です。。
夕方庭に水を撒いて、少しでも涼しく過ごせるようにと工夫しています。
庭が大部分を朝顔で埋め尽くされました。
ところどころに笹の葉とエノコログサ、少し離れたところにススキが生えています。
それらを手で抜き取りたいところですが、朝顔のつるが巻き付いているので、もうそのまま軸として放置してしまおうかとさえ思うほどです。
みつばには今日数えたら、アゲハの幼虫が5匹いました。
近所の子供たちが「見たい!」と、見に来ました。
そしたらアゲハの幼虫を見て、「可愛い♡」とつぶやいていたのです。
そうかなあ。。。私にはどう見てもグロテスクにしか見えないけれども(苦笑)

上の子供は膝小僧をすりむいて、ぐじゅぐじゅです。
で、よく洗いなさいと指示したら、洗うのをためらうので、洗ってあげるよと言ったら、「やめて!」と泣き出し、自分でしぶしぶ洗い始めました。
浴室では痛い!キャーと悲鳴が聞こえ、格闘しながら洗っている様子でした。
洗い終わったら、イソジンで私が消毒してあげたのですが、半泣きでした。
明日はプール入りたいけれど、痛くて泣いちゃいそうだから入らない、と言っていました。
何でこんなに傷だらけ?と聞いたら、一日に何度もすっころぶそうです。
どうやら注意力散漫で、あらゆるものや場所につまずくらしいのです。
本当に気の毒です。